1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北川大介
  3. 北川大介の歌詞一覧

北川大介の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

78 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

倖せの隠れ場所

北川大介

歌詞:恋人よ 隣りにおいでよ 淋しさに 心濡らしたら 悲しみを脱ぎ捨て

横濱のブルース

北川大介

作詞:伊藤薫

作曲:叶弦大

歌詞:愛を信じてくれ 俺を信じてくれ なのにお前はどこ どこどこなの 山手

心の真んなか母がいる

北川大介

作詞:保岡直樹

作曲:叶弦大

歌詞:上り列車に 夢乗せて 田舎の町を 後にした 今でも元気か

アカシアの女

北川大介

作詞:麻こよみ

作曲:叶弦大

歌詞:前髪なおした ふりをして 涙を拭いてた 白い指… 今でもおぼえて

愛をありがとう

北川大介

作詞:高畠じゅん子

作曲:中川博之

歌詞:あなたの笑顔に いつも支えられ あしたを信じて 強く生きてきた 世界にひとつの

情炎

北川大介

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:どうせあんたは 他者のひと 夜明け来る前 帰るひと 窓をたたいて

あなたのすべてを

北川大介

作詞:佐々木勉

作曲:佐々木勉

歌詞:名前も知らない あなたとわたし なのに不思議ね むねがときめく 恋はこうして

めぐり逢い紡いで

北川大介

作詞:るい

作曲:大塚博堂

歌詞:胸のボタンひとつはずして あなた好みに変わってゆく ただひたむきに愛されたい 惜しみなく奪ってほしい

北の昴

北川大介

作詞:麻こよみ

作曲:叶弦大

歌詞:北の夜空に 冴え冴えと 煌めく昴が 道標 夢をも一度

中ノ瀬橋

北川大介

作詞:麻こよみ

作曲:叶弦大

歌詞:俺の帰りを 待てないで どこへ消えたか こぼれ花 ごめんよ

噂の湘南漁師町

北川大介

作詞:はまだゆうこう

作曲:岡千秋

歌詞:サーファー娘の 潮焼け素顔 海の仲間は 誰もが好きさ あの娘泣かせば

哀愁のダナン

北川大介

作詞:伊藤薫

作曲:叶弦大

歌詞:北の入り江に夕日が浮かび 黒い瞳に映しだす 遠い昔の出来事なのか まるで昨日の幻か ダナン

男と女

北川大介

作詞:たきのえいじ

作曲:叶弦大

歌詞:黄昏の桟橋は ブルースがよく似合う すり切れた胸のきず 包んでくれる かりそめの恋をして

おれでよければ

北川大介

作詞:四方章人

作曲:四方章人

歌詞:風のたよりに 噂きいたよ いまでも ひとりだってね 生きてる限り

北の町 みなと町

北川大介

作詞:喜多條忠

作曲:叶弦大

歌詞:カモメ 泣け 泣け 泣くだけ泣けば しあわせが

胸に汽笛が響く町

北川大介

作詞:喜多條忠

作曲:叶弦大

歌詞:火の見やぐらや 駅前の 商店街まで そのままなのに さよなら言った

横浜ルージュ

北川大介

作詞:保岡直樹..

作曲:平尾昌晃

歌詞:かもめに恋した女 どこにもあるよな話 港の酒場が 似合うけれど グラスに聴こえる

やぐるま岬

北川大介

作詞:ちあき哲也

作曲:叶弦大

歌詞:寒いのは咽び泣く 霧笛のせいじゃないさ 宛もなく下りてみた 黙りこくった岬町… こんな酒場の片隅に

この愛に生きて

北川大介

作詞:荒木とよひさ

作曲:中川博之

歌詞:しあわせ薄い お前の横顔 遠くを見つめて そっと涙ぐむ このまま何処か

冬の嵐

北川大介

作詞:たかたかし

作曲:原譲二

歌詞:夢を追いかけ 夢につまずき ガラスの都会は 星も見えない 淋しさ注ぎたし

そんな鴎の港町

北川大介

作詞:荒木とよひさ

作曲:中川博之

歌詞:男には心に 風の港が そして別れた ?が一羽 女には背中を

前橋ブルース

北川大介

作詞:星野哲郎

作曲:中川博之

歌詞:よく似た人だと いうだけで あげたくなるのよ 心まで 好いたふりして

しのび逢い

北川大介

歌詞公開をリクエスト!

人生ららばい

北川大介

歌詞公開をリクエスト!

東京三日月倶楽部

北川大介

歌詞:夜空をひとり 見るたびに 満月のよに まるかった 心もいつか

横須賀挽歌

北川大介

作詞:小泉厚子

作曲:岡千秋

歌詞:今年もおまえに 逢いたくて 夏の横須賀 みんなと来たぜ 命を絶つ夜

菜七子

北川大介

作詞:岡田冨美子

作曲:叶弦大

歌詞:美人じゃないのになんで 好きになったのと 俺を抱きしめて すすり泣いてたね しあわせ捜そう

本当のしあわせ

北川大介

作詞:いではく

作曲:叶弦大

歌詞:くり返す 波音を 聞きながら ふたりで 肩寄せ

恋の町札幌

北川大介

作詞:浜口庫之助

作曲:浜口庫之助

歌詞:時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに

大阪で生まれた女

北川大介

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:踊り疲れたディスコの帰り これで青春も終わりかなとつぶやいて あなたの肩をながめながら やせたなと思ったら泣けてきた 大阪で生まれた女やさかい

氷雨

北川大介

作詞:とまりれん

作曲:とまりれん

歌詞:飲ませて下さい もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない 誰が待つと言うの

ひとり占め

北川大介

作詞:高畠諄子

作曲:中川博之

歌詞:指輪をかわした 仲ではないけれど 一緒に暮らせる それだけでいい 女はいつも弱いものよ

想いで迷子

北川大介

作詞:荒木とよひさ

作曲:三木たかし

歌詞:愛に溺れて あなたに疲れ 生きることにも ため息ついて ひとり口紅

わたし祈ってます

北川大介

作詞:五十嵐悟

作曲:五十嵐悟

歌詞:身体に充分 注意をするのよ お酒もちょっぴり ひかえめにして あなたは男でしょ

東京

北川大介

作詞:及川眠子

作曲:川上明彦

歌詞:あんたとなら いつ死んでもかまわへん 忘れないで そんな女いたことを

秋止符

北川大介

作詞:谷村新司

作曲:堀内孝雄

歌詞:左ききのあなたの手紙 右手でなぞって真似てみる いくら書いても埋めつくせない 白紙の行がそこにある

うそ

北川大介

作詞:山口洋子

作曲:平尾昌晃

歌詞:折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女

それは恋

北川大介

作詞:秋元松代

作曲:猪俣公章

歌詞:朝霧の 深い道から 訪れて 私をとらえ 夕もやの

グッドバイ

北川大介

作詞:ちあき哲也

作曲:中川博之

歌詞:寝顔のかわいい 人だから このままだまって 出てゆくわ 想えばよくある

北へ

北川大介

作詞:石坂まさを

作曲:叶弦大

歌詞:名もない港に 桃の花は咲けど 旅の町には やすらぎはないさ お前と別れた

みなと町 小樽

北川大介

作詞:水木れいじ

作曲:叶弦大

歌詞:ふりしきる雨に 肩を寄せながら そぞろ歩いたね 運河のほとり 別れ言葉が

波止場酒

北川大介

作詞:水木れいじ

作曲:叶弦大

歌詞:旅のさむさに わびしさに 小瓶片手に あおる酒 すすり泣いてた

酒よ

北川大介

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:涙には幾つもの 想い出がある 心にも幾つかの 傷もある ひとり酒

サチコ

北川大介

作詞:田中収

作曲:田中収

歌詞:暗い酒場の 片隅で 俺はお前を 待っているのさ サチコ

影法師

北川大介

作詞:荒木とよひさ

作曲:堀内孝雄

歌詞:人の優しさ 恋しい晩は 男泣きする 切ない胸が この身をつつむ

夜空

北川大介

作詞:山口洋子

作曲:平尾昌晃

歌詞:あの娘 どこにいるのやら 星空のつづく あの町あたりか 細い風の口笛が

時の過ぎゆくままに

北川大介

作詞:阿久悠

作曲:大野克夫

歌詞:あなたはすっかり つかれてしまい 生きてることさえ いやだと泣いた こわれたピアノで

ルビーの指環

北川大介

作詞:松本隆

作曲:寺尾聰

歌詞:くもり硝子の向こうは風の街 問わず語りの心が切ないね 枯葉ひとつの重さもない命 貴女を失ってから 背中を丸めながら

アメリカ橋

北川大介

作詞:山口洋子

作曲:平尾昌晃

歌詞:風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって― アメリカ橋のたもと

夜の銀狐

北川大介

作詞:中山大三郎

作曲:中川博之

歌詞:淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ