1. 歌詞検索UtaTen
  2. 元ちとせ
  3. 元ちとせの歌詞一覧

元ちとせの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

雫(獣の奏者エリン OP)

背中にあった翼は君と共に無くした 飛べた頃の記憶は擦り傷の様には消えてくれない 月が丘を行く 夜光虫を引き連れて

ワダツミの木

赤く錆びた月の夜に 小さな船をうかべましょう うすい透明な風は 二人を遠く遠くに流しました

語り継ぐこと(BLOOD+ ED)

なみだ いくつ 零れて 新月の夜 ひとつ海が生まれた

君ヲ想フ

紅く 棚引く雲は 誰の泣き顔か 灯り 消えて点って

青のレクイエム

それは夢のようにまるで 嘘のように 残酷な朝はすべてを奪い去った やがて空の底につめたく沈むように

幻燈記

燃える風と滲む汗と 空の頂点 仰ぐ姿 すべては八月のまぼろしなのか

ハイヌミカゼ

あなたに見えますか?私の姿 あなたに聞こえますか?私の声 地図に隠された 道をたどり

春のかたみ(怪~ayakashi~Japanese Classic Horror ED)

空を埋める花のいろ うつりにけりなわが恋 やがてすべてが過ぎ去るあとも あなただけを想う

白夜

それは他愛もない ひとときなのかもしれない わたしのくちびる ささやく詩も

いつか風になる日

何故に陽炎はゆらめいて 黄泉へと誘う澪標か 遙か紺碧の空と海 すべてをのみ込むあの蒼さよ

コトノハ

「何時む 今日ぬ事に…」 君が見上げる 夜明けの空はどんな色?

精霊

人は いくつの 嘘をついて 大切なことを 忘れ去るのだろう

朝花節 with 中孝介

ハレーイ 朝花はやり節 (ヨイサ ヨイサ ヨイサ

愛という名の贈りもの

最後に抱きしめた 肩越しの虹が こぼれ落ちる 願いがかなうなら 少しだけ待って

夏の宴

雨あがり 森の中 鬼百合が香り立つ ようこそ ここは夢の境い目

三八月

見送る夜の灯籠は 流れて川面を進む もう少し追いかけて行こう 初めて触れた手のぬくもりや

冬景色

さ霧消ゆる湊江の 舟に白し、朝の霜。 ただ水鳥の声はして いまだ覚めず 岸の家。

六花譚

長い冬を身にまとう 心は氷のように そこには触れること出来ない涙がある 終りのない白日夢 空しさに埋もれながら

百合コレクション

夜毎夜毎 夢に咲く百合の君 百合から百合へ ささやく花言葉 高原の停車場の汽笛ふるわせて

行きゅんにゃ加那節 with 中孝介

行きゅんにゃ加那 吾きゃ事忘れて 行きゅんにゃ加那 打っ発ちゃ 打っ発ちゃが

永遠の調べ(映画「日輪の遺産」イメージソング)

最期の別れが訪れる瞬間 胸に溢れ来る永遠の調べ 歌いたまえ 届けたまえ

玉響

ただ理由もなく溢れ出した涙なら 哀しみもその歓びも ありのままを受け入れてあげたいだけ そっと目のまえを通り過ぎる風のように

Siuil A Run

I wish I was on

死んだ女の子

あけてちょうだい たたくのはあたし あっちの戸 こっちの戸 あたしはたたくの

月齢17.4

私のラジヲ 壊れてしまって ダイヤルが何処までも 廻ってしまう

散歩のススメ

歩いてみよう ひさしぶり 夕顔のつぼみを数えて 空と瓦屋根

幻の月

あかいくだものを がりりと噛みました 濡れたくちびるが ぬらぬらと光ります 柔らかい布で

竜宮の使い

忘れていたけど 迷惑な返事 あの頃、だれかが見つけてくれると 指折り数えて待っていたっけ

カッシーニ(土星に環がある理由)

たとえ世界が喜びに溢れ、光り輝いた朝を迎えても もしあなたが消えてしまったら 私にとっては もうここはさみしい所

恵みの雨

祭りの場に 炎と歌を 呼ぶのは恵みの雨 眠らない夏に 目覚めない夜に