1. 歌詞検索UtaTen
  2. 伊藤咲子
  3. 伊藤咲子の歌詞一覧

伊藤咲子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

想い出のセンチメンタル・シティ

もうここで別れようと あのひとがいった もう少し歩いてよと 私がいった

木枯しの二人

もっと強く抱きしめてよ 奪われないように 固く固く折れる程に その手で抱きしめて

愛のシルフィー

ここまで来たら 私の負けよ 何にもいわず 抱いて 抱いて

長崎の蝶々さん~マダム・バタフライ入り~

肥前長崎 港町 異人屋敷の たそがれは 何故かさびしい

いい娘に逢ったらドキッ

いい娘に逢ったらドキッ それは普通の感情なんだ だから私は怒らない 怒らない

レッドサン ブルームーン

満ちたりた日々だった しあわせだった もう二度とあの夢は 訪れないだろう それでもいい

青い鳥逃げても

昨日までこの部屋にいたはずの 青い鳥窓から逃げて行った むらさきのたそがれがたちこめて 悲しみにそまって泣いた私 こがらしの時が過ぎ春が近いのに

何が私に起こったか

いたずらに煙草をくわえ 夜ふけの窓 さびしいよさびしいよと心がわめく 夏の夜が微笑み忘れ にわか雨が

乙女のワルツ

(つらいだけの初恋 乙女のワルツ ルンルルルン ルンルルルン) 好きといえば

つぶやきあつめ (アルバムヴァージョン)

そう あの人はくるんです ただ そのちょっと寄り道をしているだけ そう

愛は傷つきやすく with 合田道人

自由にあなたを 愛して愛して 私はこんなに 傷ついた

寒い夏

バラを投げるように 軽くウィンクして 綺麗になるんだよと あの人囁いた 涙ポロリ

パーティの夜

あなたがあの娘と踊ったら 私の心はいたむでしょう お願い あっちへ行かないで おしゃべりだけならいいけれど

つぶやきあつめ (シングルヴァージョン)

急な電話受けて 走り続けたのに 私の声に 頷きもせずに あの人は死んだ……

らせん階段

らせん階段 疲れたヒールがひびく うすむらさきの乾いた夜明け 私のからだ通り過ぎて行った 男たちの歌声が寒い――――

プルメリアの涙

夏が秋に 席をゆずる そんな夕暮れのカフェで ひとり 紅茶

黒百合の歌

黒百合は 恋の花 愛する人に 捧げれば 二人はいつかは

女の歌

ずいぶん前から 非常事態よ 何を見て、聞いてても感動しないの こころがとうにひとりぼっちだわ どしゃ降りの台所

夢みる頃

私にも夢を下さい すばらしい恋を下さい 誕生日が過ぎて私は 大人になることを知ったの

きみ可愛いね

あなたの指が 肩にふれたら 私はきゅうに おとなしくなる あなたが好きで

ピクニック

もう今年はいい もう子供じゃない すてきな誰かを見つけに来ていい 待ちこがれてた この一日を

明日なき愛

雨が降れば 恋しく 風が吹けば 逢いたい ひかり窓に

恋人

枯れ草の匂いがたちこめる 秋の日がふりそそぐ丘の上 あなたの背中にもたれてまどろむ 愛のことばをきかされたばかり 恋人とよばれたの

二人

二人 卒業式の校庭で はじめて好きといいました おさない時から手をつなぎ 遊んでいたけどそれまでは

ひまわり娘

誰のために咲いたの それはあなたのためよ 白い夏のひざしをあびて こんなに開いたの 恋の夢を求めて

涙の谷間に太陽を

ながれる涙 あるかぎり まだ悲しみに 耐えられる あなたよ

リンゴの唄

赤いリンゴに唇よせて だまって見ている青い空 リンゴは何んにも云わないけれど リンゴの気持はよく分る リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ

真夜中のふたり

いけない恋だと わかっていても いけない恋ほど 惹かれてゆくの 二人で交わした

冬の星

つめたく凍える 冬の星座を 汽車の窓から見つめ 私は旅に出る からだがふるえる

愛したくないのに

愛したくないのに 愛したくないのに 愛したくないのに 愛したくないのに ハート