1. 歌詞検索UtaTen
  2. 一青窈
  3. 一青窈の歌詞一覧

一青窈の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

ハナミズキ(TOYOTA パッソ しずか篇シリーズ CMソング)

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと どうか来てほしい 水際まで来てほしい

アリガ十々

隠し事があるのです。 はーぁー ママの方が実のとこ ちょびっとばかしと好きなのデス、が デートするならパパとがいい

他人の関係

逢う時には いつでも他人の2人 ゆうべはゆうべ そして今夜は今夜 くすぐるような指で

もらい泣き

朝、から 字幕だらけのテレビ に 齧り付く夜光虫。 自分の場所

アンパンマンのマーチ

なんの ために うまれて なにを して

dots and lines loves Mummy-D(ZETMAN OP)

始まりはZERO 終わりならZET 疼くその手を 空にかざせ 始まりはZERO

満点星(映画 はなちゃんのみそ汁 主題歌)

卒業証書 を 抱えて 自慢げに振り返る僕、の頭には 桜の花びらがライスシャワーみたいで

雨夜花

雨夜花 雨夜花 受風雨吹落地 無人看見 毎日怨嗟

かざぐるま

あれは十四、五の ほのか照れ隠し ふたりで歩こうと決めた川ではないけど いつのまにここに いつのまによそに

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

生路~MAZE~

画地為牢 実際上疲労 装做无所謂 不露出毫 孤寂的容貌

霞道(映画 ペコロスの母に会いに行く 主題歌)

ひとつずつ名前忘れて ひとつずつさよならして 昨日までは千切り絵みたい あなたを忘れたくない 少しずつ子どもに戻り

翡翠

梅雨入りの陽、が こんな短いものと思わなかった。 あなた、の腕の 五分進んだ時計にも慣れてた。

アイ

目に見えないから アイなんて信じない そうやって自分をごまかしてきたんだよ 遠く 遠く

影踏み

卒業したら じぐざぐの前髪 少し揃え、 ママからの手紙で 2回泣きそうになった

愛と誠のファンタジア(映画「愛と誠」主題歌)

不思議だけど 望むものは いつも不安のそばにある ふと立ち止まるあなたの癖も 私だけのものだと思ってた

年年歳歳(愛してるぜベイベ★★ ED)

橙の夕な空 柔らかな親の両手 のぞいたら嬉し顔 いつのまにこぼれたのか

七変化(BSプレミアムドラマ 伝七捕物帳2 主題歌)

言えないことなら 云えないままでいいから いつか闇は逃げてゆくさ 朝焼けの中 帰るとこがなきゃ駆け寄って肩を抱こう

「ただいま」

運命につねられた 赤い目の私がいて 眺めてる風景が いつか同じになれたら‥ 別々の電線で2人、して口をつぐみ

うれしいこと。

お願い、きいて あたしね、ちゃんと考えてたんだよ 今夜ご飯なんだったのかな 誰と逢えたのかな しばらく会わないのは賞味期限切れになるし

青春の影

君の心へつづく 長い一本道は いつも僕を 勇気づけた とてもとてもけわしく

らぶれたぁ

らぶれたぁ書くよ 頭と心がばらばらになってしまうから はぐれて、ららら 周りが少しがちゃがちゃと音を立てるようにまた騒がしい 素直になれない

home(木下工務店 注文住宅CMソング)

晴れ渡る公園で不意に僕の手を握り返した その小さな手で僕の身の丈を一瞬で包んでしまう 君がくれた溢れるほどの幸せと真っ直ぐな愛を 与えられてるこの時間の中でどれだけ返せるだろう

江戸ポルカ

まさか きのう わたりの廊下で 極楽まくらおとしの図 結ばれたり…懐問答

大家

失って、 始めて気づく事も あるけれど もとには戻れない 誰かに云われて

受け入れて(パッテンライ!! ~南の島の水ものがたり~ ED)

僕は嘘 聴き過ぎて めまいをかぶる太陽みたい 待てど冬 随分と盲目にもなれた

ジェラシー

ジェラシー 愛の言葉は 愛の裏側 ジェラシー

どうしても

牙をむいたり急にしょげたり =予測不能= で、参っちゃうな だけども 悪気がないから全面降伏。

千本椿

僕は まだ小さすぎて 母の生まれた日のために花束は かすみ草だけ 道に咲く花を摘んでは

曙(映画「愛と誠」劇中歌)

紫陽花の花は 小さな手のひらみたい あなたの泪を ぬぐい去ってくわ 私もほんとは傷ついてたの