1. 歌詞検索UtaTen
  2. スターダスト・レビュー
  3. スターダスト・レビューの歌詞一覧

スターダスト・レビューの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

木蘭の涙

逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきが あなたを探している あなたを呼んでいる

初めて君と会った日

初めて君と会った日のことを 覚えているよ 偶然空いてた僕の隣に 君が座った

心の中のFollow Wind(バツ&テリー OP)

乾いた昼下がりの街角 別れを決めたばかりの二人 軌跡を信じ続けるように 見つめた悲しみ深い瞳 ときめき出した胸の奥は

追憶

愛が消えてしまえば 友達にもなれない 電話さえも かけられず 長い夜が悲しい

トワイライト・アヴェニュー

ああ あなたに ときめく心のまま 人知れず よりそいたい

涙のエピローグ

心変わりさえも 気づかなかった 恋なんてわがままで 確かめられたのに ふり返ればいつも

Be Your No.1

大きく背中のあいたドレス 男たちの視線かわして Oh 今夜のパーティはねたら 誰の手におちるの

もうチョットだけ何か足りない

もうチョットだけ Ah- 何か足りない その繰り返し Always

夢伝説

遠い昔のことさ 夢で見たんだ 燃える空に 包まれて 光る大地の中を

君のキャトル・ヴァン・ディス

もしも切なさに負けそうな時は きのうまでのメイク変えてごらん 消え去った恋に立ち止まっていた 君が生まれかわる鏡の中 そうさ街は春のつむじ風が

恋はバレーボール

擦れ違う間に なぞるような視線 振り向きざま 女口説ける奴さ 逢ったその日に二人で恋を

シュガーはお年頃

(シュガー シュガー シュガー) あなたと腕組んで 歩きゃあ私も楽し

拝啓 子供たちへ

僕らは何処へ向かうのだろう 時代は何を語るのだろう 絶え間なく続く争いに ひとつの答えもないまま

NO! NO! Lucky Lady

NO! NO! Lucky Lucky Lady

ワイン恋物語

耳許唇寄せて 吐息で名前呼んだ その声に重なるように 背中越し壊れた指

くちづけ

出会った頃の夢見ていた 僕はまだまぶた閉じたまま 君と過ごした季節が映る いくつもの想い出が鮮やかなまま

星に願いを

When you wish upon a

と・つ・ぜ・ん Fall In Love

出逢った夜は声も聞こえない Discotheque 短い夏の終わりさえ忘れるほど 視線感じて目があったその瞬間 心の中のひきがねがはじけとんだ

Northern Lights ―輝く君に―

さよならCity Lights 僕の背中に都会の灯りがにじんでる 海岸沿いの君が住む街 夜明けまでにはたどりつけるさ

Crying

ため息静かに 切なくてそっと震えてる 心のどこかが 欠けてしまったみたいに

めぐり逢えてよかった(ときめきメモリアル Girl's Side 2nd Kiss ED)

なんてことない いつもの夜に ふっと幸せを感じている こんな風に思えるように なったのはいつの頃だっけ

夕暮れのスケッチ

夕焼け街になつく頃 仲間はずれの公園に 心ふるわせ二人たたずむ 夢みた恋のセリフさえ

永遠への誓い-Eternity-

見慣れた舗道が 大理石に変わる夜 星の街で 肩を寄せあえば 予感より確かに今

もっとそばに来て

もっとそばに来て ふたり夜はこれから もっとそばに来て踊ってよ 軽いステップで

夢の翼

大空を見上げた 少年の日 流れ行く 雲を追って走れば この地上から

夏のシルエット

ふいに 抱き寄せた腕の中 甘い吐息のシルエット めまいのように 僕をさらうよ

いのちのこたえ

君の手を握ると せつなくなるのは なぜ むすばれた ふたりも

Faraway

過ぎてゆく時間 気おくれ気分さ なんてゆるやかな 午後だろう かすかに聞こえる

7月7日

もう 逢えないと思ったよ あきらめて 歩きかけたとき きみが

Stay My Blue ―君が恋しくて―

夏の日とともに 何が 消えてゆくのだろう Beachcoatの肩寄せ合って 君と見る入江