1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田美奈子
  3. 吉田美奈子の歌詞一覧

吉田美奈子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

恋は流星

とても素敵 夜の気配に すり抜けてはまぶしい Tail light

頬に夜の灯

灯ともし頃ならば 街もはなやいで 急ぐ足を止める 夜に飾られて

LOVIN' YOU

Shine 目もくらむ程眩しい 午後に街 行き来する Wind

夢で逢えたら

夢でもし 逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい

レインボー・シー・ライン

自由にはばたく かもめをたどって あなたの心に 虹色のメロディー ララララララ

わたし

わたし待ってる 帰ってきてね いままでいじ悪 し続けたけど いろいろなこだわり

待ちぼうけ

藁葺屋根の青嵐村は 薄墨流しの雲に埋まり 昨日までの淡い春色は だんだん小さく 渦巻の中へ

ラスト・ステップ

ダンシング リズムにのり 恋を 忘れるため 街はとっくに静まり

愛は思うまま

動き出せ すべてのもの さあこの恋に賭けて あなたから受けた息吹で 胸ははじけそうよ

ふうらい坊(LIVE Version)

ふうらり ふうらり ふうらい坊 ふうらい坊 いつまでたっても

フリーウェイを西へ車を飛ばすと 突然 海と出会う ドアを開けるとすぐ風が吹き込んで 迎えるよ

恋の手ほどき

両手でほほをはさみ ほほづえついたまま ウィンクしてもだめよ 恋はできない ああ最初からうまくいくと思わないで

8月の永遠(妖怪人間ベム(2006)

ねえ あと幾つ時代を越えたら この街はどんな景色でしょう 恋人たちの思い出は記憶の彼方へと消えるのかな? 誰かと出会うのも

その日暮らし 自由自在 振舞う私には 何がどこで 変わろうとも

扉の冬

一人の心のさわぎに 一つの心のむなしさ 扉の冬 私の扉の

BEAUTY

緩やかに 陽光の渦 煌めいて 外へ誘う午後 金色した

愛は彼方

"愛してる"この言葉さえ 届かない遠くで 想い出に 生きること

声を聞かせて

雲ひとつない天空を 見る都度気遣うのは あなたがもし現在でも Mm… 孤独だとしたら

さよなら

瞬く間に 過ぎた あなたとの 日々 振りかえると

AIRPORT

息をきらし着いた Lobby あなたとわかる姿 すぐに見つけたの 人ごみを縫い走りよる身に

SUNSET

街に今一つの日の幕が降りようとしている 忙しく部屋に帰る人々 それを止める様な Illumination 迷う心のほほえみ

BLACK EYE LADY

愛しい人に思いを打ち開けるのは たやすそうでも 言葉を持たぬやさしさ 伝えることは もどかしいもの

LOVE SHOWER

行方知れぬ恋は にわか雨と似てる 気まぐれな空から にわか雨が零れ落ちる

ラムはお好き?

今夜は船のパーティー きっと来る あなたのためテーブル あけといたのよ いつも横目だけで

TOWN

夜へ継ぐ 時のベールを 突き抜けて 浮かぶ 光の街は

LIGHT'N UP

ゆるく滑り込む夜を 待ちきれず動き出す炎 吹き上がる光 空めがけ どこまでも高く

RAINY DAY

RAINY DAY 跳ね上げて砕け散った それは 遠い昔の愛なの

午後の恋人

長く延びた影の先に並んだ街へ 陽光しから届くはずの静寂に出会えるまで 軽く波打つ髪風に揺らして佇み 待ち伏せていたのは蒼い瞳をもった時間

チャイニーズ・スープ

椅子に座って爪を立て 莢えんどうのすじをむく 莢がわたしの心なら 豆はわかれた男たち

時の中へ

Woo… oh… 遠くすぎゆく 時の中