1. 歌詞検索UtaTen
  2. 三浦洸一
  3. 三浦洸一の歌詞一覧

三浦洸一の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

弁天小僧

牡丹の様なお嬢さん シッポ出すぜと浜松屋 二の腕かけた彫物の 桜にからむ緋縮緬 しらざァいって

釧路の駅でさようなら

いつも貴女が つけていた 口紅いろの 赤い灯が 挽歌の街に

街燈

花のネオンも消えて 深い夜霧が 街角を濡らす頃 残ってともる やさしい街燈

落葉しぐれ

旅の落葉が しぐれに濡れて 流れ果てない ギター弾き のぞみも夢も

踊子

さよならも 言えず 泣いている 私の踊子よ ……ああ

さすらいの恋唄

星のない夜は しみじみ哀し まして他国の 山河越えて 風に追われる

想いでの湖畔よ

汽笛わびしく 黄昏の 水面をゆすり 汽車は去りゆく 想いでの

青年の樹

雲が流れる 丘の上 花の乱れる 草むらに ともに植える

雨の夜は

雨、雨の夜は 浮世はぐれた 旅寝の鳥も まねく谷間の 灯りにほろり

郵便船が来たとヨー

郵便船が来たとヨー 来たとヨー 沖で鳴る鳴る 合図の汽笛 ポーポーポーとね

ああダムの町

甘く酸っぱく 東京の夢が むせびくる様な 呼ぶ様な 花の唇

Suchan ブルース

あの山越えりゃ ナホトカあたり 今日も埠頭にゃ マストの日章旗を 嬉し涙で

とけろ港よ

荒ぶ嵐のシベリア山河 越えて今日来たこの港 嬉し涙に瞼をとじりゃ 浮ぶ希望の帰還船 帰還船

東京の人

並木の雨のトレモロを テラスの椅子でききながら 銀座むすめよ なに想う 洩らす吐息に