1. 歌詞検索UtaTen
  2. サーカス
  3. サーカスの歌詞一覧

サーカスの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

ビューティフル・シーズン

今始まる ビューティフルシーズン めぐり合いはまぶしい風の中 どこまでも翼を広げて

アメリカン・フィーリング

あなたからの エアメール 空の上で 読みかえすの 窓の外は

マイアミ・ドリーミング

地下鉄出口の四角い空 やけにまぶしく見えたから 仕事を投げ出し 買いに行くのさ 長距離バスの片道切符

愛で殺したい

はなれないで 躰をはなさないで コーヒーなんか わかしに行かないで 毛布の中で

Mr.サマータイム

ミスター・サマータイム さがさないで あの頃の私を ミスター・サマータイム あの夏の日

去りゆく夏(LA MAISON EST EN RUINE)

朝になれば あなたはゆく 夏は終わり この指先 ふれる髪も

風のメルヘン(まんが日本史 ED)

子供みたいな あなたを見てると 私は小さな 海になる 遠い過去から

家族写真

庭を埋めた紫陽花 つかのまの陽が注ぐ 父の膝はまだ 幼い妹のもの

アムール

みんな知ってるわ そうよ彼女のことは だから話さないで 聴いて何になるの 私ゆずらない

世界はハーモニー

世界はハーモニー なぜ 咲いている花 すぐに枯れてくの

ちゅらうた

あなたはいつもその瞳に 輝く海を映している それはあなたが見つめていた ふるさとの蒼い海なのでしょう

愛はイエスタデイ

忘れたはずのあなた 急にたずねてくるなんて 死ぬ程逢いたいとき 私を捨てたくせに ふれないでこの指に

ホームタウン急行

ホームタウンまで 切符をちょうだい ちょうど夜明けに 着く汽車の 駅には彼が

アデュー(Les Divorces)

あなたのシャツは ブルーのストライプ 私 はおってみた 長すぎる袖口

エピローグ

冬の日の街路に 舞い降りる雪が好き 新しいこの部屋 あなたは知らない

サルバドール紀行

潮風のデッキ 沈む夕陽 真夏のサングラスを はずせば 耳をかすめる

二人だけ

静かな雨 雨がふるわ 愛する ふたりには 雨も素敵

Our Winter Vacation

ルールールールールー さあ 君の家はもうすぐ 車とめて話そう

花の言葉 風の言葉(阿久悠メモリアル・ソングス~思いのすべてを歌にして~)

花よ 風よ 人よ… 花よ 風よ

ケッペキにいさん

ケッペキにいさん 手を洗う 手を洗う セッケンたくさん シャボン玉

恋はマジック

10月12日 再会 心にしまいこんだはずの炎が 再び燃えあがるのを知る

ヒッチハイク

銀貨を投げたら 表が出たから 私また 旅に出るわ 踊り子暮らしよ

ミッドナイト・フリーウェイ

真夜中の フリーウェイ 流れる星 このまま二人 時を超えるの

しなやかに歌って

しなやかに歌って 淋しい時は しなやかに歌って この歌を 坂の上から見た街は陽炎

夏のページ

駅の階段から 私の髪を やさしく包む潮風 あの夏の色 白く光る雲

六月の花嫁

それは よく晴れた土曜日 突然起きた 学生時代 ふたりで通った

ワンダフル・ミュージック

今 見つけたよ Wonderful music 心にあふれる

いのちの鎖

遠い遠い昔のこと 宇宙のかたすみで 私たちのふるさと 地球が生まれました 長い長い雨がいつか

幸せのかたち

目が覚める その場所に 気がつけば 優しい腕 耳元で

金の夜と銀の夜

金色は沈む夕陽 銀色は昇る月 黄昏は Blueのドレス 窓際のテーブル