1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大沢誉志幸
  3. 大沢誉志幸の歌詞一覧

大沢誉志幸の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月22日

17 曲中 1-17 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

Freeze Frame (5分間だけのオリジナリティ)

大沢誉志幸

作詞:竹内学

作曲:大沢誉志幸

歌詞:泳ぎ着くホテルルーム 汗のつたう上向きのボディーライン 絡みつく視線は ほてりを持て余したディザイア

初恋

大沢誉志幸

作詞:朝水彼方

作曲:大沢誉志幸

歌詞:言葉なくす 夕暮れ 小指だけでささえあって 二人歩くこの道

瞳のパラレル

大沢誉志幸

作詞:神沢礼江

作曲:大沢誉志幸

歌詞:どんな明日が来るかなんて わからなくていいさ 月明かりに ふたつの今 重ねてみたい

ゴーゴーヘブン

大沢誉志幸

作詞:銀色夏生

作曲:大沢誉志幸

歌詞:悪いヤツだぜ いつまでも だましてばかりで こんなになるまで信じてたので 身も細るはずさ

愛する能力 ~明日へ、未来へ~

大沢誉志幸

作詞:尾上文

作曲:大沢誉志幸

歌詞:この地球で 一人の君と会い かけがえないものを 僕は知ったよ 自分らしく

naive

大沢誉志幸

作詞:朝水彼方

作曲:大沢誉志幸

歌詞:コートのポケットで 君の手を握った 僕らの距離に今 儚なさを覚えて 誰も静かな眠りについた

Serious BarbarianⅢ Changin'~

大沢誉志幸

作詞:大沢誉志幸

作曲:大沢誉志幸

歌詞:理由もなく ただそれだけで 灼けつく肌を求めている ゼロの角度で口づけて

Serious BarbarianⅢ ~月と密林

大沢誉志幸

作詞:杉林恭雄

作曲:大沢誉志幸

歌詞:Gimme your Jungle! 君の Jungle!

ずっと甘い口唇

大沢誉志幸

作詞:西脇唯

作曲:大沢誉志幸

歌詞:絶え間なく揺れる波音だけが 流されてゆく二人をつつむ 汗ばむ素肌をふきぬけてゆく 熱い海風

DOLL

大沢誉志幸

作詞:杉林恭雄

作曲:大沢誉志幸

歌詞:つめたいガラスを 流れる雨の むこうでにじんだ 消えかけたページのような街

Oh! Met∞cha(つまりはすべて夢のせいにすればいい)

大沢誉志幸

作詞:大沢誉志幸

作曲:大沢誉志幸

歌詞:夜が知っている悲しみは 記憶の骨にぶら下がり アノ言葉を殺しながら アノ行為をくり返す シュダルー

遠い約束

大沢誉志幸

作詞:西脇唯

作曲:大沢誉志幸

歌詞:瞳をもっと近づけて 僕から目をそらさずに 素足を波にあそばせる 君にそっとくちづけた

誰のためでもない欲望 (Peep & Deep inside)

大沢誉志幸

作詞:柳川英巳

作曲:大沢誉志幸

歌詞:奇妙な果実を口にふくんで シャワーを浴びてる 女のシルエット 何を求めている でたらめなアングルで

Plot 3 (南へ行けなかった男)

大沢誉志幸

作詞:土屋久美子

作曲:大沢誉志幸

歌詞:トランクを片手に NEWSPAPERを小脇にはさんだ男。 ふと足元を見ると 靴ひもがほどけている。 男はトランクを降ろし

夜の色彩

大沢誉志幸

作詞:尾上文

作曲:大沢誉志幸

歌詞:水に揺れる街の光が たどれない愛のようだ 黒い影に肩を寄せて 冷たい鼓動を聞いた 夜の色彩に溶ける

微笑みだけがそこにいる

大沢誉志幸

作詞:西脇唯

作曲:大沢誉志幸

歌詞:無口になった君のとなりで 僕は毎日 空を見ていた くちびるも動かない横顔が ガラスの向こう

そして僕は途方に暮れる

大沢誉志幸

作詞:銀色夏生

作曲:大沢誉志幸

歌詞:見慣れない服を着た 君が今 出ていった 髪形を整え テーブルの上もそのままに

大澤 誉志幸(おおさわ よしゆき、1957年10月3日 - )は、日本の歌手、作曲家、音楽プロデューサー。本名同じ。東京都杉並区高円寺出身。駒澤大学卒業。身長170cm。血液型AB型。1999年(平成11年)までは大沢誉志幸(読みは同じ)名義で活動していた。2歳違いの兄が1人いる。 wikipedia