1. 歌詞検索UtaTen
  2. 古内東子
  3. 古内東子の歌詞一覧

古内東子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

誰より好きなのに

「君には何でも話せるよ」と 笑う顔が寂しかった あの夜 重ねたくちびるさえ 忘れようと

星の数ほど(album mix)

私の親友達にはいつも なぜか評判が悪かったあなた 別れたなんて大正解よ みんなが肩を抱いて言ってくれる

おしえてよ

永遠なんて本当はないのに あなたとはずっといられると信じてた どうか二人を責めないで あの店を通るたびに

銀座

久しぶりに来た銀座は 少しだけ昔と 違って見える 日曜日は人混みの中 かばってくれたよね

大丈夫

うそつきたくない だけど強がるしかない あなたに会えない夜でも 大丈夫 大丈夫

そして二人は恋をした

こんな夜中に呼び出されても いちばんきれいな顔して会えないのに 慌てふためいて塗った口紅 そして二人は恋をした きっと友達の顔ってあるのね

花の時・愛の時 feat. 前川清

君が部屋を出たあと ぼくはじっと動かない あたりにただよう 君の残り香を 胸に吸い込み

あの歌

別の理由はなくても時々険悪になる あれだけ二人で過ごしてたら無理もないよ そんな時はどちかがさりげなく流すあのメロディー 口ずさんでいつの間にか元通りになる薬

誰より好きなのに feat. 槇原敬之

「君には何でも話せるよ」と笑う顔が寂しかった あの夜 重ねたくちびるさえ忘れようとしてるみたい もう一度出会った頃に戻れたなら もっと上手に伝えられるのに

ウソだとしても

昔からずっと 夢をもってたの それを叶える 出発は明日 急なようだけど

秘密

好きなのはあなただけなのに... あなたにだけはたったひとつの秘密も作りたくなかった 彼は友達 ただの友達

愛のために feat. 奥田民生

となりの席ではフケた男が さんざんからんで人生語る どっかで聞いた事ある話だ 思えばあいつは昨日も来てる

星空

車の窓からのぞいてる広がる星空 小さく流れるラジオの古い歌 渋滞の道も今だけは嬉しく思える 話してくたびに好きになる 好きになる

Peach Melba

二人を見ているともう何も言えないけど 好きよ 大好きよ 心から きっと彼女より

半分だけ

何かを壊さないように 気持ちはいつも半分だけ 全部見せたらすべては 遠くに行ってしまう気がして 臆病になる

Distance

DISTANCE 消せないの? 違う空の下にいたら 心も離れてゆくばかりなの? DISTANCE

幸せの形 Album Version

出逢いはつくるものだと人は言うけど 気付いたら始まってる それが恋でしょ いい人がいないだとか 忙しいとか

LOVE SONGS feat. 堂珍嘉邦

寂しい時も いいことあった時も 一人になれば歌っているよ あなたが聴いてくれるのなら もしも

ずっと探してた

それは空気のようで匂いのようで はっきりと理由はわからないの いつから君を目で追うようになったんだろう そして気がついたら恋してた 心の中のずっと欠けてたピース

かわいくなりたい

いつも無理して笑顔つくるより 誰かのこと想って泣ける方が好き かわいくいたい かわいくなりたい 女なら誰でも愛されていたい

Where You Are

世界中を旅して知らない場所に行ってみたい 君と一緒なら冒険も出来るかも だけどそばにいられれば 本当はどこにいたっていいの 君が立つ場所へ

さよならレストラン feat. 平井堅

15年続いた店が 今日で終わりだと言うよ 気づけば少し色褪せた ドアがやけに寂しい 先に着いてると君は

だいすき

24時間じゃ足りないくらい すべてに夢中でここまでやっと来たけど ひとりで何でも出来るなんて思えない 朝目覚めたとき あえない日でも

ピアス

耳が隠れるくらいに 髪を切るのが好きだった 風が吹くたびやさしく 光るピアスをなでるから 初めてのイブにくれたプレゼント

Weekend

JUST LIKE WAITING FOR THE

いそがないで

"クリスマスにも仕事だらけ"と 忙しそうに電話を切ったけど また一つ恋を失って その痛みから 逃げてるのわかるよ

雨降る東京

雨が止んでも どうか傘は閉じないで 時々触れあう腕に夢を見させて 私の傘は少し小さ過ぎて はみ出す肩をさりげなく抱いてくれたら

淡い花色

隣に座って そっと手に触れて ずっと話してたいだけ そんな単純な 私の願いも

Empty Room

小さく流れてるニュースは きっと二人とも見てるわけじゃなく 頭の中言葉探してる 傷つきたくなくて 傷つけたくもなくて

Reason

生きてゆく そばにいる Reason 辿ればすべてあなたへと続く道だったの