1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山口百恵
  3. 山口百恵の歌詞一覧

山口百恵の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

いい日旅立ち

雪解け間近の 北の空に向い 過ぎ去りし日々の夢を 叫ぶ時 帰らぬ人達

秋桜

淡紅の秋桜が 秋の日の 何気ない陽溜まりに 揺れている 此頃

プレイバックPartⅡ

緑の中を走り抜けてく 真紅なポルシェ ひとり旅なの 私気ままに ハンドル切るの

横須賀ストーリー

これっきり これっきり もう これっきりですか これっきり

さよならの向う側

何億光年 輝く星にも 寿命があると 教えてくれたのは あなたでした

プレイバック Part1

あれは真夏の出来事でした 今から話すけれど もらい泣きなど しないで下さいね 「聞いてね」

愛染橋

春一番が吹き荒れた後 花を敷いた路地へ 今日こそ返事 聞かせてくれと 問いつめられそうで

曼珠沙華

涙にならない 悲しみのある事を 知ったのは つい この頃

赤い絆

(レッド・センセーション センセーション) 泣きながら ラッシュ・アワーの 人ごみを縫うように

禁じられた遊び

恐くない 恐くない あなたとだったら 何でも出来る 離れない

乙女座宮

私ついて行くわ (ほんと) とうに決めているの (どこへ) 今から旅に出ようと

夢先案内人

月夜の海に 二人の乗ったゴンドラが 波も立てずに すべってゆきます 朝の気配が

絶体絶命

別れて欲しいの 彼と そんな事は出来ないわ 愛しているのよ 彼を

野薔薇

野薔薇がいくつか咲いてます ふたりが泣いたあたり ちょうど今頃街角が寒さの 身仕度をはじめる頃でした 私は心を偽って

冬の色

あなたから許された 口紅の色は からたちの花よりも 薄い匂いです くちづけもかわさない

愛の嵐

その人は幻 うす紅のドレス着て にっこり微笑んで あなたに向って手招きしてた

わたしの彼は左きき

小さく投げキッス する時もする時も こちらにおいでと 呼ぶ時も呼ぶ時も いつでもいつでも彼は

惜春通り

突然に肩を抱く彼の寒い指がわたしを包む 稲妻のひかる夕空に暗い雲が流れてる 惜春通りでは 花屋のスミレも濡れて 惜春通りでは

おだやかな構図

眼鏡の奥 澄んだ眼で 活字をたどる 声かけて気づかずに 本を読むひと

輪廻

噂は意外と本当なんです 泣かない女と言われてきました 古いドレス脱ぎ捨てたら 肌はすぐに冷えるから

ラスト・ソング

最後のライトは消さないで せめて拍手が終るまで 恋をすることさえも許されないで 歌い続けてきた私 せめてこの歌は貴方に

ひと夏の経験

あなたに女の子の一番 大切なものを あげるわ 小さな胸の奥にしまった 大切なものを

青い果実

あなたが望むなら 私 何をされてもいいわ いけない娘だと 噂されてもいい

美・サイレント

季節が変わるたびごと 花を抱いて 娘達は着飾って 街に出るわ それを目で追うあなたは

イミテーション・ゴールド

シャワーのあとの 髪のしずくを 乾いたタオルで 拭きとりながら

走れ風と共に

走れ風と共に 悲しみ捨てて 愛を胸に抱いて 明日へ急げ 通り過ぎた道に

ありがとう あなた

私のせいなら 許してください あなたをこんなに苦しめたことを 私のことなど これきり忘れて

ロックンロール・ウィドウ

もてたいための ロックンローラー あなた動機が 不純なんだわ 金髪美人の

謝肉祭

愛して 愛して 祭りが始まる 愛して 愛して

蜃気楼

バスを降りたどり着いた 淋しげな夜の果ては 飴色のランプひとつ 揺れている見知らぬ街角