1. 歌詞検索UtaTen
  2. 加藤登紀子
  3. 加藤登紀子の歌詞一覧

加藤登紀子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

時には昔の話を(紅の豚 ED)

時には昔の話をしようか 通いなれた なじみのあの店 マロニエの並木が窓辺に見えてた コーヒーを一杯で一日

知床旅情

知床の岬に はまなすの 咲くころ 思い出しておくれ 俺たちの事を

檸檬 Lemon

庭に植えた檸檬の木が 少し大きくなって 春の風に誘われて 白い花を咲かせた いつの間に時が過ぎて

愛のくらし

この両手に 花をかかえて あの日 あなたの 部屋をたずねた

さくらんぼの実る頃(映画 紅の豚 主題歌)

Quand nous chanterons le temps

ダニーボーイ

夏は去り バラの花も散り あなたは今出てゆく 角笛の呼んでる響きを おお

芭蕉布

海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の 芭蕉は情に

わが人生に悔いなし

鏡に映る わが顔に グラスをあげて 乾杯を たった一つの

リリー・マルレーン

ガラス窓に灯がともり きょうも町に夜がくる いつもの酒場で陽気に騒いでる リリーリリーマルレーン リリーリリーマルレーン

黒い瞳の

黒い瞳の 若者が 私の心を とりこにした

百万本のバラ

小さな家とキャンバス 他には何もない 貧しい絵かきが 女優に恋をした 大好きなあの人に

この空を飛べたら

空を飛ぼうなんて 悲しい話を いつまで考えているのさ あの人が突然 戻ったらなんて

蒙古放浪の歌

心猛くも 鬼神ならず 人と生まれて 情はあれど 母をみ捨てて

愛のよろこび Plaisir d'amour

愛のよろこび そのかがやきが 長い旅路をてらす光 ふたつの

風の舟唄

あんたの背中に 赤い夕陽がおちて ヒュアラリー 西の山々 もう暗い

時代おくれの酒場

この街には不似合な 時代おくれのこの酒場に 今夜もやって来るのは ちょっと疲れた男たち 風の寒さをしのばせた

野ばらの夢

ゆくあてのない涙 何処へ流れてゆく 消えない面影 どれほど見つめて 砂漠の旅のように

夜の通行人に捧ぐ Hommage au passant d'un soir

あの夜が僕の すべてのはじまり そんなことなど 気づくはずもない ただ淋しくて

あなたのおもかげ

淋しく私は 一人夢見る あの日の古いギターを つまびきながら 帰らぬ

あの小さな家

後ろを向いてきたわけじゃない ひらすら歩いてきた なのにいつも見えるのは 子供の頃のあの家 朝日を受けて立っていた

ANAK(息子)

母の胸に抱かれて おまえは生まれた 喜びの朝をはこんで 寝顔を見つめるだけで うれしさがあふれる

酔いどれ女の流れ唄

酔いどれ女が 今夜もひとり 酒場でグラスを 抱いている まつげを濡らして

ラ・ボエーム La boheme

二十歳の頃の話をしよう あの頃僕は 小さな部屋で 君と暮らした リラの花が

銀座のすずめ

たとえどんな人間だって 心の故郷があるのさ おれにはそれが この街なのさ 春になったら

あなたの行く朝

いつの間にか夜が明ける 遠くの空に 窓をあけて朝の息吹を この胸に抱きしめる あなたの行く朝の

琵琶湖周航の歌

我は湖の子 放浪の 旅にしあれば しみじみと 昇る狭霧や

今どこにいますか

今どこにいますか 寒くはないですか お腹はすいてませんか 眠る場所はありますか

夜明けのメロディー

朝の光が さしこむ前に 目覚めて 孤独な 時間が過ぎる

わが麗しき恋物語 Ma plus belle histoire d'amour

あなたにだけは 全部つたえたいの 私の恋物語 はじめての恋はまだ十五の少女 青いひざ抱いてた

人・生・不・思・議

人生 不思議なものだね それでも なぜか いとしくて