1. 歌詞検索UtaTen
  2. 奇妙礼太郎
  3. 奇妙礼太郎の歌詞一覧

奇妙礼太郎の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

エロい関係

みんなが見てるその前で 二人にしかわからない 言葉で話をしよう 僕らはエロい関係

ロックンロールコンプレックス

恋にやぶれてしまったら ロックンロールを歌いたい うつむいてしまった僕のソウル ロックンロールが歌えない

水面の輪舞曲

夜の河原で 愛が溺れた 水面の月に 幸せがこぼれた 生まれた意味に

同じ月を見ている

同じ 同じ 同じ 同じ 同じ

強靭な肉体

ビクともしない強靭な身体をもって 来る日も来る日もROCK唄ってる 朝から晩までギターを弾いてるか もしくは女の裸を想像してる

More Music

どうしてだろう 胸が騒ぐ 君に初めて会った 時に似てる Music

わたしの歌

テレビでは楽しそうに有名な人が美味しそうなハンバーグを食べている ああ あああ ああああ わからないことばかりでいいよ

眠れないなぁ

眠れないなぁ どうしてだろう なんだかとても 寂しいよ

恋愛重症

すてきなひと 美しいひと 「はじめまして」はそんなもんだった のが 今では

セカンドライン

君のことも知らないまま この人生を終えるなんて まっぴらごめんだって思うんだよ 今しかない 仕事中にメール打っても

1972

靴を脱ぎ捨て 裸足になった 追いかけて 追いかけて

さっきまでの君は これから思い出になる さっきまでの僕は これからどうするんだろう さっきまでのところに

東京23区

東京23区 夜の街 街角に立ち 風待ちの君は独りぼっち

春だったのかな

僕は悲しくもないよに悲しい事があった気がする あああああ 歌を聴いてる そんな日がある 漫画読んでも

くま

冬は 冬は 冬は 冬は 眠ってるくまが

泥の月

誰も誰かを褒めたりしないけど 別にそれでいいじゃないか 汗とタバコ 酒となにか 汗とタバコ

よっぱらってる、いつも

いくら僕に愛の言葉を とびきり甘く囁いても 素晴らしいと褒め称えても 美味しいよと誘っても

星を眺めて思い出すだろ あの街の夜明け 星を数えてわからなくなる 今、この先見て考えろよ

君はセクシー

弱々しい君セクシー 消え入りそうな背中 か細い腕もセクシー 抱きしめたら壊れそう

白鳥のおもちゃ

欲しいものは全部 手に入れたかいBABY 月に埋もれた砂漠の夢の果てを 追いかけている ようなフリをして

欲望のしるし(映画 天使のいる図書館 主題歌)

You've been write in home.

Woman

Hey woman なにもかもぜんぶ かなえてしまいたがる Hey

眠り時計と王の月

パーティがはじまる 用意をしようか パーティがはじめる 準備をしナイト ALLRIGHT

NEWTON

りんごひとつ 落ちてきそう うまくつかんでみせる 見てて 海のにおい

Nobody knows

明日の行方は 誰にもわからない ボニー&クライド 夜は長く暗い

ボタンホール

そでにとめた ボタンの穴 ほどけた糸 風に飛んだ ああ

新しいノート

新しいノートを開けば 何も書くことがないとわかる 新しいペンを握れば ああ 何もない透明人間

ピアノメン

Hey, Pianoman きかせておくれ ブルーな気持ちをそのままに Hey,