1. 歌詞検索UtaTen
  2. 加藤登紀子
  3. 加藤登紀子の歌詞一覧

加藤登紀子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

時には昔の話を(紅の豚 ED)

時には昔の話をしようか 通いなれた なじみのあの店 マロニエの並木が窓辺に見えてた コーヒーを一杯で一日

ふるさと

兎追いし かの山 小鮒釣りし かの川 夢は今もめぐりて

ダニーボーイ

夏は去り バラの花も散り あなたは今出てゆく 角笛の呼んでる響きを おお

百万本のバラ

小さな家とキャンバス 他には何もない 貧しい絵かきが 女優に恋をした 大好きなあの人に

さくらんぼの実る頃(映画 紅の豚 主題歌)

Quand nous chanterons le temps

琵琶湖周航の歌

我は湖の子 放浪の 旅にしあれば しみじみと 昇る狭霧や

難破船

たかが恋なんて 忘れればいい 泣きたいだけ 泣いたら 目の前に違う愛が

芭蕉布

海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の 芭蕉は情に

夜明けのメロディー

朝の光が さしこむ前に 目覚めて 孤独な 時間が過ぎる

少年は街を出る

朝焼けのこの街を 一人出かけてゆく 片手に荷物をさげ 口笛吹きながら

リリー・マルレーン

ガラス窓に灯がともり きょうも町に夜がくる いつもの酒場で陽気に騒いでる リリーリリーマルレーン リリーリリーマルレーン

愛のくらし

この両手に 花をかかえて あの日 あなたの 部屋をたずねた

酒は大関

白い花なら百合の花 人は情と男だて 恋をするなら命がけ 酒は大関 心意気

知床旅情

知床の岬に はまなすの 咲くころ 思い出しておくれ 俺たちの事を

子連れ狼

「小高い丘の城跡のくずれかけた東家で その子は父を待っていた。 この日の朝には帰るはずの父であった。 それが三ツ目の朝となり、四ツ目の夜が来て、 五ツ目の朝が雨だった。」

18の頃 -Chez Maria-

Chez Maria いとしい日々を Chez Maria

歌いつづけて

Vien でも一人の時や 幕がおりる時は そばには来ないで Vien

山はふるさと(祝日 「山の日」 制定記念曲)

山はわたしに教えてくれる 森の緑のやさしさを 山はみんなに話してくれる 強く生きてく喜びを

今どこにいますか

今どこにいますか 寒くはないですか お腹はすいてませんか 眠る場所はありますか

愛燦燦

雨 潸々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

ANAK(息子)

母の胸に抱かれて おまえは生まれた 喜びの朝をはこんで 寝顔を見つめるだけで うれしさがあふれる

生きてりゃいいさ

君が悲しみに心閉ざした時 思い出してほしい歌がある 人を信じれず眠れない夜にも きっと忘れないでほしい

雨はいつか

一人で旅に出るのなら 一人歩きのさびしさを 沈む夕陽のまん中に 燃やしてしまえそれからさ

サルビアの花

いつもいつも思ってたサルビアの花を 君の部屋の中に投げ入れたくて そして君のベッドにサルビアの紅い花を敷きつめて ボクはキミを死ぬまで抱きしめていようと

からたち野道

赤い実にくちびる染めて 空を見上げる これ以上つらい日が来ませんようにと 飛び石踏んだ

わせねでや

島の風に この身を吹かれ 歩く小道 鼻唄そえて めぐる

わかれうた

途に倒れて だれかの名を 呼び続けたことが ありますか 人ごとに言うほど

鳳仙花

ウルミデソン ボンソンファヤ ネモヤンイ チョリャンハダ キルゴギンナル

赤い風船

赤い風船 手にもって 走ったり

LOVE LOVE LOVE

LOVE LOVE LOVE あなたを愛して LOVE