1. 歌詞検索UtaTen
  2. 天童よしみ
  3. 天童よしみの歌詞一覧

天童よしみの歌詞一覧

321 曲中 1-50 曲を表示
タイトル アーティスト 歌い出し

人生讃歌~渡る世間は鬼ばかり ~(TBS系ドラマ 渡る世間は鬼ばかり テーマソング)

天童よしみ 慈しむたび胸に 愛が咲くの 一期一会の人生 彩りながら

一番星

天童よしみ 逆まく波が 打ちよせて 行く手をはばむ 人生航路 負けてたまるか

かたおもい

天童よしみ 泣いて…泣いて 泣いてどうなる恋じゃない 知っていながら また涙 黒髪の

人生一路

天童よしみ 一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな

珍島物語

天童よしみ 海が割れるのよ 道ができるのよ 島と島とが つながるの こちら

お座敷小唄

天童よしみ 富士の高嶺に 降る雪も 京都先斗町に 降る雪も 雪に変りは

ソーラン祭り節

天童よしみ ありがとう 母なる漁海よ 豊年万作だ 父なる大地 鳴子ならして

誰か故郷を想わざる

天童よしみ 花摘む野辺に 日は落ちて みんなで肩を 組みながら 唄をうたった

花吹雪

天童よしみ 風に舞い散る 花びらが 二人に優しく 降りしきる あなたの故郷

ひばり・・・に恋して

天童よしみ 春にみどりの 風が吹く 秋に野山が もえている 季節季節に

旅まくら

天童よしみ 誰を探して ここまで来たと 私を呼ぶよな 三陸かもめ 宮古

きずな橋

天童よしみ 風の寒さに 耐えてこそ 花は色づく 実を残す 夢を心に

人生の並木道

天童よしみ 泣くな妹よ 妹よ泣くな 泣けば幼い 二人して 故郷をすてた

大ちゃん数え唄

天童よしみ 一ツ他人より力もち 二ツふるさと 後にして 花の東京で 腕だめし

泣かへんわ

天童よしみ あんたの心に 誰かが住みついて 出て行ったのさ この部屋を 追いかけて

ふるさとの燈台

天童よしみ 真帆片帆 唄をのせて通う ふるさとの 小島よ 燈台の岬よ

あんたの花道

天童よしみ 鳶が天まで 舞い上がるには 送り風より 向かい風 夢を捨てずに

北海めおと節

天童よしみ 凍りつくよな 根室の沖へ あんた夜明けにゃ 船を出す 男度胸の

やっぱ好きやねん

天童よしみ もう一度やり直そうて 平気な顔をして いまさら さしずめ振られたんやね あんた

貴方といきる

天童よしみ ひと雨ごとに 彩づく花に おんなは夢を 見るのです おまえを一生

酒きずな

天童よしみ 一度結んだ 命のきずな 結び通して どこまでも これが二人の

夜明け

天童よしみ 恋がひとつ冷めて 暗い夜が明ける ながれない堀割に 光る朝がきたわ 出て行った

道頓堀人情

天童よしみ ふられたぐらいで 泣くのはあほや 呑んで忘れろ 雨の夜は 負けたらあかん

なんで泣く

天童よしみ 泣くな なんで泣く たかが女ゆえ 雨にうたれ 想い出洗い流し

天童よしみ 天を貫く 檜なら 土に根を張れ しっかりと そうさ人生

故郷へ

天童よしみ 都会の雨が 今日も冷たく 胸の空き間に こぼれる 寂しくて

人生しみじみ・・・

天童よしみ 世間という字が 読みきれなくて つまずき転んだ うきよ坂 生きてりゃきっと

涙の渡り鳥

天童よしみ 雨の日も風の日も 泣いて暮らす わたしゃ浮世の 渡り鳥 泣くのじゃないよ

天童よしみ なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

あなたのすべてを

天童よしみ 名前も知らない 貴方と私 なのに不思議ね 胸がときめく 恋はこうして

愛燦燦

天童よしみ 雨 潸々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

パンの耳

天童よしみ ジングルベルが 鳴る頃は 売れない歌手も 稼ぎ時 あの夜は日野から

小夜曲~セレナーデ~

天童よしみ 駅の北口 片隅で 歌うあんたを 見つけたよ 夢を捨てずに

いつでも夢を

天童よしみ 星よりひそかに 雨よりやさしく あの娘はいつも 歌ってる 声がきこえる

歌姫越え

天童よしみ 山が恋しと 歌うのは こだまを探す 恋ごころ ふたりでは

春が来た

天童よしみ あきらめかけてた 女の夢ひとつ 初めて咲きました あなたの優しさで 守って下さい

旅ひとり

天童よしみ 雲が流れる 磐梯山を 写す湖水の アカザの花よ どんな遠くに

女のあかり

天童よしみ 咲いた花には その花の 涙もあれば 意地もある 人も同じね

無法松の一生(度胸千両入り)

天童よしみ 小倉生れで 玄海育ち 口も荒いが 気も荒い 無法一代

浪花節だよ人生は

天童よしみ 飲めと言われて 素直に飲んだ 肩を抱かれて その気になった 馬鹿な出逢いが

黒髪

天童よしみ ながい黒髪 まかせることは 女にとって 命あずけた 証です

十勝川

天童よしみ 逢えなくなって 気がつきました あなたが私の 終着駅と 別れてつのる

織田作之助原作「夫婦善哉」より 蝶柳ものがたり

天童よしみ 憂き世算盤はじいてみたら、 苦労七分に仕合わせ三分。 お釣りもこない才覚を、 値切ったあげく添わせておくれと願かける。 この世は人生紙芝居、泣いて笑ろうて、

おでん人生

天童よしみ おでんみたいな あんたと私 浮気なちくわ 頑固ながんも お鍋の底でも

満天星~どうだん~

天童よしみ ボタおろし 夜っぴて荒れた せいかしら 燃え残る星が 燦いて

一期一会

天童よしみ 明日を手さぐり 足踏みしても うしろだけは 向いちゃだめ 世渡り下手と

男どうし

天童よしみ 俺もおまえも 世間の隅に 風に吹かれた 枯れ落葉 よせよ

夕月おけさ

天童よしみ 波のしぶきか 淡雪か こころ細さを また運ぶ 女ひとりの

旅笠道中

天童よしみ 夜が冷たい 心が寒い 渡り鳥かよ 俺等の旅は 風のまにまに

股旅

天童よしみ 男渡世の しがらみゆえに 日陰街道 流転笠 ぐちじゃ弱気じゃ