1. 歌詞検索UtaTen
  2. 太田裕美
  3. 太田裕美の歌詞一覧

太田裕美の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月29日

127 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

さらばシベリア鉄道

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:大瀧詠一

歌詞:哀しみの裏側に何があるの? 涙さえも氷りつく白い氷原 誰でも心に冬を かくしてると言うけど あなた以上冷ややかな人はいない

木綿のハンカチーフ

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:恋人よ 僕は旅立つ 東へと向う列車で はなやいだ街で 君への贈りもの

満月の夜 君んちへ行ったよ

太田裕美

作詞:山本みき子

作曲:太田裕美

歌詞:満月の夜 君んちへ行ったよ 満月の夜 君んちへ行ったよ なのに

僕は君の涙

太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

歌詞:涙があふれて 大地にこぼれた まぶしい真夏の陽射しを浴びたら 水蒸気になり 青い空

恋人たちの100の偽り

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:ゼラニウム香ばしい坂道の朝 花の茎折りながらあなたが聞いた もしぼくがいなくても生きてゆけるね 平気よとくちびるとがらせたっけ 嘘つくの下手ね

スカーレットの毛布

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:もう起きてたの うす瞳を開けて いつから寝顔のぞいていたの ブラインドからさした夜明けが あなたを包む

茉莉の結婚

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:最初のスピーチは小夜子 ちょっぴり翳のある小夜子 あの頃名うてのおしゃれぐるいで グッチのバッグを粋に抱いていた 男は毎日変えるのよって

夏のクラクション

太田裕美

作詞:売野雅勇

作曲:筒美京平

歌詞:海沿いのカーブを君の白いクーペ 曲がれば夏も終わる… 悪いのは僕だよ 優しすぎる女に 甘えていたのさ

恋のハーフ・ムーン

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:大瀧詠一

歌詞:なんとなんとなくハーフ・ムーン少しだけハネムーン 待って待って待って Kiss or No

Virginから始めよう

太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

歌詞:時は静かに流れて 何もかも変えるけど 君の瞳は今でも あのころを映すよ

ベロアの秘密

太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:GONTITI

歌詞:夢の扉開けて 長い橋を渡り 逢いにゆくわね 裸足のままで

雨だれ

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:ひとり雨だれは淋しすぎて あなた呼びだしたり してみたの ふたりに傘がひとつ 冬の街をはしゃぐ

あい

太田裕美

作詞:松本一起

作曲:伊勢正三

歌詞:あいって、どこにある みんなもってても、わからない ときめいたり いたくなったり むねをおさえても、そこにない

強い気持ち・強い愛

太田裕美

作詞:小沢健二

作曲:筒美京平

歌詞:Stand up, ダンスをしたいのは誰? Stand up,

友達よ泣くんじゃない

太田裕美

作詞:阿久悠

作曲:鈴木邦彦

歌詞:友達よ泣くんじゃない 今はつらいけど 友達よ泣くんじゃない 明日は晴れるから 君の胸の奥は

やさしい街

太田裕美

作詞:ちあき哲也

作曲:太田裕美

歌詞:どこからか賑やかな お餅をつく音 月島へ越してきて 二度目の冬です… あーあんなこともあったと

青空の翳り

太田裕美

作詞:来生えつ子

作曲:浜田金吾

歌詞:哀しみをさりげなく 笑いばなしに 出来る女は素敵ね 歓びも おだやかに

海が泣いている

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:海が泣いている 生きもののように 黒馬のように走る波 潮風にしめる煙草を放ると 振り向くあなたのこわい顔

ガラスの世代

太田裕美

作詞:ちあき哲也

作曲:太田裕美

歌詞:もういいかい…まあだだよ ガラスみたいな まぼろしぬけて 素顔のあなたよ この指とまれ―――

Silky Morning

太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

歌詞:朝露きらめいて みどり葉が揺れる 消し色にぼやけて 木立ちがざわめく 輝く陽だまりに

ロンリィ・ピーポーII

太田裕美

作詞:下田逸郎

作曲:岡本一生..

歌詞:裸足で歩けば波が 心にまでしみてくる おびえているのはあなた 私は初めて気づく 色んな愛があるよと

夕焼け

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:あなたに逢えた まぶしい夏が 目に浮かぶ 夕焼け 陽に灼けた

しあわせ未満

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:20才まえ ぼくに逢わなきゃ 君だって違った人生 白い夏 裸足の君に

たんぽぽ

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:あなたの声が聞きたくて 街の電話をかけたのに 話し中の相手は誰 誰ですか 雲のようにひろがる

暗くなるまで待って

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:コトコト響くサイホンに珈琲が揺れる 夕陽はもう斜めの色 あゝあなたから誘ったくせ 待たせてかわすの 心の綾

ナイーブ

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:あなたはTVの映画を見ても ほろりと泣くほど感じやすいの 男のくせにとひやかすけれど 涙は生きてる証拠だよって 許してあなた

天国と地獄

太田裕美

作詞:松本隆..

作曲:筒美京平..

歌詞:太陽が微笑みかける 風の街 空いた電車に広告が舞う アネモネの鉢ひとつひざに乗せ 風を枕に

ピッツア・ハウス22時

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:サラミとオニオンそれとアンチョビ キャンティのワインとグラスをふたつ 紙ナプキンをひざに広げて まっすぐぼくの眼を見るんだね

わかれの会話

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:夕立ちの窓に頬寄せる 君はもう少女じゃないね 昔なら稲妻それは ぼくの手に抱きついたのに ひどいわ今も私の

オレンジの口紅

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:去年の季節のかわり目に 私が借りてたサマーセーター どうすればこの海で返せるの ひと目だけでも逢えませんか 淋しい口実でしょうか

グレー&ブルー

太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

歌詞:空がグレーで心がブルーな日は 部屋の暖炉に火をくべて ビートルズを聞きながら 彼のセーターを編むの 空がグレーで心がブルーな日は

夏の扉

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:灼けた肌の色がうすらいでゆく 風も秋の匂いがするわ 眩しかった夏を見送るの あなたと―― 熱い砂は冷えてしまったけれど

ぬくもり

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:シグナルが青に変わるとき はじめてつないだ手なの 頬が切れるほど寒い風 手のひらだけが熱いわ おしゃれなウィンドウ

ひとりごと

太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

歌詞:青い空を 自由に飛べる羽根が 私にあれば あなたのそばへ 今すぐ飛んでいって

九月の雨

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:車の ワイパー 透かして 見てた 都会に

レイン・ステイション

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:揺れるガラス 流れる雨粒 こんな日はあの人が駅まで迎えに来た 山手線で原宿すぎれば 傘を持つあの人が見えるような雨の街

Romanticが止まらない

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:筒美京平

歌詞:長いキスの途中で (さりげなく) 首飾りを外した (指さきで) 友だちの領域から

私は忘れない

太田裕美

作詞:橋本淳

作曲:筒美京平

歌詞:北国の青空に さよならを告げるのがつらいわ 抱きしめた花束が 未練の気持なの あの人の倖せを

ガールフレンド

太田裕美

作詞:橋本淳

作曲:筒美京平

歌詞:僕のかわいい友達は (マイ・ガール) 白いテラスに囲まれた 夢のお城に住んでいる 星よ星よ

さらば恋人

太田裕美

作詞:北山修

作曲:筒美京平

歌詞:さよならと書いた手紙 テーブルの上に置いたよ あなたの眠る顔みて 黙って外へ飛びだした いつも幸せすぎたのに

タイムマシーン

太田裕美

作詞:藤井フミヤ

作曲:筒美京平

歌詞:君に初めて会った時 髪の先までくぎづけさ 目と目が合った あの瞬間だった 天使がいたのさ

人魚

太田裕美

作詞:NOKKO

作曲:筒美京平

歌詞:アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春風の中で月がのぼるまで その笑顔を しぐさを

真夏の出来事

太田裕美

作詞:橋本淳

作曲:筒美京平

歌詞:彼の車にのって 真夏の夜を走りつづけた 彼の車にのって さいはての町 私は着いた

曼珠沙華

太田裕美

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

歌詞:涙にならない悲しみのある事を 知ったのは つい この頃 形にならない幸福が何故かしら

風立ちぬ(ミセスロイド‘97 水着篇(白元) CM Version)

太田裕美

作詞:松本隆

作曲:大瀧詠一

歌詞:風立ちぬ 今は秋 帰りたい 帰れない あなたの胸に

やあ!カモメ

太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

歌詞:カモメ カモメ 翔んでゆくのよ 高く遠く 翼広げて

夢からさめても

太田裕美

作詞:山元みき子

作曲:太田裕美

歌詞:坂道の途中で ほどけたリボンを 立ち止まって結んだ ため息の花吹雪 そよ風に誘われて

青い実の瞳

太田裕美

作詞:山元みき子

作曲:太田裕美

歌詞:立ちすくんで 微笑んだ 景色が急に止まったらしい 両手いっぱいかかえた青い実 落とさないでね

雨降りお月さん

太田裕美

作詞:野口雨情

作曲:中山晋平

歌詞:雨降りお月さん 雲の蔭 お嫁に行くときゃ 誰とゆく 一人でからかさ

お墓通りあたり

太田裕美

作詞:山本みき子

作曲:太田裕美

歌詞:9月の雨あがり お墓通りを自転車こぐ めげてる友達に よろしくと伝えにいくんだ

太田 裕美(おおた ひろみ、1955年1月20日 - )は日本のシンガーソングライター。 本名・福岡 弘美(ふくおか ひろみ、旧姓:太田)。東京都荒川区生まれ・埼玉県春日部市育ち。血液型はA型。夫は音楽プロデューサー・福岡智彦。2男あり。 wikipedia