オフコースの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

歌を捧げて

あのほほえみ あのやさしさを 忘れてしまうなんて 私は信じない

愛の中へ

なんの 迷いもなく あなたを選んで ふり返らず この道を

NEXTのテーマ―僕等がいた―

誰の為にでもなく 僕等がうたい始めて 歌が僕等を離れていったのは ほんの少し前の冬の日

思い出を盗んで

誰にでもやさしくするから それだけ私が離れている 止めどなく押しよせてくる 不安な気持はあなたのせい

私の願い

会うたび君は すてきになって そのたび僕は とり残されて 君のために今

さよなら

もう 終わりだね 君が小さく見える 僕は思わず君を 抱きしめたくなる

眠れぬ夜

たとえ君が目の前に ひざまずいてすべてを 忘れてほしいと 涙流しても 僕は君のところへ

EYES IN THE BACK OF MY HEART

There you go Saying it

きかせて

窓は開けたままで 話しをきかせて 手紙もくれなかったね そのひとといれば

冬が来るまえに

ふるえる肩を抱けば それだけつらくなるから うしろめたさを胸に この秋の日はひとりきり ああ

やさしさにさようなら

「誰れかほかのひとのために生きるの 私は傷ついて息もできないほど」 僕がつくる別れのうたのように ワインとあなた

言葉にできない

la la la・・・・・・ 終る筈のない愛が 途絶えた

生まれ来る子供たちのために

多くの 過ちを 僕もしたように 愛するこの国も 戻れない

幻想

同じ時代に生まれ いくつかの同じ季節を過して どれだけ多くのひとに 裏切られてきたか

でももう花はいらない

もう僕には花は咲かない いつの間にか大事なものを失くした もうもどれない道をふり返っても 人ごみに落としてきた いくつかの愛は見えない

たそがれ

夕陽が落ちる ビルを横切って やがてみんな 見知らぬ人になる

緑の日々

確かに今 振り返れば 数え切れない 哀しい日々 でも

素敵なあなた

走り出すから ついておいで 僕は今 心に決めたことがある あなたに

YES-NO

今なんていったの? 他のこと考えて 君のこと ぼんやり見てた 好きなひとはいるの?

愛あるところへ

耳をふさいで眼を閉じてたら そこから逃げられない 君はまだあの夏のなか 出ておいでその部屋から

心さみしい人よ

ひとりになりたいふりして…… 誰かそばにいて欲しいくせに 君はなにげなくつぶやく 暮れゆく空に向って

あなたのすべて

まるで子供のように涙がこぼれた 切なくて切なくてひとり 去りゆくひと こよなく信じていたのに

通りすぎた夜

抜けるような白い肌 パーティードレス 広いフロアー人のあいだを さりげなく身をおよがせ

ひとりよがり

私をかわいがった 頑固もののおじさんは 今でもみんなの きらわれもの

ひとりで生きてゆければ

君にも 愛にも 疲れてしまい とおり過ぎた 若き日を知る

陽射しの中で

こんなにも知らない事があったなんて 今思えば不思議 陽の当たるこの坂道を 君は歩いて来たんだね

恋びとたちのように

「これから 何処かで 私を抱いて もう 帰らない

YES-YES-YES

君が思うよりきっと 僕は君が好きで でも君はいつも そんな顔して あの頃の僕は

君を待つ渚

君にあげるものは なんにもないけれど あした又会えるだろう 夕日があの波と 君のほほをそめる頃に

いつも いつも

あなたのことは 忘れないよ 故郷の山や海のように 故郷の友たちのように またあう日まで