1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山崎まさよし
  3. 山崎まさよしの歌詞一覧

山崎まさよしの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

One more time, One more chance

これ以上何を失えば 心は許されるの どれ程の痛みならば もういちど君に会える One

空へ(映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生 ED)

特別な朝がそこまで迫っている この足元から世界は広がってく まだこのままでいたかったんだけど あまり時間が無いみたいだ

僕はここにいる

ため息だけが 静寂に消えていった 帰り道 遠い空 ゆれている

さらば恋人

さよならと 書いた手紙 テーブルの上に置いたよ あなたの眠る顔みて 黙って外へ

セロリ

育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ 夏がだめだったりセロリが好きだったりするのね ましてや男と女だからすれちがいはしょうがない 妥協してみたり多くを求めたり なっちゃうね

晴男

些細な出来事でいつもHigh and low心は忙しい いくつになっても 誰かと背比べしちゃうね

ピアノ

鳴りはじめる夜のレクイエム 街がまぶた閉じる 夢も悲しみも今はひとやすみ 雪が降りつもってく

花火

きらめいた季節の終わり 思い出は揺れていました 置いてけぼりの約束が ひりひりと胸に沁みます

Doubt!

その向こう側で何を目論んでるの? 説明するって面倒くさいことなの? うまいこと言って丸め込んだつもりでも この僕だってそんなにバカじゃない もっとましな言い訳があるはず

あじさい

雑種の犬を飼って 散歩に出かけよう 雨上がりの道を 紫陽花 数えながら

パイオニア

遥か遠くから吹いてくるこの風は 大地が憶えてる太古からの叫びか 未開の地に足を踏み入れるこの旅は 荒ぶる馬の嘶きと共に始まる

全部、君だった。

いつのまにか降りだした雨の音 急ぎ足で行く季節の終わりを告げている ふいに窓を閉じかけた手が止まる しばらくは君のこと思い出さずにいたのに

坂道のある街

僕ん家の隣の木が切り取られ 街のネオンが灯り出す 華やかな電飾にさえぎられ 君の居る場所 見失う

アンドロイド

灰色のベールで悲しみを包んで舞い踊るアンドロイド いつからか心の奥に仕舞い込む 偽りのポートレート

これでいいのだ/それでいいのか?

逃れられないしがらみの中ぼくは いたずら うやむや このまま どこまで行くのだ

タイム

いにしえの石畳の道が ほのかな明かりに照らされてる 悲しみに暮れる瞳のように 光が過ぎ去った空に

手をつなごう

はぐれないように手をつなごう 道のまん中歩こう 迷わないように手をつなごう 道しるべを探そう

贈り物

「ありがとう」って君にちゃんと言えてるかな 気になる 「ありがとう」はとても大切な言葉 だけど いつもつい忘れてしまいがちで

浜辺の歌(2011年ユニクロ メリノセーターTVCMソング)

あした浜辺をさまよえば 昔のことぞ 忍ばるる 風の音よ雲のさまよ

M

いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった 季節はまた変わるのに 心だけ立ち止まったまま あなたのいない右側に

明日の風

Mm… mm… Mm… mm… 哀しい夢で寝不足気味の

Passage

Fu fh… あこがれの場所まで まだ遠く 長くわだちが続いてる

星に願いを

ちぎれ雲追いかけて ボーダーラインまで さっきの通り雨 重くなる背中

ツバメ

霞の向こうに新宿が見える ツバメはうまくビルを縫ってゆく 今年はゆっくりと春がおとずれる コインランドリーは歩いて2分

星空ギター

涙を今流せたなら少しは楽になれるかな 君の事考えながらギターでも弾こうかな 胸に迫る憧れが星空と重なるように 行く当てないメロディーをこの夜に漂わせて

メヌエット

大地を駆け抜ける風に 黄金の穂波がうねる 幾千も費やした人々の祈りを 確かめている

ドミノ

とるに足らないことが いつも発端で ドミノ倒しのように もう止まんなくって ひっこみつかない状態

長男

僕は長男 長男は大変 一家の将来背負ってる 親戚付き合い 法事の接待

アドレナリン

Tu lululu tu tu tu…

ポラロイド写真

フェンスの向こうの夕焼け 工場の終業のサイレン オイルと汗が混じった匂いが体にまとわりついていた