1. 歌詞検索UtaTen
  2. 八神純子
  3. 八神純子の歌詞一覧

八神純子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

Hey Kid

Everyday I get the same

金曜日の夜

明日になれば 明日になればきっと 不安な気持ち 消えてしまう 明日になれば

追慕

遠く忘れたはずの日々が くり返し くり返し よみがえる

夜間飛行

幸せに なるために たそがれの 街を 心あふれ出す

サマー イン サマー

海から 光のシンフォニー 響く めまいの午後 あなたの

タイトロープ

どうしてこんなにもただ淋しいのだろう あなたがそばにいるのにみじめのなのは何故? 振り向いて 顔を見せて

トパーズ色の想い

やしの木にもたれて あれこれつもる話 もぎたてパパイヤを ほおばり笑いあう 手紙さえ書けない忙しさから

摩天楼のハリケーン

彼女を追ってゆくと 振り向かずに言ったあの人の写真が 今朝の新聞に載る 胸の奥にしまってた メビウスの帯が切れたと

世界で一番愛を伝えるX'mas song

雪が舞って 白く染めゆく 街をみつめて Merry X'mas

生きるから

この星に生まれきて 最初に知ったのは愛でした 見上げると温かな 笑う声が優しくて

出発点

こんなに好きなのに さよなら告げてきた これでいいの つぶやいて

チョコと私

パパとママが わたしの願い かなえてくれたの 小さなかごで ワンと鳴いて

くじらの唄

海風にふわり包まれた あの日聞こえたの 大きくてもやさしさあふれる くじらの声が

Smile

Smile 思うように Smile ならないことばっかりで涙流れたなら Smile

翼 (Symphony)

もしも背中に翼があれば あなたのもとに飛んでゆく その頬をつたう星のしずく 人々の胸てらしておちる

初めての愛

寒い部屋で 凍えてた昨日が まるでなかったよう こぼれる光と 温かな優しさ

ひめゆりの丘

愁いの雲流す 6月の風 緑抜けては 髪をとかすの

People will be people

まばゆすぎる春の陽 寝ていたいのにかりだされ 昼どきの街をぷらぷら あくびして目をこすった

あなたを愛しすぎて

沈む月から 残った光 白い朝もやが 岬を包む 思い綴った

傷ついた翼

時は流れゆき 想い出の船は港をはなれ 通りすぎてゆく人達も 今はやさしく見える そんなある日

さくら証書

生まれてくる時 子供たちは皆 父と母を選ぶのだと いつか教えられた

時代

今はこんなに悲しくて 涙も枯れ果てて もう二度と笑顔にはなれそうもないけど そんな時代もあったねと

友だちならば(feat.陣内大蔵)

もしも涙とまらない時は いつも私がいること思い出して 生きることがつらい朝来たら すぐに私を呼んでよ あなたのもとへ

20才のころ

あの頃 思うたび 涙が出るんだよ 君とぼく20才の頃 帰らない昔

We're Gonna Make It After All

We're gonna make it after

The Heart

He swears it's the truth

He's My Kind

It's the way that he

Manhattan

Manhattan Lady in satin Ready

揺れる気持

あの人が さがしていた レコードを 今頃 見つけた

I Just Wanna Make A Hit Wit-Choo 恋のスマッシュ・ヒット

You've got true - hit