1. 歌詞検索UtaTen
  2. 和楽器バンド
  3. 和楽器バンドの歌詞一覧

和楽器バンドの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

六兆年と一夜物語 人気!

名も無い時代の集落の 名も無い幼い少年の 誰も知らない おとぎばなし

吉原ラメント

江戸の町は 今日も深く 夜の帳 かけて行く 鏡向いて

セツナトリップ

1、2、準備おっけー? 3、4で蹴っ飛ばして 全部さ フイにしちゃったっていいじゃん? どうせ

地球最後の告白を

そして君が知らずに 幸せな灰になった後で 僕は今更 君が好きだって

細雪

綾なす樹々に降る細雪 満ちては欠けてゆく月の光 遠くへ行かないでと泣いてる 今日もまた

天樂

青い時間 さよなら告げる 雨避けの傘は僕を抛り捨てた 訪れてた 夏にも気付かずに

千本桜

千本桜 夜ニ紛レ 君ノ声モ届カナイヨ 青藍の空

虹色蝶々

星空をひらりふわり 雲に隠れた月の夜 なんとなく迷い込んだ 埃まみれの小さな部屋

雪よ舞い散れ其方に向けて

春はまだ遠く寒空は 曇りのち雪へ変わる 灰色の空見上げても 貴方には届かないのね

オキノタユウ

四角い窓の外秋深し 今年最初の霜が降る チクタク鳴り響く部屋の中 日々を直向きに生きてます

拍手喝采

さぁ!皆々様方 ようこそ 八つの音霊 唯一無二 心の調弦

起死回生(テレビ東京系リオ五輪中継テーマソング)

Fight! 喝!GO! 誰だって 怖くなって

いろは唄

アナタガ望ムノナラバ 犬ノヤウニ従順ニ 紐ニ縄ニ鎖ニ 縛ラレテアゲマセウ

シンクロニシティ

思い出したんだ パラレルワールドの瞬間 いや、確かあの日は遅刻していて… 目が覚めたなら

月・影・舞・華

夜空を照らす月明かり あなたの影に寄り添う私は 艶やかに舞う蝶のような 永遠に咲き誇る恋の華

反撃の刃

強かに燃える憎しみの中で 屍を乗り越え… 燃え滾った感情にこの身を任せて 蠢く群れを憎み、眼を開く

砂漠の子守唄

砂に 落ちた 星屑 掬い 夜空を

Valkyrie -戦乙女-(テレビアニメ「双星の陰陽師」オープニングテーマ)

双つ星は瞬く 夢の途中でカットアウトさ 悲しい夢 見てたような 何故だろうか、思い出せなくて

カゲロウデイズ

8月15日の午後12時半くらいのこと 天気が良い 病気になりそうなほど眩しい日差しの中 することも無いから君と駄弁っていた

そこにあるかも知れない・・・

君に 逢いたい時だって どこか 逢えない気持ちがある だけど

君がいない街

何もいらないなんて嘘だよ こんなにもほら強欲なんだ 悲しいくらい嘘にまみれて 正しいことがわからなくなる

儚くも美しいのは

彼の海は静かに凪いだ 私達は舟を浮かべて もうこの場所には帰れない 静かに心を決めた

暁ノ糸

花開けば 蝶枝に満つ 我等謳う空の彼方へ 遥か流る雲の向こうへ

脳漿炸裂ガール

自問自答 無限苦言ヤバイ 挫傷暗礁に乗り上げている 前頭葉から新たな痛みを 共有したがる情報バイパス

ワタシ・至上主義

チャンスは一度 奇跡を起こせ 今ワタシ至上主義 何が欲しいの 叶えてあげる

独歩

福寿草、雪解けの川 青く澄んだ空と大地と 有り余る命の中で 今日を生かされてる

追憶

風薫る並木の中を駆ける様な 思い出のひとつひとつを 僕は拾い集めている 目を閉じて息を吸い込む

流星

僕等は歩いて来た 一歩でも良いって 時々さ、後ろをさ 振り返って 本当は泣いてたんだ

天上ノ彼方

落ちてきそうな空の下で 変わらずに息をしている 君はどうして泣いているの? 死にたいなんて呟いてさ

雪影ぼうし(ガリバー初売りCM)

撒いてもっと芽吹く時まで 漕いでそっと溶けた隙間で 解いてずっと絡まる糸が 汲んで待って堕ちる先まで