1. 歌詞検索UtaTen
  2. 五木ひろし
  3. 五木ひろしの歌詞一覧

五木ひろしの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

山河

人は皆 山河に生まれ、 抱かれ、挑み、 人は皆 山河を信じ、

長良川艶歌

水にきらめく かがり火は 誰に想いを 燃やすやら あなた

いつでも夢を

星よりひそかに 雨よりやさしく あの娘はいつも 歌ってる 声がきこえる

夜明けのブルース

このグラス飲みほせば帰ると 言えばお前がからみつくから すねてる肩をそっと引き寄せれば 膝にもたれて耳元ささやく

千曲川

水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に

浜昼顔

家のない子の する恋は たとえば背戸の 赤とんぼ ねぐらさがせば

めぐり逢い

おまえにだけは ほんとうの 男のこころ 話したい グラス片手に

九頭竜川

大河もたどれば 滴から 心の旅路も 一歩から 二度とない

そして…めぐり逢い

語りあかせば 尽きないけれど 過ぎてみれば いまでは 笑い話だね

おしろい花

雨の中咲いている 白粉花には おまえのさみしい 横顔が似合う 涙ぐせ不幸ぐせ

千の風になって

私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません 千の風に

影を慕いて

まぼろしの 影を慕いて 雨に日に 月にやるせぬ 我が想い

ふりむけば日本海

北へ急ぐ女も 西へむかう男も みんな背中に 夢を ひとつずつ

想いで迷子

愛に溺れて あなたに疲れ 生きることにも ため息ついて ひとり口紅

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは 書き入れる 窓の外

この愛に死んでも

あなたに抱かれて 枯れ果てた わたしの 生命は 想いでの中

よこはま・たそがれ

よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香

女の酒場

今にも降りそな 空のよう溜まった涙 あふれ出す 人が見るのも 構わずに

夜空

あの娘 どこに 居るのやら 星空の続く あの町あたりか

渚の女

逢いたくなったら ひとりで海に来て 名前を お呼びと 云ったひと

おはん

だまして ください さいごまで 信じる わたしを

ダイアナ

君は僕より年上と まわりの人は言うけれど なんてったって構わない 僕は君に首ったけ 死んでも君をはなさない

傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、 古い奴こそ新しいものを 欲しがるもんでございます。 どこに新しいものがございましょう。 生まれた土地は荒れ放題、

ふるさと

祭りも近いと 汽笛は呼ぶが 洗いざらしの Gパンひとつ 白い花咲く

港の五番町

港 港の町で 浮名流した果てに ここへたどりつく たどりつく

人生いろいろ

死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと 髪をみじかくしたり

ひとり化粧

三日三晩を 泣いて過して 胸も肩も やせました ひとり化粧の

倖せさがして

あなたのために 生まれてきたのと おまえは羞らい 小指をからませる さがしていたんだよ

古城

松風騒ぐ 丘の上 古城よ独り 何偲ぶ 栄華の夢を

越前有情

秘かな想いを 鶺鴒に 託してかいた あの日の便り ささやく水面に