1. 歌詞検索UtaTen
  2. 僕とジョルジュ
  3. 僕とジョルジュの歌詞一覧

僕とジョルジュの歌詞一覧

公開日:2017年2月8日 更新日:2019年10月18日

13 曲中 1-13 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ぐるぐるのこと

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:佐藤優介

歌詞:今日もどこかで 誰かが死んでから 生まれ変わる 今日もどこかで 生まれて来た人は

いとこのさっちゃん

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:金子麻友美

歌詞:懐かしい家 寂しそうな縁側と玄関 久々に会う君は喪服 やけにきれいに見える

小鳥殺人事件

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:荻野和夫

歌詞:鳥を踏んだ日には 母は眠っていた 鳥を踏んだ日には 兄は汽車に乗って 鳥を踏んだ日から

わたしはちょっと

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:金子麻友美

歌詞:喜びも 悲しみも 日常も わかちあいましょう わるい時

ひつじのたたかい

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:佐藤優介

歌詞:ひつじは つよいひつじを 決めるときには あたまをぶつける よわいひつじ

恋という病い

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:金子麻友美

歌詞:「気が弱いふりをして意外と早熟なのね」 冷やかしの視線浴び 生きるのが辛かった 恋なんて退屈しのぎ

眠る前の音楽

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:佐藤優介

歌詞:音楽を聴いている時 音楽もまたあなたを聴いている 音楽から耳を塞ぐことはできない 水に入る時

悲しくていいね

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:佐藤優介

歌詞:こんなに悲しい気持ちも いつか忘れてしまうのね こんなに寂しくてつらいのに 少し待てば元通り

鳥踏んじゃった

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:佐藤優介

歌詞:声がでない理由は いつか踏んだ鳥が死んだからか

あの子の恋人

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:金子麻友美

歌詞:知らない本 見たことのない美しい映画 好きな曲 全部君が教えてくれた

酒場の知らない人達

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:金子麻友美

歌詞:火曜日 酒場の人達 故郷なんてないみたいな顔してる 火曜日

僕はレタッチャー

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:金子麻友美

歌詞:僕の仕事は 写真を修正すること コンビニで 今日もお弁当 あっためてもらって帰ります

二月生まれ

僕とジョルジュ

作詞:姫乃たま

作曲:佐藤優介

歌詞:四月生まれの君は 優しくする義務がある 二月生まれの私に 優しくする義務

姫乃 たま(ひめの たま、1993年2月12日 - )は、日本の女性アイドル、ライター。 姫乃たま名義以外にも、セルフ・プロデュースユニット「僕とジョルジュ」、DJまほうつかい(西島大介)とのユニット「ひめとまほう」(2018年解散)、バンド「フレスプ」のヴォーカルとしても活動している。東京都世田谷区出身。自称「下北沢生まれ、エロ本育ち」。 自らを地下アイドルと称してきたが、2019年4月30日をもって地下アイドルの看板を下ろすことを発表している。 wikipedia