1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉岡亜衣加
  3. 吉岡亜衣加の歌詞一覧

吉岡亜衣加の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

十六夜涙(薄桜鬼 OP)

天つ風よ 時の羽さえ この思ひは 十六夜に…

舞風(薄桜鬼 碧血録 OP)

幾千の未来よりも 一瞬の今を強く生きたい 奈落のほとりでさえも 駈けて行ける 貴方となら

蒼穹ノ旗(アニメ 劇場版 薄桜鬼 第二章 主題歌)

眩き天を仰げば其処に 見ゆる 鮮やかな面影 想ひ出じゃない 今もなを

一心 ~地の涯まで~(PlayStation?4用ゲームソフト 薄桜鬼 真改 風華伝 オープニングテーマ)

道無き獣道 往くならついて行く 地の涯まで 何ひとつ

夢ノ浮舟(薄桜鬼 雪華録 OP)

何処へ向う? 誠の舟 まだ見ぬ夜明け求め 夢をなびかせ悲壮乗せて 熱き志掲げて

はらり(薄桜鬼 OP)

はらりはらり 散りゆく花よ 何思って大地へ還る いつの日か生まれ変われたら また会えると信じて

紅ノ絲

浅葱色の天空がいま 燃えてゆく 遙か落日 人も国も染め抜いて

散らない花(薄桜鬼 OP)

たとえば時が戻り 今をやり直せても 私 あなたの待つ この運命選ぶ

アメフラシの歌~Beatiful Rain~

今日生まれた 悲しみが 空へ舞い上がる 空は目覚め 風を呼び

ひとしずく(薄桜鬼 ED)

雨は若葉の色を濃くする 涙も愛を深く染めゆく 出逢える前に戻れてもまた 今ある孤独

光彼方(薄桜鬼 黎明録 OP)

かがやき求めて 燃ゆる篝火で 夢翔る 未来を見つけて…

瑠璃ノ空へ(ゲーム 薄桜鬼 真改 風ノ章)

空へ 空へ 高き空へ向かひ咲きし花よ 季節の擾乱さへ踏み越へて 咲け

命ノ相聞歌(PlayStation(R)Vita 薄桜鬼 真改 華ノ章EDテーマ)

言葉にすれば ほんの 一片の言の葉 独り呟いて 頬染める

静かなる奔流(ゲーム 薄桜鬼 士道演戯 エンディングテーマ)

決して止まらない激流が如く生きる 貴方の瞳には何故 静けさがあるのでせう あゝ

響ノ空(薄桜鬼 随想録 OP)

追憶の空を見上げれば いつもあなたが響く 頬をつたうは 遥か永久の温もり

嵐の中で咲く華(PlayStation(R)Vita 薄桜鬼 真改 華ノ章OPテーマ)

夜の嵐が唸りをあげながら 今宵 薄紅 の花びらたちを散らしてゆく あゝ

暁闇(裏語 薄桜鬼 OP)

あゝ 引き返せない 昏き此の道が遠く果てなくとも 夜明け前

紅い蜃気楼(薄桜鬼 巡想録 OP)

夢は遙か蜃気楼 揺れて どこまで往けば 掴める

空へ…

街並 見おろすのさ 一番高い場所で 涙や悲しみなど すぐに消えてしまうから

葛飾ラプソディー

中川に浮かぶ 夕陽をめがけて 小石を蹴ったら 靴まで飛んで ジョギングしていた

背中にあった翼は君と共に無くした 飛べた頃の記憶は擦り傷の様には消えてくれない 月が丘を行く 夜光虫を引き連れて

消えない虹(薄桜鬼 黎明録 ED)

熱い願い 時の岸辺へと ふたり 笹舟に浮かべ ここまで流れ来た

空の鏡(薄桜鬼 随想録 ED)

見えない月を 信じるように 恋におちた あなたと出逢い 弱い自分

予感

まぶしい陽射しが 世界をくすぐる ほら はじまりのチャイムが鳴り渡る 心踊るのは

闇の彼方まで(薄桜鬼 OP)

遙か空に手伸ばして 何が掴めるのだろうか 刹那 乱れる静寂の

薫り語り(オトメイトレコード 和奇伝愛 主題歌)

不意に強く薫る 朱華色の風は 乾いた心を 吹き抜けて 花散らし

晴れてハレルヤ(アニメ「魔法陣グルグル」オープニングテーマ)

世界中の大好きを集めても 君に届けたい思いに足りない 体中の愛がうたいだしてる ぼくらの鼓動は 全ての始まりだよ

花びらの刻(薄桜鬼 随想録 OP)

ああ 輝いた あなたと生きた刻は この世でひとつの調べ 目を閉じれば涙も願いへと

天ノ華

泪よ ひとひら流れてゆけ 白き雪に変わりて 最果ての地の 貴方の許

ラブレター

最初から不器用で 一緒に居ても話せなくて 少しでも近づきたくて 好きと言ってた映画観たよ