1. 歌詞検索UtaTen
  2. 天地真理
  3. 天地真理の歌詞一覧

天地真理の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月29日

68 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

水色の恋

天地真理

作詞:田上えり..

作曲:田上みどり..

歌詞:さよならの言葉さえ 言えなかったの 白雪姫みたいな心しかない私 遠く去って行く人に 涙だけが

恋する夏の日

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:あなたを待つの テニスコート 木立ちの中のこる 白い朝もや あなたは来るわ

君よ知るや南の国

天地真理

作詞:ゲーテ..

作曲:トーマ

歌詞:君よ知るや南の国 香る風に オレンジの花 夢に描く 南の国

恋人もいないのに

天地真理

作詞:落合武司

作曲:西岡たかし

歌詞:恋人もいないのに 薔薇の花束抱いて いそいそ出かけて行きました 空はいつになく 青く澄んで

虹をわたって

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:虹の向こうは 晴れなのかしら あなたの町の あのあたり 小さな傘が

ひとりじゃないの

天地真理

作詞:小谷夏

作曲:森田公一

歌詞:あなたが ほほえみを 少しわけてくれて わたしが ひとつぶの

夢ほのぼの

天地真理

作詞:橋本淳

作曲:小林亜星

歌詞:坂道を登ればアパートの灯りが 木枯しにふるえて淋しくゆれていた 幸せをねだることさえ 知らない私が悲しくて ひとり寝の夜なら来ないで

小さな人生

天地真理

作詞:安井かずみ

作曲:筒美京平

歌詞:西日がさしこむ窓 低くかけた ラジオの歌に 振りむく二人が ここにいます

初めての涙

天地真理

作詞:安井かずみ

作曲:宮川泰

歌詞:毎日 あなたを好きだと この目で この手で伝えてる この気持ちわかってくれない

京都でひとり

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:川口真

歌詞:あなたに何も言わず京都へと着きました 静かに二人の愛考えたいのです 人影のたえたお寺ひとりでめぐったら 急に熱い涙流れて来ました こんなことははじめて

愛のアルバム

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:アア あなたには小さなことかも知れない 別れる時にあなたの姿 見えなくなるまで送るの アア

恋の風車

天地真理

作詞:林春生

作曲:筒美京平

歌詞:あなたに愛を告げる 言葉を探しましょう 並木道を歩く二人に 朝のひかり お店の窓を飾る

恋人たちの港

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:はじめてよ二人して 港へと来てみたの キラキラと船灯り 夢見ているみたいにきれい 白いあの船に乗り

さよならは心をこめて

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:この道が終るところで この愛も消えてゆくのね さよならをあなたに告げて あの道をひとりでゆくの だけど私は

もの想う季節

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:坂道の上の教会の扉 私はいつしか開けていた オルガンが響く片すみで一人 愛のときめきを感じたの いつの間に心の中は愛にあふれ

花ひらくとき

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:誰もみな恋をした時に 娘たちは咲くのよ 愛し合うよろこびを知って 花のように咲くの 私もあなたに

ふたりの日曜日

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:平尾昌晃

歌詞:バスは朝日の中を どこへ走るの 今日もあなた待つ街へ 向うのよ そうよ

真冬のデイト

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:平尾昌晃

歌詞:木枯し吹いてる 並木の道も 二人で歩けば 愛の舗道 寒くはないのよ

ポケットに涙

天地真理

作詞:小谷夏

作曲:森田公一

歌詞:どうして行くのと 問いかけられたら どうしてもと 答えるしかないの なつかしいまなざしの

今は想い出

天地真理

作詞:山川啓介

作曲:網倉一也

歌詞:セピアの街角に 春が香りだすと 今もあなたの顔が声が あざやかよ 歌うその横顔

私が雪だった日

天地真理

作詞:山川啓介

作曲:網倉一也

歌詞:私が雪だった日 きっときれいだった 誰かをはしゃがせて 誰かを凍らせた

不器用な女

天地真理

作詞:網倉一也

作曲:網倉一也

歌詞:そう思ったこともあるわ もっとうまくやれたらと でも私 やっぱり不器用な女ね あなたきっと

初恋のニコラ

天地真理

作詞:MATE PETERS..

作曲:MATE PETERS..

歌詞:ここから歩くわ 車を止めて…… 部屋まで来ないで……心が揺れる 哀しいほど

旅人は風の国へ

天地真理

作詞:松本隆

作曲:森田公一

歌詞:心まで許した人に裏切られれば 人生が灰色に見えても仕方ないし そうね 私も偉そうに言える柄じゃないけど うつむいて悩むより忘れる事ね

愛・つづれ織り

天地真理

作詞:松本隆

作曲:森田公一

歌詞:2月10日 晴れ トレンチ・コートきゅっと絞って 行方知らずが帰って来たわ 久し振りねと憎まれ口の

海辺まで10マイル

天地真理

作詞:橋本淳

作曲:小林亜星

歌詞:海辺まで10マイル 急ぐことはないわ この先の小さな店でお茶にしませんか 眠たげなまなざしが 似合わないあなた

愛がほしい

天地真理

作詞:岩谷時子

作曲:佐瀬寿一

歌詞:あなたと私がいる それが愛 二人の瞳があう それが愛 そばにいてなんとなく

愛の渚

天地真理

作詞:岩谷時子

作曲:弾厚作

歌詞:愛の砂浜をそめる赤い夕陽 ふたりで見つめる日暮れの空よ あなたは海の男と呼ばれ 潮に灼けたひろいその胸で 私はいつまでも

明日への愛

天地真理

作詞:安井かずみ

作曲:筒美京平

歌詞:わたしから 愛をとったら 何にも 残らないでしょう どうぞ

一杯のレモンティー

天地真理

作詞:岩谷時子

作曲:筒美京平

歌詞:木漏れ日の街角 明るいテラス 寂しくひとりで 一杯のレモンティー あの人はうしろから

矢車草

天地真理

作詞:岩谷時子

作曲:筒美京平

歌詞:あの人はもういない 矢車の花は咲いたけど 逢いたくて逢いたくて はだしでかけた私 誰にもわからない悲しい恋は

ある恋の感想

天地真理

作詞:安井かずみ

作曲:筒美京平

歌詞:偶然あなたと 出合った街角は 約束して いたような 夕暮れでした

家なき子

天地真理

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:あなたの腕に帰れない 小さな事で喧嘩して 地下鉄の駅に 普段着のままとびだした 行くあてもない私

レイン・ステイション

天地真理

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:揺れるガラス 流れる雨粒 こんな日はあの人が駅まで迎えに来た 山手線で原宿すぎれば 傘を持つあの人が見えるような雨の街

一枚の写真

天地真理

作詞:安井かずみ

作曲:川口真

歌詞:一枚の写真から 思い出が ほどけるの あの時 何げなく

夕陽のスケッチ

天地真理

作詞:宮中雲子

作曲:筒美京平

歌詞:夕陽に手のひら すかしてみたら 指が赤く 燃えていたの わたしの胸も

明日また

天地真理

作詞:山口洋子..

作曲:筒美京平

歌詞:行きませんかと 誘われたの さりげなく私 断ったのよ とてもふしぎね

さよならこんにちわ

天地真理

作詞:山口洋子..

作曲:筒美京平

歌詞:さよなら さよなら こんにちわ 人波 バス停

また逢うためにさようなら

天地真理

作詞:鈴木悦夫

作曲:森田公一

歌詞:こぼれ落ちる涙 孤り耐える夜は 今日のこの微笑を 想い出そう 誰もちがう道

ブランコ

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:わけもなく人恋しくて ブランコに揺られているの 子供達さようなら告げ帰った 公園に一人いるの あの人は忘れたかしら

木枯らしの舗道

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:街の舗道に 木枯らしふきぬける さよならを言いましょう 次の角で いつか月日が流れていったなら

素晴らしい青春

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:あなたは不思議な人 私を変えてしまうの 何かがいつも起る 二人でいると ロックを聴きに

ある雨の日の情景

天地真理

作詞:伊庭啓子

作曲:吉田拓郎

歌詞:バスが止まって 外は雨がふっている ガラス窓に いっぱい並んだ雨だれの むこうで誰かが

わたしの場合

天地真理

作詞:安井かずみ

作曲:森田公一

歌詞:一年・二年 会わないうちに いろんな事が 通りすぎた お互いに

想い出のセレナーデ

天地真理

作詞:山上路夫

作曲:森田公一

歌詞:あの坂の道で 二人言ったさよならが 今もそうよ 聴こえてくるの また眠れなくて

小さな日記

天地真理

作詞:原田晴子

作曲:落合和徳

歌詞:小さな日記につづられた 小さな過去のことでした 私と彼との過去でした 忘れたはずの恋でした

あなた

天地真理

作詞:小坂明子

作曲:小坂明子

歌詞:もしも私が家を建てたなら 小さな家を建てたでしょう 大きな窓と小さなドアーと 部屋には古い暖炉があるのよ 真赤なバラと白いパンジー

サルビアの花

天地真理

作詞:相沢靖子

作曲:早川義夫

歌詞:いつもいつも思ってた サルビアの花を あなたの部屋の中に 投げ入れたくて そして君のベッドに

花嫁の友だち

天地真理

作詞:安井かずみ

作曲:森田公一

歌詞:小さな すずらんの花束を わたしは そっと手渡した 花嫁姿の友だちは

恋と海とTシャツと

天地真理

作詞:安井かずみ

作曲:森田公一

歌詞:横じまTシャツを まねして あの人の事が好きよ 先回りして この砂浜

天地 真理(あまち まり、1951年11月5日 - )日本の女性歌手。70年代アイドル。埼玉県大宮市(現さいたま市)出身。 wikipedia