アンティック-珈琲店-の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

覚醒ヒロイズム ~THE HERO WITHOUT A NAME~(DARKER THAN BLACK-黒の契約者- OP)

最後のガラスをぶち破れ 見慣れた景色を蹴り出して 世界が逆に回転する 日常を飛び越え

JIBUN(デュエル・マスターズVSR(バーサスレボリューション) ED)

気づけば弱気になったな 昔は上だけを見てた 英雄に憧れてたのに 今じゃ隣ばっか気にして

流星ロケット(風魔の小次郎 OP)

かっ飛んでゆく流星ロケット 窓から見えるワタシは 見下ろしたらちっぽけで ダサく見えた

ラフ・ソング

HEY ! ! 僕は気づいてるよ 君が見せない涙

千年DIVE!!!!!

悩むことなんてもうナイナイ 行きたいミチがあるなら スリルと絶頂の 混在 痛いけど爽快だぜ

We Can Do It!

常識が散らかった社会で 右に習えと並んでる 好き嫌いも言えない僕達は 流行りを着飾ったマネキン人形

スマイル一番イイ♀~2015~

煌けヴィーナス 美しく 煌けヴィーナス 金色に 僕の心

アメージングブルー

止めてたはずのメロディーはまだユラユラ聴こえたままで そう ストーリーは終わっていない 今も確かに続いている

JUMBO

誘うダメなフレイバー tobaccoにperfume 人を猿に変える ノイズの海で浸る

天手古舞

天手古舞 天手古舞 忙しいの 喋りかけないでよ 嗚呼

バルーンガール

回る木馬 突然の出会い乗せ 頭を駆け巡る ポップコーンみたいに膨らむ妄想

Spring Snow

窓の外に飾られた 星を眺め呟いた 何してるの? 寝てるのかな?

咲-saku-

想いを寄せて想いを返し咲き誇る 遠くのキミへと枯れない願いよ届け 夏風で揺れたひまわりの様に心が揺らいで涙が零れる 同じ空の下

イケない妄想×アブない珍獣

らんらんランデブー いつもの時間 届けましょう 極上のI 裸舞

世界にたった一つの温もり

今日こそキミヘ伝えたいんだ 沢山のありがとう 離れていてもどこにいても 支え合いここに来れた

リスペクトマミー ~人の役 立てればいい 自分の得意なことで~

何時までも変わらない 親からもらった称号 沢山想いがこもった NAME ありきたり

似た者同士

子供だった僕はいつしかキミと歩幅を合わせて歩いている 道端の水たまり飛び越えるリズムまで同じだ 「雨の日は傘を差さない主義」と得意げにニヤリと呟くと 「風邪をひく」と無理やり傘にいれるやりとりがお約束

バードの悲劇

街は曇る 浮かばれない人の溜め息で でも確かにまだここには夢がある 勝つと願い

月に叢雲、花に風

静寂の空の下 瞳に映る月の輪は 何であんなに綺麗なの?遠くで見ている僕さ 愛もぱっと見は可憐で誰しもが手を伸ばす

某Kメンタルクリニック

患者Y:あー無理だろう きっと叶わない 色んな「もしも」が悲観的なドラマをループ クルクルクルクル…

涙より重いWAR

仕組まれた明日に繋がれ 引きずられる僕等 ご主人に忠実なお利口な犬のようだね 透明人間はゴメンだ

生きるための3秒ルール

「何か違うな」って外へ飛び出して 雑踏の中で拳を握った 足並揃えて相槌を返す そんな人生いらない

逃避回路~2016ver.~

前も見えずに歩いてく 視界ゼロの道の中 お前はケタケタ笑ってる どこまで行けば見つかるの?空か赤く染まってく あの子の視界に入りたい

キミにエール

将来なんて考えたくなかったよ 想像するだけで吐き気がして逃げたかった 期待もされてない 抜け殻なりにわかっているよ

青春TRAIN

Last mid night 今夜は最後の宴だ 長い夜を走れる

自分説明書

使い方も知らぬまま 生まれてきた命 下手くそに扱って傷ついていく 人生は我慢比べと

夏の終わり

最近忙しいのかな?すれ違いが多い ベッドでも別の事を考えているね 笑顔が並んだ河川敷 幸せが流れてる

夏恋★夏GAME

アゲる季節がやってきた 体中がざわめきだす 青い空と海が輝くビーチで まだ名前も性格すら知らないけど キミのことが気になってしまった

ZETSUBOU

「あの子は歌が上手で顔もかっこいいよ!」って比較されるのは嫌々 努力でなんとかなるの ジンクスは越えれない 嗚呼 なんとも卑屈ね

Nyappy in the world 4 ~般ニャ化教のテーマ~

「Hey マーメイド」 俺からの超挑戦状 「その傷 過去も波に流してあげようか??」