1. 歌詞検索UtaTen
  2. サンタラ
  3. サンタラの歌詞一覧

サンタラの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

美しい人

給水塔はその錆だらけの全身で 抜けるような青空の下で気高く座る レトリックもプロットもない言葉搾り出して 真っ赤な頬で君の前で俯き

I Wonder

"Moon" "Shine" "Moonshiner" "Sky"

非情の街

「あの街を覚えているかって? さぁな、ずいぶん昔のことだ。 いられなくなったのよ。

会いたい時に君はいない

きっと眠り過ぎたのね おかしな夢ばかり見る 風が少し騒ぐから朝は近い もうすぐ

DEAD OR ALIVE

灯りを消しては眠れない 静かなワルツじゃ眠れない あいつをここへ連れてきて DEAD OR

君はまだ約束をするんだね

さよならはとても怖い また会いましょうと別れた人が いつまで経っても帰らないことはよくあること よくあること

Thrill

絵になるあの子はウェイトレス 国道沿いのドライブイン 「しけた顔してんのね」なんて Fashion Magazine

臆病者のブルース

期限切れのダンボール 非常口を塞いでる 部屋の奥での彼らは長い話が終わらない 今日もただ

ラジオが鳴ってる

ラジオが鳴ってる 一日が始まる 窓を開けたからやっと一人きりじゃない 強い悲しみが君の手を引いて

100miles ~虹を追いかけて(大江戸ロケット ED)

占い師は言った 私の手を握って 「おまえの旅は続くのだろう これから先もずっと」 あまりに大きな月がそれを見ていた

Joy & Pain

ベルベットの長いコート ブルネットとブロンド いつも一緒 背中合わせの双子の姉妹 Joy

思い過ごしの効能(ギャラリーフェイク ED)

強引な右折車に阻まれ立ち止まった交差点上 起きた瞬間から感じていた何だかよくないタイミング 小さく舌打ちでまた歩き出す 衝動は支配者の如く暴れまわっては案の定

独白

ねえママ 大切なものは全て目に見えないって言ったよね それは本当なの? ねえママ 僕のたったひとつの見えない財産は見えないんじゃなくて

Perfect Happiness

南へと続く坂道のその上の 空は金色に光ってる もうすぐ雨は止むでしょう ずぶ濡れの僕らは声上げてはしゃいでる

Home

できるだけ幸せになると約束したのは遠い春の日 不器用な別れの景色は188号線のあのカーブ 旅立つ意味さえ知らずに離れた

Solitude

嘘をついたらレモネード 私なんかに騙されちゃって 寄せては返すリグレット 夏の思い出

観覧車

観覧車の灯は消え 回転木馬は眠りについたとこ 人々はゲートから流れ出る 夢の続きはまた今度ね

Money

愛の言葉は安くなって ダイヤモンドの方がずっとすてき 何千年もの時を越えて 私に会うのを待っていたのね

WORK SONG

小雨がぱらつく公園通り 男は今朝もバスを待つ 右手で広げたペーパーバックから何度か顔を上げる 男の働くマーケットまで渋滞の列は続く

フラッグ

手の平に昨日落ちた星が 小さな痛みと残した跡は 長く長く待たされた末に来る幸福の印だ ほの暗い蛍光灯の光が

R70

噂は波間の魚の群れ ビルの影 すえた臭い 右頬をかすめゆく夜の速度 吐け口は早熟なコール&レスポンス

約束のワルツ

誰にも見つからないように 曲がり角を越えてから少し泣いた 桜も一緒に泣いていた 君が愛したこの街に

エルザの憂鬱

男の子とばかり遊んでいるうちに 男の子にはなれないってよくわかった まるで不機嫌なエルザ 馬鹿ね爪の先まで真っ黒

好き(ケモノヅメ ED)

シナモンを噛むのが好き 冷たくない いやむしろ熱い 熱帯の森に棲む獣のようで好き

街が死んだら

きしむ手首もう動きはしない 多感な彼はKing of Folk 今となっては誰の物でもない

僕と詩人とメール街で

あの夜 僕らふと目が合って 賑やかな店 その片隅で 空っぽのワイングラス

バースデイブルース

とても暑い日に 暑い日に 私は生まれたの 路地裏にさえ陽炎が踊った昼下がり

バリトンギターと科学博物館のために

信号渡れば 都会の森は今みどり 誰だか知らない人 称えた記念碑

疲れた身体を夜更けに洗う 寝静まった街 頼りない月 裸足の爪先真っ赤に塗れば

Feb.Song

ああ 空は雫の形になって ああ 街路樹の枝先で膨らんでる