1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大森靖子
  3. 大森靖子の歌詞一覧

大森靖子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

IDOL SONG

ねえアイドルになりたい すっごい愛をあげたい このいのちの使い方を 君に愛されたい

勹″ッと<るSUMMER(グッとくるSUMMER)

夏 なんつーか 通過する 水色 ピンク

ラストダンス

あーこれくらい平気 って 放っといた傷口 化膿して致死量の憂鬱を チョコとかアイスとか

VOID

家をぬけ出して僕の部屋においで 君のこと なんも聞きはしないから 僕じゃ満足できなかったなら明日忘れていいから I

サイレントマジョリティー

人が溢れた交差点を どこへ行く?(押し流され) 似たような服を着て 似たような表情で…

GIRL'S GIRL

私はいつ完成するのかな とりあえずみたいな自分で誤魔化してる 完成した私で恋とか仕事とか お茶とか自撮りとかしたいのに

ハンドメイドホーム

金色の空 黒い満月 張りぼてのステージ 手づくりの夜 大好きな悪魔と引き裂かれ

みっくしゅじゅーちゅ

思い切ってカラオケで リアルに聴いてる曲入れた 引かれるかも でもそろそろ 知ってほしい

ZOC実験室

あなたに届かない 攻撃も 魔法も 気持ちなんてそもそも 表示されないし

黒姫

寄りかからないでくれ 夜が変える 呼んでもない人がまた 愛を告げる 悪意なき暴力で

死神

履歴書は全部嘘でした 美容室でも嘘を名乗りました 本当の僕じゃないのなら 侮蔑されても耐えられる 違うんだ君を死の淵から

7:77

どんな風にくだらない LINE 送るか2時間悩んだ 私のよりデカイ吹き出しレス来てどんだけ安心したか 内緒だけど

ドグマ・マグマ(日本系テレビ バズリズム POWER PLAY)

むかしむかしあるところに男と女とそれ以外がいました むかしむかしあるところに白黒黄色それ以外がいました むかしむかしあるところにYESとNOとそれ以外があるのに いつもいつもことあるごと それ以外はなかったことにされました

きもいかわ

ぼくを医者は救えない ぼくを警察は守れない あいつを法じゃ裁けない だからといってきみにかけてはいけない 負担とか

非国民的ヒーロー

地球がバグってる 夢が刺さって血が出てる なんの薬かもラわかんない錠剤 僕の部屋だけバグッてる

私は面白い絶対面白いたぶん

愛のせいにしてこんな生活 交番怖いしトイレも近いし 絶対やめとけって正しかった友達の未読104件 君しかいない君がいなくなった マジ暇だからツタヤでゲオして

アメーバの恋

あなたが"好きです"とか 吐き捨てるスマホ かち割って内臓の奥 入り込みたい アメーバの恋は二度と

はなまる

会って3秒でデストロイ そしてハーフタイムは真夜中に おっさんと少女より美しい カップリングなんて思いつかないよ ねえ

何が悪い

私が私しかいないこと 世界が私をいじめるから 殺される前に連れ出して 私が私を守ってあげる 春が嫌い

無限クライマックスかもめ教室編

あの子 この教室のピアノじゃつまらない この街の優しさじゃ 弾けない曲があるの

ピンクメトセラ(Webアニメ『逃猫ジュレ』のテーマソング)

リンシノモリのウイルス 感染ルートは僕の下書き保存 ナチュラルな死にたみを吸いこんだリンゴさ 盗撮した水色に 鍵をかけたはずなのに

draw(A)drow

誰かの美しい閃きがつくった世界は 誰かを失って 宿主不明の 平和 フェミニズム

デートはやめよう

この夏何匹蚊を殺したかなんて聴いてどーすんの? 部屋の広さと心の広さは関係ないはずよ ジャンクフードを食べたい気分を 否定しないでよね 変な柄のシャツ

呪いは水色(映画 ワンダフルワールドエンド 主題歌)

あとすこし そばにいて 読みたい漫画がみつかるまで 片足の折れたテーブルと 水滴の音をどうにかするまで

あまい

いい感じのゲリラ豪雨 月経周期 基礎体温 全部知ってる大きな愛を 今日は誰にも邪魔させないのだ

地球最後のふたり

ドラちゃん量産大歓迎 二十一世紀、人間の方がロボット はみだしたら即死刑 かわいい以外の正義は暴力

青い部屋

だまされてもかまわない 絵が描ければよかった 老人ホームでの仕事はとても気に入っていた ごうごうともえている

5000年後

5000年後のこの星は ボルトだらけのこの体 システム ならば永遠だと キャラメルソイラテ待っている

無修正ロマンティック ~延長戦~

改札を猛ダッシュで通り抜けて 階段上りきったらほらいつも電車はいない 鮮やかな生き様を無修正で頼むよ 腑抜けを思い知りたいアスファルトに沈んで

JI・MO・TOの顔かわいいトモダチ

地元じゃあ私のあるある ないないすぎてつらいんだな 東京で好きなカルチャーで踏み絵して だいたい同じ青春の友達できて