1. 歌詞検索UtaTen
  2. ウソツキ
  3. ウソツキの歌詞一覧

ウソツキの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

名もなき感情

愛してるよ って君に言ったら は?意味わかんねぇよ って言うだろう そんなことを言われたって

一生分のラブレター

何回だって告白をしよう 君が好きだって伝えよう 1回目の告白は ほんと下手くそでごめんな

旗揚げ運動

右手を上げて 左手下げて 両手を上げないで 踊らされている毎日さ

アンダー・ザ・シー【リトル・マーメイド】

よく見て 素敵ね これでもっと完璧 なんでも持ってる 私はすべて

コンプレクスにキスをして

かっこ悪いよな こんな上っ面な優しさじゃ 君が疑うのも 仕方がないよな

ハッピーエンドは来なくていい

外は寒いからコートを 着て行こうって言ったのに君は もうドアを飛び出していて こっちこっちって僕を呼んでいる こんな毎日がずっと続いたらいいななんて思っていた

夏の亡霊

笑ってる君の横で 僕はあの子のこと思ってた 濡れたままの髪から あの夏の匂いがしたから

綿飴とりんご飴

声も聴こえない花火の音を言い訳にして 近づいてみた首筋の匂いが綿飴とりんご飴 甘い甘い甘い甘過ぎて吐きそうになる 程の飴を僕ら一緒に舐めてた 生温い体温と少し汗臭い匂いを

君は宇宙

君は宇宙だ 僕は夢中さ 君の全てが 僕は知りたいんだ

人生イージーモード

イージーイージーきっとイージー 考えなくていい いいぜいいぜそれでいいぜ 頑張らなくていい

きっと友達

ねぇ 友達ってなんだろ? じゃあ 私はなんなの? さっきまで

口内戦争

こちら管制センター聞こえてますか聞こえてますか 予想遥かに早く 唇が今 近づいてんだ

地下鉄タイムトラベル

次の乗り換え走れば間に合う 1本先に乗れたのなら間に合う 君もそうか扉の前で張り合う 周りも同じ境遇で混み合う

ボーイミーツガール

炭酸の抜けたサイダーみたいなものだったけど実は好きだった 今日は夜待ち合わせ いつもの浜辺で 午前一時酔っ払った心 二人は海に溶ける

過去から届いた光の手紙

何光年も離れた星から見る今は 確かにそこにあったあの頃の僕らだ 美しいのは僕らの旅の証 意味はないけど何となく安心したんだ

ラブソングは無力だ

ラブレターを回し読みしてるみたいな 壮大なエアリプ飛ばされてるみたいな 何十何百人、はたまた何万人の 前で歌われたってそんなの悲しくなってしまうと思うの

ミライドライバー

いつだって恐る恐るペダル 踏み込んでいるんだ ヤケになって しまったらすべてが ゲームオーバーになるんだ

ハローヒーロー

子供の頃は持っていた 秘密の銃を取り出して 見えない敵からあの子と ついでに世界を救ってた

惑星TOKYO

この星に上陸をして どれくらいの時間が過ぎたのか 諦めと疲れを混ぜて 吐いた息を空に滲ませた

水の中からソラ見てる

弾け飛んだ泡のような水の中で ソラ見上げてるみたいな 届きそうで 届かないんだ どうやら

時空間旅行代理時計

チクタク揺れる時計の針を 少し戻して眼を閉じた まわるまわる世界はまわる 変わる変わる世界は変わる

レトルトの彼

夜中一時に呼び出されて あなたは僕を食べ尽した 電子レンジで温めた みたいなキスをして笑った

M.N.E.

午前二時一人で 部屋の明かりを ただただボーッと見た これからのこととか

超ひも理論

あなたのことは好きだけど このままじゃ次に進めないと 笑顔と泣き顔の中間で 君は僕に言った

本当のこと

本当のこと言うと 怖くてたまらない 本当のこと言うと 怖くてたまらない 君に触れることも

恋学者

私の最新の研究では 恋とは存在しないのです 何故なら足しても引いても掛けても 割り切れないからです 私の最新の論文では

春風と風鈴

片付け忘れていた 君がくれた風鈴が 春風に揺られて ふと君を思い出した

金星人に恋をした

突然キミは現れて 真顔で僕にキスをした 驚いた僕は何もできなかった そしたらキミはにやついて パチリと僕にビンタして

1、2、3、

123でわすれちまおう 123でわすれよう 123でわすれちまおう 123でわすれちまおう 君と過ごしたあの日々も

転校生はエイリアン

ごめんね ごめんね驚くと思うけど 実は僕が本当のエイリアン ねぇ