1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小野由紀子
  3. 小野由紀子の歌詞一覧

小野由紀子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月16日

35 曲中 1-35 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

紀ノ川

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:岡千秋

歌詞:人の世は… 流れる水に逆らえば 生きて行くにはつら過ぎる 許してね 我儘を

忘れ花

小野由紀子

作詞:杉紀彦

作曲:岸本健介

歌詞:季節はずれの 雪もよう みやこ忘れの花に舞う 忘れたくない 忘れたい

他人船

小野由紀子

作詞:遠藤実

作曲:遠藤実

歌詞:別れてくれと 云う前に 死ねよと云って ほしかった ああ

パラダイス東京

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:弦哲也

歌詞:ああ東京 東京 愛が花咲く この街は パラダイス

雨のタンゴ

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:大谷明裕

歌詞:うしろ姿を 眼で追いかけた 傘もささずに 去り行く君よ くちなしの花が

恋千鳥

小野由紀子

作詞:下地亜記子

作曲:徳久広司

歌詞:沖は荒海 佐渡の島 ここは越後の 港町 赤い椿の

椿の宿

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:保田幸司郎

歌詞:雨のしずくに 耐え切れなくて ホロリこぼれた 一輪は 未練涙を

深川雀

小野由紀子

作詞:逢坂俊季

作曲:弦哲也

歌詞:娘十六 恋染めし 亀戸天神 願かけ参り つれない御神籤

恋あやめ

小野由紀子

作詞:星野哲郎

作曲:叶弦大

歌詞:嘆きの雨に 色濃く染まる 花は 女の 意気地です

野菊

小野由紀子

作詞:石本美由起

作曲:遠藤実

歌詞:人の別れの 淋しさを 泣いて今年も 咲くだろう 野菊

屋久島

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:弦哲也

歌詞:屋久島 シャクナゲ 咲く時は 黒潮は 海から空へと

大阪ひとり

小野由紀子

作詞:二木葉子

作曲:大谷明裕

歌詞:浪花のおんなは 泣いたらあかん たばこ買うよな かっこして ふらりと消えて

あやめ旅鴉

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:弦哲也

歌詞:故郷を… 捨てて三年 流れて五年 今じゃ抱き寝の 一本刀

覚悟をきめて

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:弦哲也

歌詞:七つ転んで 八つで起きる 三十路 四十路の 坂道は

妖艶恋桜花

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:円理子

歌詞:花吹雪… 夢か うつつか まぼろしか 公達の面影

そして ボレロ

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:大谷明裕

歌詞:月の砂漠を 歩いてみたい 遠い眼をして呟いた 君の側には月見草 逢って別れを繰り返す

人情花舞台

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:円理子

歌詞:♪待った 待った ちょっと待っておくんなさいよ♪ 浪花生まれで

港のブルース

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:円理子

歌詞:「なぜか港に 降る雨哀し 別れた君を しのぶ雨」

サムライ

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:四方章人

歌詞:散り際を 真似て生きたい 桜花 散り際の

日本橋から

小野由紀子

作詞:二木葉子

作曲:大谷明裕

歌詞:風にじゃれてる のれんに賭けた ふたりの振り出し 日本橋 ちょいといなせで

嫁ぐ日まで

小野由紀子

作詞:村尾昭

作曲:北原じゅん

歌詞:できることなら 苦労をせずに 育っておくれすくすくと もみじのような 手をにぎり

舞曲・雪月花

小野由紀子

作詞:たかたかし

作曲:北原じゅん

歌詞:わかれの雪・なごりの雪・おんな雪 頬をぬらす 後朝の雪 抱かれたかず しあわせになれるものならば

すすきのブルース

小野由紀子

作詞:鳥井みのる

作曲:大久保明

歌詞:あなたを愛したあの夜から 私は淋しい女になりました 忘れはしない 霧降る街で 初めてふれた男のこころ

函館ブルース

小野由紀子

作詞:鳥井実

作曲:宮西豊

歌詞:泣けるものなら 声あげて 泣いてみたいの 思いきり 漁火よりも

二度目の操 ~セカンドバージン~

小野由紀子

作詞:遠藤実

作曲:遠藤実

歌詞:なんにもとりえは ございませんが 玉ねぎとじゃがいもの みそ汁がとくいです あゝ

椿さのさ

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:本條秀太郎

歌詞:紅い椿はね 紅い椿は おんなの涙 主の情に つい

しあわせ港

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:大谷明裕

歌詞:ここは しあわせ しあわせ港 波が踊れば カモメも踊る

歌行燈

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:弦哲也

歌詞:芸の蕾が 咲く時は 命の恋が 散ってゆく 儘にならない

炎舞

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:円理子

歌詞:お前様には かりそめの 恋であろうと いいのです 夜の帳が

築地明石町

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:四方章人

歌詞:川風がもつれさせたか 糸柳 義理が絡んだ 柵を 切ってあなたと暮らしたい

いいじゃないか

小野由紀子

作詞:円理子

作曲:弦哲也

歌詞:いつの時代も 人の世は 苦労九つ 幸せ一つ 背すじ伸ばして

泣かんとこ

小野由紀子

作詞:杉紀彦

作曲:岸本健介

歌詞:生まれる時に 大声あげて 泣いて出て来た 人生やないの あんたも私も

夫婦ごよみ

小野由紀子

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

歌詞:ついてゆくなら この人と 決めていました 本気です さよならばかりの

雪伝説

小野由紀子

作詞:野村耕三

作曲:弦哲也

歌詞:闇に絣を 織り上げながら しじまシンシン 雪が降る 思い出すのね

湯の町酒場

小野由紀子

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:風の 噂に さそわれて 降りたつ駅は 雪の中