1. 歌詞検索UtaTen
  2. 八神純子
  3. 八神純子の歌詞一覧

八神純子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

月に書いたラブレター

眠れずにいるかもしれない あなたに贈る love song 届けるわ

翼があるなら

潮の香りのする風を 白い翼がつかまえて 行ってくるよと微笑んで あなた キラリ

1年と10秒の交換

私の願いがかなうならば あなたを戻して ここに これから生きる1年と引き換えにして

Kissがいいの

カーテンの隙間抜けた 朝の陽があなた起こす 寝ぼけ顔 可愛くて おはようとKissした

出発点

こんなに好きなのに さよなら告げてきた これでいいの つぶやいて

歌が呼んでる

歌が呼んでるから 歌が待ってるから みんなで歌おうよ 歌が好きだから

There you are

星が一つ また一つ 蒼い空にとけてゆく 希望と自由の翼磨き どこにいても飛んでいくわ

明日の風

吹雪の夜が明けたら 揺れた梢も静まり 凍てついた青い空に 白い息吹き込んで

生きるから

この星に生まれきて 最初に知ったのは愛でした 見上げると温かな 笑う声が優しくて

世界で一番愛を伝えるX'mas song

雪が舞って 白く染めゆく 街をみつめて Merry X'mas

夢中

初めて会った瞬間 鳴り響いたアラーム 女心弄ぶ危険な男だと 嘘よ

I wanna be smiling

誰でもへこんでいること あるよね どこも行きたくない よりによって 今日は彼との大事なデート

濡れたテラス

昨日も今日もうわべの言葉 聞いていた 気づいたら 知らぬ国に来ていたの

チョコと私

パパとママが わたしの願い かなえてくれたの 小さなかごで ワンと鳴いて

Rising

Yes we are rising この愛

約束

小春日和の公園を 昔のように手をつなぎ歩く 見つめて話して 心が息をした

My universe

Mr. Apprehensive passion and prospective

People will be people

まばゆすぎる春の陽 寝ていたいのにかりだされ 昼どきの街をぷらぷら あくびして目をこすった

ひめゆりの丘

愁いの雲流す 6月の風 緑抜けては 髪をとかすの

Here I am

Here I am 戻ってきた あなた

初めての愛

寒い部屋で 凍えてた昨日が まるでなかったよう こぼれる光と 温かな優しさ

Twenty-four seven

24/7 I'm always on your

Take a chance

さあ キミが 目覚める 本当の朝が来た 陽を浴びて

翼 (Symphony)

もしも背中に翼があれば あなたのもとに飛んでゆく その頬をつたう星のしずく 人々の胸てらしておちる

Smile

Smile 思うように Smile ならないことばっかりで涙流れたなら Smile

くじらの唄

海風にふわり包まれた あの日聞こえたの 大きくてもやさしさあふれる くじらの声が

今日の終わりに

ざわめきも うごめきさえ 闇夜が 吸い込んで 静寂に

かれ木に花を咲かせましょう

さくら色したさんぽ道 いぬふぐりもほほえんで 海風揺れる短冊に 願いを込めて

さよならの向う側

何億光年 輝く星にも 寿命があると 教えてくれたのは あなたでした

待ちわびて

こわれた心の扉が カタカタ泣いているのに 夢のかけらがかなしげな るり色にとけるのに ただ目を閉じて