小金沢昇司の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

おまえがいたから俺がいる

こんな男の どこがいい 酔いにまかせて 聞いてみる 交う情けの

春はもうすぐ

せめて今夜は 二人して 花を一輪 飾って いつもおまえは

小樽

雪の小樽よ 慕いは遠く あなたと歩いた 運河の町よ いまもこの胸

南部酒

酒を飲むなら 肴はいらぬ 茶わん ひとつが あればいい

黄昏ララバイ

忘れたはずでも 寂しくて あなたの背中を 探してる 夕暮れの街を

男のひとりごと

薄い扉の 小さな酒場 ここだけポツンと 昔のままで 一番奥の

みちづれ川

冷たい噂に 追われるように ふたりあの町 捨てて来た どこへ流れる

神楽坂

毘沙門天の おみくじを 坂の途中で 引いたのは 待ち人はもう

もう一度札幌

まるであなたを隠すよに 雪が降りしきる 胸に浮かべる 面影よ… 札幌

ありがとう…感謝

ありがとう ありがとう 言い尽くせない ありがとう

人生のそこかしこに

今も 夢があります 胸に抱えきれぬほど 人生 そうそれは夢を

赤いピアス

あなたの甘い あの囁きを 赤いピアスが おぼえてる つらい別れを

おまえだけ

私のぶんまで その夢追いかけて 傍に居ちゃ あなたの重荷よと 無理に

北都物語

あれから何年 経つのだろうか 君と別れた あの日から ひとり北国

昭和の歌よ

あの頃聞いた 流行の歌が 今でも 聞こえる 裏通り

Happy Birthday~花束を添えて~

Happy Birthday Happy Birthday 大切なあなたに

惚れちまったよ

檸檬の輪切り グラスに浮かべ わざとうす目の 水割りつくる こんな都会の

明日の風

一度や二度なら 誰にもあるさ 悔し涙を 流す夜 くよくよするなよ

横浜セレナーデ

風に黒髪 なびかせて 潮の薫りを 身にまとう 黄昏せまる

ひとひらの雪

心細さにひとり 空を見上げれば 涙曇りか 胸が凍りつく ひとひら

義経伝説

石がころがる 波がころがる 風が巻いて吹く 津軽竜飛崎 荒波吠える

あなたに…ごめん

「泣くな男だろ」 そんな言葉で 育てられた 強がり世代 どこかであなたに

荒野

風がヒュルヒュル 吹き抜けて ビルの谷間に 砂が舞う 見果てぬ夢を

北のめぐり逢い

誰より愛して いるくせに 今日まで寄り道 まわり道 女ごころの

北の三代目

沖の波間に 夕陽が沈みゃ あすも大漁の まわし酒 おやじ三味弾きゃ

とべない雀

追えば逃げてく あなたの空を とべない雀が 夜啼きしてます 吐息からめて

アイ ラブ トーフ(NHKみんなのうた)

ぷるるんるんるん ゆれてる ぷるるんるんるn ゆれてる 色白スベスベ

昭和の花

夢にはぐれた 時代の川を 命つないで 一緒に流された おまえ

君の涙は俺がふく

泣けたよ あん時ゃ こらえきれなくて 旅立つ背中で すすり泣いた人

あなたは雪になりました

またすぐに逢えると 別れたあの日 あなたの後ろ姿 追えばよかった いまでも