1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大月みやこ
  3. 大月みやこの歌詞一覧

大月みやこの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

138 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

かくれ宿

大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:青山八郎

歌詞:枕のしたを 流れゆく 川の瀬音が 身にしみる ねむれないのよ

涙川

大月みやこ

作詞:田久保真見

作曲:岡千秋

歌詞:女がひとり 許して泣いて 流す涙が 川になる 髪が

女の港

大月みやこ

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば よかったかしら 二ヶ月前に

乱れ雪

大月みやこ

作詞:石本美由起

作曲:桜田誠一

歌詞:雪の花 こころの中へ つもる想いを 寄せて降る 愛を下さい

浪花の灯り

大月みやこ

作詞:秋田泰治

作曲:聖川湧

歌詞:逢えば別れの 浮世なら 風に散れ散れ なみだ花 まわり舞台か

千年の花

大月みやこ

作詞:西條みゆき

作曲:大沢浄二

歌詞:雪に抱かれて あなたを慕い 恋に泣いてもいいですか 追えば切ない あぁ

潮来舟

大月みやこ

作詞:たなかゆきを

作曲:川上英一

歌詞:こんな悲しい 涙の恋を 知っているやら 利根の月 真菰がくれに

儚な川

大月みやこ

作詞:星野哲郎

作曲:櫻田誠一

歌詞:聞かせて下さい もういちど おまえが好きと もういちど 雪に偲んで

戻り橋暮色

大月みやこ

作詞:杉紀彦

作曲:徳久広司

歌詞:(台詞) 大阪は みなみの新地のあたりに 子連れの女が流れてきまして ちょっと大きな声では

冬の駅

大月みやこ

作詞:石本美由起

作曲:桜田誠一

歌詞:好きになるのが 罪ならば 罪に泣いても いゝのです 愛しても……愛しても

命の花

大月みやこ

作詞:斉藤夕紀

作曲:船村徹

歌詞:このままおそばにおいて下さい 冷めたすぎます夜の風 尽す事さえ許されず たとえこの世で添えぬとも ついて行きたい

愛にゆれて…

大月みやこ

作詞:荒木とよひさ

作曲:幸耕平

歌詞:こんなに愛されていても 心が淋しい あなたが いつか どこかへ

白い海峡

大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:伊藤雪彦

歌詞:人はみな故郷が 恋しくなって 一度は泣きに 帰るものなの みぞれが雪に

ためいき川

大月みやこ

作詞:杉紀彦

作曲:徳久広司

歌詞:誰に聞かされた話か 忘れてしまいましてんけど この川を渡っていったら もう二度と帰って来られへん あの人がこの川を渡っていったら

泉州恋女房

大月みやこ

作詞:村田忠秋

作曲:中島昭二

歌詞:おとこ心の わがままなんか 祭り三日は ゆるしてあげる ほれた女のひざまくら

海鳴りの駅

大月みやこ

作詞:田久保真見

作曲:弦哲也

歌詞:心のほころび 縫うように 海岸線を 列車は走る あなたに書いて

棄てたあなたにまた惚れて

大月みやこ

作詞:岡田冨美子

作曲:弦哲也

歌詞:灯り落とせば部屋の扉を あなたが叩いてくれそうで こぬか雨降る窓をあけ 水割りをふたつ置いて待つの… 赤いバラ一輪ひとり咲き

未来への歌

大月みやこ

作詞:田久保真見

作曲:幸耕平

歌詞:誰もが一度は思う 違った人生を 生まれ変われるなら ささやかに生きたい 気高く咲いてる薔薇を

四季桜

大月みやこ

作詞:喜多條忠

作曲:大沢浄二

歌詞:四季咲きの 桜が庭に咲きました 冬の寒さに 負けないで ちいさな花が

恋のしずく

大月みやこ

作詞:安井かずみ

作曲:平尾昌晃

歌詞:肩をぬらす 恋のしずく 濡れたままでいいの このまま歩きたい きっとからだの

女ひとりの日本海

大月みやこ

作詞:荒木とよひさ

作曲:幸耕平

歌詞:女がひとりで 旅することを あなたわかって くれるでしょうか 能登のはずれの

夢日記

大月みやこ

作詞:早坂暁

作曲:大沢浄二

歌詞:なにが欲しいと 聞かれたら 愛が欲しいと 答えます どうして愛かと

水仙

大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:船村徹

歌詞:あきらめて 人の妻になってみたけど 雨に風に 想い出す 死ぬまでこころは

愛してちょうだい

大月みやこ

作詞:永井ひろし

作曲:白石十四男

歌詞:愛して愛してちょうだい だまってないで みつめていてちょうだい 私だけを 幸福に

今はこのまま

大月みやこ

作詞:斉藤夕紀

作曲:幸耕平

歌詞:あなたの背中見送りながら 追って行きたい切ない夜は 他人に言えない二人の仲も 耐えて行きます好きだから 筋書きにはない恋だけど

歌はいかがですか

大月みやこ

作詞:秋浩二

作曲:伊藤雪彦

歌詞:歌はいかがですか あなたの好きな歌を 夢はいかがですか 愛はいかがですか

おしず

大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:鈴木淳

歌詞:あと二日 もうひと夜 はじめて逢った あのやどで 指の先まで

女の涙

大月みやこ

作詞:松井由利夫

作曲:船村徹

歌詞:風に舞う 雪の花 掴めば儚く 消える花 暦の上では

とまり木の花

大月みやこ

作詞:たかたかし

作曲:小林亜星

歌詞:あなただけよと 躰をよせて 咲いてみたけど 散らされた 雨よ降れ降れ

名残りの花

大月みやこ

作詞:石本美由紀

作曲:伊藤雪彦

歌詞:誰かに捨てろと 言われても この恋捨てたら 生きられません 二人の胸に

陽だまり

大月みやこ

作詞:松井由利夫

作曲:船村徹

歌詞:なんども潮どき 別れどき 思うばかりで すぐ負ける いつか覚えた

ひとり酔い

大月みやこ

作詞:岡田冨美子

作曲:幸耕平

歌詞:逢いたくて逢いたくて 瞳を閉じ惚れなおす 指先に指先に あなたが残ってる 過去が欲しい夜だから

恋一夜

大月みやこ

作詞:東大寺元

作曲:大沢浄二

歌詞:うれしかったのあなたの愛が 涙で目覚めた春の朝 叶うはずない倖せなんて あぁ 恋一夜

冬海峡

大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:櫻田誠一

歌詞:逢いたい 逢いたさに 露地を駈けぬけ 来てみた 小指の爪まで

愛の始発[オリジナルカラオケ]

大月みやこ

歌詞公開をリクエスト!

ともしび

大月みやこ

作詞:田久保真見

作曲:岡千秋

歌詞:カーテンを そっと開けて おはようと ささやいたら あなたが

愛の始発(セリフ入り)

大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:伊藤雪彦

歌詞:あの時 鞄いっぱいに 夢を詰め込んで ふるさとを後にした 私が

せめてもう一度

大月みやこ

歌詞公開をリクエスト!

港の見える部屋

大月みやこ

作詞:岡田冨美子

作曲:幸耕平

歌詞:部屋の小さな陽だまりで まどろんだあなたに まるで世界に二人しか いないみたいとささやく

雨の船宿

大月みやこ

作詞:田久保真見

作曲:弦哲也

歌詞:寒くないかと 背中から そっと抱かれて 海を見る もう少し

母なる海よ

大月みやこ

作詞:オオガタミヅオ

作曲:オオガタミヅオ

歌詞:此処で生まれし者は皆 結の絆で 結ばれる 浜の砂子を 手に取れば

酒場の角で

大月みやこ

作詞:オオガタミヅオ

作曲:オオガタミヅオ

歌詞:上手くないけど聞いて 好きな歌がある どこか私に似てるよな そんな歌がある 叶わぬ恋と知ってて

流氷の宿

大月みやこ

作詞:岡田冨美子

作曲:弦哲也

歌詞:赤い赤い赤い糸で 心つなげば 海鳴りがとどろく北の空 今日まで生きた淋しさが 根雪散らして燃え上がる

紅ひとり

大月みやこ

作詞:田久保真見

作曲:幸耕平

歌詞:小指と小指の 糸を切り 心のほころび 縫いましょう いつか別れる

夢のなごり

大月みやこ

作詞:田久保真見

作曲:幸耕平

歌詞:酔ったあなたに 逢えそうで 今日も新地に 来てしまう 寒いこころに

紅の傘

大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:弦哲也

歌詞:呑んだら はじける あのひとだから きっと 誰かの

手酌さのさ

大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:弦哲也

歌詞:ひとりでやります 手酌がいいわ 今夜はしみじみ 熱燗で 髪のほつれがネ

愛のかげろう

大月みやこ

作詞:田久保真見

作曲:幸耕平

歌詞:窓をゆさぶる 海鳴りは 未練ごころの 叫び声 乱れた髪を

夢に抱かれて

大月みやこ

作詞:田久保真見

作曲:幸耕平

歌詞:肩がふれあう 男と女 帰りたくない夜の めぐり逢い せめて今だけ

霧笛の宿

大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:船村徹

歌詞:霧笛がしみます 雪の夜 わたしはあなたの 腕のなか 夢も

大月 みやこ(おおつきみやこ、1946年4月23日 - )は、日本の演歌歌手。本名、脇田節子。 wikipedia