1. 歌詞検索UtaTen
  2. 古内東子
  3. 古内東子の歌詞一覧

古内東子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

誰より好きなのに

「君には何でも話せるよ」と 笑う顔が寂しかった あの夜 重ねたくちびるさえ 忘れようと

銀座

久しぶりに来た銀座は 少しだけ昔と 違って見える 日曜日は人混みの中 かばってくれたよね

星の数ほど(album mix)

私の親友達にはいつも なぜか評判が悪かったあなた 別れたなんて大正解よ みんなが肩を抱いて言ってくれる

歩幅

心が全部砕け散ってしまう日が来ても きっと大丈夫 1ピースずつ時間をかけて 一緒に拾い集めてあげる おろしたての靴のように

さよならレストラン feat. 平井堅

15年続いた店が 今日で終わりだと言うよ 気づけば少し色褪せた ドアがやけに寂しい 先に着いてると君は

半分だけ

何かを壊さないように 気持ちはいつも半分だけ 全部見せたらすべては 遠くに行ってしまう気がして 臆病になる

game

またひとつ小さな嘘で 本当はもろいその心守ってるのね 誰にも見せずに誰も愛さず こうして会ってても やさしいフリ大丈夫なフリ

最初から

寝ても覚めてもあなたの顔 無意識に見てた 話をすれば 自分じゃないみたいにおしゃべりになった 恋をしていた

MYSTICAL

夜中の電話は少しだけ危険みたい ワインのせいで会いたくなってしまう 聞いて欲しいこと聞いてくれるんだね だからいつまでも、離れたくても、 何かが繋がったまま

余計につらくなるよ

もうすぐ終わる今年の手帳 一ページずつ読み返した 何もかも 満たされてた あなたを幸せにしてると思ってた

Promise

にぎやかな仲間の前では わざと避けてるように遠くで笑っている ほかの娘に優しくしないで くちづけの記憶さえだんだんかすれてゆく 誰をみてるの?

花の時・愛の時 feat. 前川清

君が部屋を出たあと ぼくはじっと動かない あたりにただよう 君の残り香を 胸に吸い込み

誰より好きなのに feat. 槇原敬之

「君には何でも話せるよ」と笑う顔が寂しかった あの夜 重ねたくちびるさえ忘れようとしてるみたい もう一度出会った頃に戻れたなら もっと上手に伝えられるのに

OK,OK

車のドアきつく閉めて 歩き出した夜中の大通り 追い掛けてくれないのは またすぐ会えるからだと思った

魔法の手

恋する感覚を思い出してる あなたに出会って呼び覚まされてく 昔 好きだった人にあっても 笑いかけられる自信を持ってる

うそつき

あの日私はただのふられた一人の女で 他の人を好きになったあなた黙って許してた どこにでもある店で遅い夕食をとり つきあい程度の軽いお酒飲んで別れた

いい嘘も悪い嘘もきっと いつか誰かを傷つけるだけ だから正直に言ってもいい? もっと正直になってもいい? いい?

昨日にさよなら

たとえ大人になっても 恋してようと決めてた こんな日を待ってた 何かに追われるように 泣いて傷つくだけの

Confusion

目覚めの珈琲はふとキッチンに立って 今日一日を軽くSimulation 一年経つのってこんなに早かったっけ? 頭の中はいつもConfusion

IN LOVE AGAIN

音楽のヴォリューム上げて もうしばらく浸っていたい 言葉途切れた瞬間には あなたの横顔を見ていよう またすぐに逢いたいなんて

いつもどおり

戸惑うほどあなたのことを 考えているよ、一日中 特別な会話しなくても そばにいたいと思う人

いつかきっと

あなたの愛車が 今日は磨かれている 横に座る人は 輝く笑顔の彼女 あなたが最近

カサノバ

あれからどうしてたの? ウワサには聞いてたけど 何度か電話くれたよね 何となく出られなくて 今度の彼女にはやさしくできてるの?

よくある物語

はしゃぎ過ぎた去年のsummer days あれから探してるよbetter days だけどまだ見つからなくて

帰る場所はあなた

苦しくなって足をついた冷たいプールの底 子供の頃は遠くに見えたみんながいるゴール あの日みたいに不安な時、何も言わなくても テレビをつけてそばにいてくれた、夜が明けるまで そろそろ友達は卒業しよう

大丈夫

うそつきたくない だけど強がるしかない あなたに会えない夜でも 大丈夫 大丈夫

KOKYO

電話口言ったさよなら すべてを飲み込むように 恋してたのよ 出会ってからずっと この街の目に映るもの

何も言わずにさよならを

口にしたいことも言えなくなったら 会話だって悲しいだけ もっと愛してと言葉にしてたら 何かが変わってたでしょうか 大切な時間を私にくれてありがとうね

ピアス

耳が隠れるくらいに 髪を切るのが好きだった 風が吹くたびやさしく 光るピアスをなでるから 初めてのイブにくれたプレゼント

こたえないで

こたえなくていいの もう何も言わないで 無理してっくった笑顔がつらい こぼれてゆく私の涙に目を伏せて 今まで通り会えなくなるから