1. 歌詞検索UtaTen
  2. 南こうせつ
  3. 南こうせつの歌詞一覧

南こうせつの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月20日

108 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

青い旅人

南こうせつ

作詞:松本隆

作曲:南こうせつ

歌詞:人知れぬぶどう畑に ゆく夏の影を求めて もう一度生きてみようと 道だけを探しに来たよ

南こうせつ

作詞:喜多條忠

作曲:南こうせつ

歌詞:旅の宿 窓を開ければ 船の底 たたくさざなみ 星ひとつ

海と君と愛の唄

南こうせつ

作詞:阿木燿子

作曲:南こうせつ

歌詞:君が素足で踏んだ 砂の白さがしみる 長いおくれ毛 潮風がからかうよ 過ぎた日が過去ならば

泣かせないで

南こうせつ

作詞:SHIGE

作曲:SHIGE

歌詞:優しすぎる貴方のまなざしが 別の女映して逃げている 馴染みのお店も潮時と 人影がまばらに席を立つ

男が独りで死ぬときは

南こうせつ

作詞:荒木とよひさ

作曲:南こうせつ

歌詞:男が独りで 死ぬときは 持ってゆくものは 何もない 春なら

夢一夜

南こうせつ

作詞:阿木燿子

作曲:南こうせつ

歌詞:素肌に片袖 通しただけで 色とりどりに 脱ぎ散らかした 床に広がる

国境の風

南こうせつ

作詞:荒木とよひさ

作曲:南こうせつ

歌詞:遥か海を越え 遠き母の大地 水鳥たちは この青空を 自由に飛び交うよ

越後獅子の唄

南こうせつ

作詞:西條八十

作曲:万城目正

歌詞:笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの わたしゃ孤児

あの人の手紙

南こうせつ

作詞:伊勢正三

作曲:南こうせつ

歌詞:泳ぐ魚の群に 石を投げてみた 逃げる魚達には 何の罪があるの でも今の私には

オハイオの月

南こうせつ

作詞:岡本おさみ

作曲:南こうせつ

歌詞:思い出すよ 君と北海道を旅したことがある 東へ向う夜汽車の中 君は僕の肩に 頬つけて

雪が降る日に

南こうせつ

作詞:伊勢正三

作曲:南こうせつ

歌詞:雪が降るよ やまずに昨日から 昨日から 窓の外は何にも見えない 見えない

青春の傷み

南こうせつ

作詞:南こうせつ..

作曲:南こうせつ..

歌詞:だから僕は 風を感じて 遠い日のあの唄 口ずさんでる

れくいえむ

南こうせつ

作詞:阿木燿子

作曲:南こうせつ

歌詞:さくら草の 鉢をかかえて その人が もう来る頃

今日は雨

南こうせつ

作詞:喜多条忠

作曲:南こうせつ

歌詞:国道沿いの 二階の部屋では 目覚めるときに 天気がわかる 今日は雨

旅立つ想い

南こうせつ

作詞:喜多条忠

作曲:南こうせつ

歌詞:星降る前に洗った髪を 君は夕焼けで乾かしていたね 心の隅に吹きくる風は ほんのちょっぴり幸せのかおり 首をかしげてほほえむ君の

恋 はるか

南こうせつ

作詞:喜多條忠

作曲:南こうせつ

歌詞:初めて君と 旅をした 列車の窓から 来る風は 海が近いと

おかえりの唄

南こうせつ

作詞:星野哲郎

作曲:南こうせつ

歌詞:この町は 小さいけれど 「おかえり」の唄が 生まれる町 あの川のそば

種を蒔く人

南こうせつ

作詞:松井五郎

作曲:南こうせつ

歌詞:その先が 果てしなく ぬかんるんだ道だとしても 行かずにはいられない Wow

おもかげ色の空

南こうせつ

作詞:伊勢正三

作曲:南こうせつ

歌詞:別れた時 おもかげ色の 空を忘れました 飲みかけの グラスに映った

愛よ急げ

南こうせつ

作詞:阿久悠

作曲:南こうせつ

歌詞:はるか彼方 地平の果てに 愛に目覚めた人がいて かたちある愛 かたちない愛

あの日の空よ

南こうせつ

作詞:南こうせつ..

作曲:南こうせつ

歌詞:あの日の空よ あの日の夢よ 去りゆく日々を 知っているのか 君を愛して

南こうせつ

作詞:喜多条忠

作曲:南こうせつ

歌詞:妹よ ふすま一枚 隔てて今 小さな寝息を たてている妹よ

神田川

南こうせつ

作詞:喜多條忠

作曲:南こうせつ

歌詞:貴方はもう忘れたかしら 赤い手拭マフラーにして 二人で行った横町の風呂屋 一緒に出ようねって言ったのに

好きだった人

南こうせつ

作詞:伊勢正三

作曲:南こうせつ

歌詞:好きだった人 ブルージーンを はいていた 好きだった人 白いブーツを

淋しい鞄

南こうせつ

作詞:喜多条忠

作曲:南こうせつ

歌詞:男はいつでも心の中に 淋しいかばんを持っている 日々の暮らしを渡る時 信号待ちで止る時

粉雪

南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

歌詞:どこか似ている この街を吹く風 セーター姿の 小さな君と 指切りした町

緑の旅人

南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

歌詞:あの頃 何もかも 何もかもすべて振り払って 素のままに自分を 生きてみたかった

北の旅人

南こうせつ

作詞:庄司明弘

作曲:南こうせつ

歌詞:若さにつまずいて ベソをかいた あの夏の日 毎晩恋しくて

二月のハーモニカ

南こうせつ

作詞:岡本おさみ

作曲:南こうせつ

歌詞:ビルの屋上の 回転木馬 まわらない回転木馬に かけていると 鉛色に暮れてゆく

息子

南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

歌詞:明日の朝 息子が出て行く まぶしい背中で ここを出て行く 思えば

マキシーのために

南こうせつ

作詞:喜多条忠

作曲:南こうせつ

歌詞:マキシー それがお前のあだ名さ マキシー お前は馬鹿な女さ マキシー

赤ちょうちん

南こうせつ

作詞:喜多条忠

作曲:南こうせつ

歌詞:あのころ ふたりの アパートは 裸電球 まぶしくて

僕の胸でおやすみ

南こうせつ

作詞:山田つぐと

作曲:山田つぐと

歌詞:君の笑顔の むこうにある悲しみは 僕のとどかないところに あるものなのか ふたりで

春の恋文

南こうせつ

作詞:長井理佳

作曲:南こうせつ

歌詞:風がはこんだ 春の匂いに 気づいていても 気づかぬふりで 遠い思い出

春に想えば

南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

歌詞:峠越えれば 風はやさしく 友と遊んだ ふるさとの川 おぼろ月夜に

鐘が聞こえる

南こうせつ

作詞:南いくよ

作曲:南こうせつ

歌詞:麻の衣だけ 肩に巻きつけた 少年と 僕と二人で 遠い旅をしていた

帰郷

南こうせつ

作詞:山川啓介

作曲:南こうせつ

歌詞:ねえドアを開けてよ 帰って来たんだ ぶちのめされてまた 青いアザだらけさ 抱いてくれ

夕顔

南こうせつ

作詞:伊勢正三

作曲:南こうせつ

歌詞:朝日に 移り香も 消えゆく 刹那の窓辺から やさしく

ねがい

南こうせつ

作詞:岡本おさみ

作曲:南こうせつ

歌詞:どこか遠くへ行きたいと 懐かしい人が歌っている 机の上の小さなラジオで 行きたい いつか行ってみたい

うちのお父さん

南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

歌詞:汗をかいたので一休み マキ割りは疲れますね お父さん もうすぐ日が暮れる カラスが飛んでゆく

幸せになろう

南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

歌詞:あの緑のほほえみが 君にも見えるかい みずみずしい春のメロディー 僕が奏でてあげる

霧の彼方

南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

歌詞:霧の彼方 高く低く浮かぶ 手を伸ばせば 指をかすめ消えた もっとそばで感じて

ワイルド・ワン

南こうせつ

作詞:山川啓介

作曲:南こうせつ

歌詞:青い 夜明けの闇に めざして 君の名を 呼んだけど

微笑みに出会うために

南こうせつ

作詞:南こうせつ

作曲:南こうせつ

歌詞:空に向かい 虹のうたを 歌ってた 遠いあの日から 時は静かに

永遠の花

南こうせつ

作詞:渡辺なつみ

作曲:南こうせつ

歌詞:恋に破れて いっぱい泣いた日 ラジオから 聴こえた 歌がある

母へ

南こうせつ

作詞:森山良子

作曲:南こうせつ

歌詞:胸にまどろむ 幼子に 願いこめた 子守唄 あの日の空に

旅するあなた

南こうせつ

作詞:喜多條忠

作曲:南こうせつ

歌詞:旅をするあなた あなたはどこへ行くのですか スーツケースの中は そんなにつまっているのに どうして

雪手紙

南こうせつ

作詞:喜多條忠

作曲:南こうせつ

歌詞:ふるえてこぼれた 砂糖のように 雪が降ります さよならの街 終った恋は

男だって泣くんだよ

南こうせつ

作詞:渡辺なつみ

作曲:南こうせつ

歌詞:朝までここにいようと 君が言った時から この恋ははじまった 約束の地図さえ持たず 始めて触れた唇

野原の上の雨になるまで

南こうせつ

作詞:長井理佳

作曲:南こうせつ

歌詞:空の名前 考えながら 丘をゆけば はぐれ雲 ポツンと一つ

南 こうせつ(みなみ こうせつ、本名:南 高節、1949年2月13日 - )は、日本のフォークシンガー・元かぐや姫のリーダー。ベリーファーム所属。 大分県大分市竹中(旧:大分郡竹中村)出身。かぐや姫時代に「神田川」が大ヒットし、続けて「赤ちょうちん」「妹」がヒット。解散後も「夢一夜」「夏の少女」などのヒット曲を生んでいる。現在、大分県杵築市在住。妻はエッセイストの南いくよ(南育代)。 wikipedia