1. 歌詞検索UtaTen
  2. 一色徳保
  3. 一色徳保の歌詞一覧

一色徳保の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

三日月と約束

嗚呼…思い出す度胸痛めるそんな事ばかりだ だけどそれは僕だけじゃない君だけじゃないだろう 時々忘れそうになって誰かのせいにしたくなって捨てたくなってしまうんだ こんな感情はいつか歳を重ねてしまえば消えるもんだと想っていた

グレイブ

失くした当たり前に戸惑う心は 押し寄せる不安に潰れてしまいそうで 本当の想いを裏切りそうになるよ それでも自分を信じられるのかな?

裏と表

戸惑いながらまた歩き出す つまづいても転んでもまだ 道端に咲く名も知らぬ花に 気付かないで歩き続ける

揺れる風船

嗚呼‥想像して悲しくなった現実はいつも優しくはないから 痛いくらい青い空に涙を浮かべた君の手を握る 大げさだねいつもきっと大丈夫さ僕ら なんの根拠もないけれどそんな気がしているよ

星の軌跡

涙溢れた夜の隙間で 星は瞬いて流れ消えてった 取り残された 僕は今でも 星の行方を追いかけている

感情的な彼女だった

思うようにいかないもんで 現実なんてそんなもんで 辛いよね苦しいよねって 笑いながら口笛吹いた

素敵な勘違い

勘違いを 繰り返す僕らの道は続く 嫌になって「どうでもいい」とか口にしたって 結局はおんなじ事の繰り返しで 今もまだ

暮らしてた街

ずっと暮らしてた街を通り過ぎると思い出してしまう君といたあの日々を 情けないけれどココロに君がいるよ今更だから忘れたいけれど 優しい雨が降って君の髪濡らしたあの日 涙を流して何を見てた

悪い冗談

くだらないジョークで笑い飛ばせばいい 悲しい話はずっと消えないけれどね 涙が溢れる辛い夜だって 鏡に映った自分を騙してやるのさ

朝が来るまで

何もないんだって嘆いてしまう一人きりの夜には 口ずさむあのメロディーを朝が来るまで