1. 歌詞検索UtaTen
  2. 寺田恵子
  3. 寺田恵子の歌詞一覧

寺田恵子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

戦場のダンス ~dance in the battlefield~

太陽に焼きつくされて 孤独な夜空に星を見る かすかに聴こえるメロディ 懐かしすぎて思い出せない 背中向けた

同じ匂いがした

缶ビール手に親指たてて停めた トラックの荷台に揺られながら旅をした 知ってるだけジョーク集め 荷物なんてポケットの中 ルージュひとつ

Open Your Heart

悲しげな目をしてるね (in my eyes)(I'm so

WISH ~風よ、嘆きの河を渡れ~

翼を灼かれた 堕天使でも 歌は歌える 青い空を返して それだけでいい

私は嵐 (Acoustic Version)

無限の風にさらわれて 眩しい稲妻を追いかけた あの日の二人が見ていた 空は今も変らない

Fire In The Rain

Rain, 降りそそぐ この燃える胸に My Love,

身も心も

犬の遠吠え ひとしきり激しく 身体起こして 時計を見れば 夜はまだまだ

1000の砂漠

高層ビルの陰に隠れ ニヤつく声が響く 飢えた子供の澄んだ瞳を 盗んだ奴が笑う

"Hello Everybody" To You

小さな鐘の音と 冬の丘で生まれた 一人で淋しさも 苦しみも分かち合って

Thank you, love

心のままに生きて 無茶な事してるけど 強いだけじゃ 淋しすぎる

イヴは私だけ

ただれた空オイルの雨が 降りしきり樹木が消える世紀末 大地が割れ人は死に絶え 何もかもが腐ってゆく世界でも

Shades Of Funk

Stop your noisy face Stop

Dream Again

私の涙など 見たこともない みんながそう言うわ 強い女だと ため息もこぼれないほどに

嫌んなった with 木村充揮

嫌んなった もう駄目さ だけどクサるのは止めとこう 陽の目を見るかも この俺だって

空へ

ぼんやりと 浮かんだ雲のように さまよいたいと 思った頃から

女は火薬でできている

今にも壊れそうな エンジンがたつかせて 地平の果てを越える あたしのバスが走る 旅に地図はいらないさ

大地の上で

地平線へ続く午後の草原に 陽射しのなか遊ぶ子供達の声 ラムネの泡のように はじけて飛び交ってる 白い雲が高い空を

聖なる者よ

蒼く澄んだ空 深い海 限りない大地 水の冷たさに 傷ついていた身体を

Selfish Girl

濡れた髪が 乾くまで 電話には出たくない 気にしないわ お気に入りのミニスカートに

瞳にもたれて

待合わせの 駅で あなたを待つ ありふれた そんな

WALK

夜が終わる前に あの街を飛び出した 二人は 自由求めて

孤独な花火

やけにほら 思い出とか すがりたくなる夜もあるよね 真夜中に一人きり叫び出したくなったり

Piece of my heart

I've been trying I've been

インモラル

海に浮かぶ未来都市にキングコング現われ 罪もない女の悲鳴 街に渦を巻く夜明け 路地裏でふたりは軽いキス

唾を吐け

飴玉を目の前に出されいらないと 手をはらえば塀の外へと出されたよ ギリギリの崖のふちに立ち見た世界 暗すぎて見えないけどとび降りた

Aja-moo

満月の夜 浮かぶ涙に 祈りを込めて 人々踊る

Drive Me Crazy

闇を突き破る 光の様に うなる爆音を 鳴らして見せるわ

BODY&SOUL

抱き合って 揺れる二人は 何色の夢を見てるの からみあう 罪な仕草で

NEVER ALONE

同じ夢を見ながら 走り続ける 言葉にならない 思いを 今

目を開ければ

閉じた目を開ければ 涙が果てなく零れる 歴史は繰り返す 破滅の順路を 迷わず進んでる