1. 歌詞検索UtaTen
  2. イルカ
  3. イルカの歌詞一覧

イルカの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

なごり雪

汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの 雪が降ってる 東京で見る雪は

いつか冷たい雨が

雪が降る駅の片すみで だれにも いたずら されない様に うずくまっている

りんごの木の下で

陽差しをよけて ひとやすみ 大きなりんごの木の下 雨の日は 雨やどり

悲しみの証明

夜更けの電話 あなたの声も いまは聴きたくない あきらめかけた 私の心

夢ひとり

春になると 恋が芽生え 人並みの幸せ もとめたの だけど何時も

まあるいいのち

ぼくから見れば 小さなカメも アリから見ればきっと 大きなカメかな? みんな同じ生きているから

雨の物語

化粧する君の その背中がとても 小さく見えて しかた ないから

君は悲しみの

きのうの事さえ 思い出せない程 ぼくはいつも 疲れてた そんな時

海岸通

あなたが船を 選んだのは 私への思いやり だったのでしょうか 別れのテープは

女はつらいよ

仕事に追いたてられて 人にも疲れ果てて 部屋に帰った時には 何もかも忘れて

風にのせて

見知らぬ街の あの少年に とどけておくれ この言葉を…。

もう海には帰れない

夏には早いけれど 1人バスで来てみた 地図にも載らないくらい 小さな海岸 防波堤のすぐ隣が

サラダの国から来た娘

季節の変わり目さえ 気づかない程 ぼんやりしている あなたに まざり毛糸あつめて

月下美人の咲く夜に

南の島ポリポリ島 夜になると聞こえてくるよ オトナたちがコドモに こわいお化けがいるんだって GOOD

東京キッド

歌も楽しや 東京キッド いきで おしゃれで ほがらかで

終恋

あてもなく電車に揺られて 気づくとまたひとりここにいる 花屋の角を曲がるとすぐに あなたと暮らした部屋がある SLのレコード聴きながら

時の子守唄

あなたがいつか大人になって この家を出てゆく そんな日がきても 愛する人に めぐり逢ったら

君の人生

明け方の街を 子猫がじゃれてる 首についた鈴を もどかしげに 響かせて

しあわせ

悲しくて悲しくて 泣くのはつらいけれど そんな時は幸せなのかもしれない これから 幸せの波がうちよせる

夢の人

いつもあなたは 私の事を "幸せな人"って言うけれど 私にだって なやみはあるし…

梅花

梅花が咲く頃 僕は父になる もし女なら 僕はこう言うよ つらい時にも

夜明けのグッドバイ

このまま しあわせそうな ふりをして 夜が明けてしまう前に ひとり歩いて行く

私の中の私

誰かの声がするよ あれは私の声 一人きりの帰り道 心と体がはなれて行く

Happy Birthday to You

楽しい時も 悲しい時も あなたの笑顔を 想い出すの

リムジン江

リムジン江 水清く 静かに流れ行き 鳥は 川を自由に飛び交うよ

ぬけがら

大事な物を おとした時は 胸がつまって 歩きにくい あなたは私の心持って

ブラック・ローズ

胸の奥底にある 暗闇に手を伸ばせば チクリと私を泣かす バラの抜けない棘が

想い出と言う名の妖精

未来の私が 色んな気持ちを 歌にして ほしいと 時々

私のしあわせ

誰でも 一人で生まれて来るでしょ 最初に気付いたのは ママの顔とパパの声 私の一番最初の喜びは

バラのお嬢さん

君がまだ小っちゃな頃から ぼくは君の事見ていたよ 今ではすっかり きれいになって お日様でさえ