イルカの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

なごり雪

汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの 雪が降ってる 東京で見る雪は

雨の物語

化粧する君の その背中がとても 小さく見えて しかた ないから

リムジン江

リムジン江 水清く 静かに流れ行き 鳥は 川を自由に飛び交うよ

東京キッド

歌も楽しや 東京キッド いきで おしゃれで ほがらかで

傘の雫

時には雨の街角 待ち合わせたね 君はすまなさ そうにそっと 雨に濡れた傘をたたんだ

鈴の音

私が生まれようと していた時 私は一人 空を飛びながら 私の行方を

まあるいいのち

ぼくから見れば 小さなカメも アリから見ればきっと 大きなカメかな? みんな同じ生きているから

女はつらいよ

仕事に追いたてられて 人にも疲れ果てて 部屋に帰った時には 何もかも忘れて

悲しみの証明

夜更けの電話 あなたの声も いまは聴きたくない あきらめかけた 私の心

十九の春に

私あなたのお部屋にうかがう事が 今の所一番の夢だったの いつもきちんとしてる あなただから きっときれいに

ママのお皿

12月が一番好きなのは きっと私が生まれた月だから 一つになった あの頃から 続けてくれた

君は悲しみの

きのうの事さえ 思い出せない程 ぼくはいつも 疲れてた そんな時

真冬の天使

この広い空の下 どこにでも天使はいるの あの街角にも 雪のない砂漠でも いつも心は

枯葉のシーズン

まさか あなたと「さよなら」なんて いつまでも 一緒と思ってたのに 二人約束したわけじゃない

風にのせて

見知らぬ街の あの少年に とどけておくれ この言葉を…。

To my little boy #2

君がいない この部屋は ガランとして 広すぎる 一人ぼっちの毎日は

終恋

あてもなく電車に揺られて 気づくとまたひとりここにいる 花屋の角を曲がるとすぐに あなたと暮らした部屋がある SLのレコード聴きながら

遠い人になっても

このままあなたにさそわれるままに どこまでも一緒に歩いて行けたら どんなにいいでしょう…あなたの腕にすべてまかせて 黄昏の街を そよ風の様に吹かれて

Good Night

「君はきっとどこかの星から来たんだね」って私を見つめた あの日から あなたの心はすべてわかるの 「僕達みたいにみんな愛し合えればいいのにね」って私を抱きしめた いつも平和なあなたの腕の中

すべてがラブ・ソング

恋のうたは甘いだけと 思ってたのに きのうまでは 胸の上に手をおけば 聞こえてくるラブ・ソング

Follow Me

本当は明るい人が好きなのね 電話の音ばかり気にしているわ 肩にふれてる指先さえも あの頃のあなたを感じられない

片想いの少女へ

世界中で一人きり そんな夜はだれにもあるもの… 夢みる少女の頃は 毎日ビーズに糸を通してた 喜びも悲しみも

Apple

忘却の水を飲まされて この世に生まれて来た時 たったひとつの持ち物は「黄金のりんご」 腐ったりんごを

Happy Birthday to You

楽しい時も 悲しい時も あなたの笑顔を 想い出すの

共に生きる…この時を

手を伸ばせば いつだって やわらかな君に ふれられたのに 声をかければ

はるじょおん ひめじょおん ~野生の花~

あなたに初めて出逢った日 懐かしい気持ちに包まれた きっといつまでもこの人と 居る様な氣がした 遠いあの日

夢ひとり

春になると 恋が芽生え 人並みの幸せ もとめたの だけど何時も

時の子守唄

あなたがいつか大人になって この家を出てゆく そんな日がきても 愛する人に めぐり逢ったら

Lovin' Spoonful

紅茶にハニー・ブランデー あなたを想う夜 紅茶にハニー・ブランデー ため息が揺らめく ホッホッ

ミスターTV

ミスターTV とても浮気なBOY 気まぐれで声をかけて来たのに ミスターTV