1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山川豊
  3. 山川豊の歌詞一覧

山川豊の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

55 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

アメリカ橋

山川豊

作詞:山口洋子

作曲:平尾昌晃

歌詞:風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって― アメリカ橋のたもと

哀愁の街に霧が降る

山川豊

作詞:佐伯孝夫

作曲:吉田正

歌詞:日ぐれが青い灯つけてゆく 宵の十字路 泪色した 霧がきょうもふる 忘られぬ瞳よ

螢子

山川豊

作詞:高田ひろお

作曲:弦哲也

歌詞:頬にひとすじ ひかってた 蛍みたいな その泪 辛い昔は

今日という日に感謝して

山川豊

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:女の願いを ひとつだけ かなえてくれる 石神さんに やっと一緒に

愛待草より

山川豊

作詞:川内康範

作曲:遠藤実

歌詞:見知らぬ人から 便りが届いた 寂しいのですと書いてある 紅花すかしの便箋に 想い出抱いてと書いてある

流氷子守歌

山川豊

作詞:池田充男

作曲:曽根幸明

歌詞:やけつく火の酒を 呷れば思い出す 海を愛したあいつの 呑みっぷり度胸よさ そとは白いオホーツク

潮騒

山川豊

作詞:原文彦

作曲:叶弦大

歌詞:白い船が出る 夜明け港町 たった一度だけ君を ここに連れてきた はぐれ海鳥が今日も

あの日の花火

山川豊

作詞:大仏竜規

作曲:大仏竜規

歌詞:しっかりせな いかんぞ 小さくしゃがれた母の声 遠くを見つめるその眼 昨日の光を探してた

蜃気楼の町から

山川豊

作詞:喜多條忠

作曲:叶弦大

歌詞:いつか 魚津の港から 蜃気楼が 見たいのと あなたは

海峡本線

山川豊

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:海峡越えれば しらじらと 汽笛がひと声 夜が明ける と切れと切れの

放浪ごころ

山川豊

作詞:やしろよう

作曲:伊藤雪彦

歌詞:おまえを忘れるために 旅する俺じゃないさ 黄昏ゆく山あいの 名もない途中駅 さすらい心が見る夢は

北斗星

山川豊

作詞:やしろよう

作曲:浜圭介

歌詞:街の灯りは天の川 泣いて女の 未練が走る 別れの涙が乾くその日を 待てと言うの

酒は男の子守歌

山川豊

作詞:秋浩二

作曲:伊藤雪彦

歌詞:辛い恋などやめにして 別れましょうと泣いた女 人影淋しい夜の街 路地の屋台でひとり呑む おまえが愛しいよ

Love me tonight

山川豊

作詞:伊藤薫

作曲:伊藤薫

歌詞:Love me tonight いけないと 分かっているくせに

黄昏

山川豊

作詞:原文彦

作曲:叶弦大

歌詞:弱虫だったね あの頃俺たちは 過ぎた昔が 今は愛しい 花も嵐も

おまえに愛を

山川豊

作詞:森坂とも

作曲:やまかわ豊

歌詞:うつむき健気に 咲く花が 酔えば酔うほど おまえに見える すまなかったね

再愛

山川豊

作詞:原文彦

作曲:叶弦大

歌詞:なんて素敵な 女性だろう 心ころして 操をたてる 百年先でも

神戸の落葉

山川豊

作詞:高田ひろお

作曲:弦哲也

歌詞:これっきりに しましょうと 君はとつぜん 云いだした 恋は散りゆく

アーバン ボクサー

山川豊

作詞:グッチ裕三

作曲:グッチ裕三

歌詞:身の上話しは 好きじゃない ただの男が ここに居る ひとりぼっちの

優しい女に会いたい夜は

山川豊

作詞:紙中礼子

作曲:花岡優平

歌詞:優しい女に 会いたい夜は 低い枕で 眠りゃいい 涙が耳まで

ナイアガラ・フォールズ

山川豊

作詞:阿木燿子

作曲:堀内孝雄

歌詞:無理です 無理です そんなこと 人の幸せ うらやめば

メープル街道

山川豊

作詞:阿木燿子

作曲:堀内孝雄

歌詞:親も仕事も捨ててきた あなたの呟き 悲しそう 息を呑むほど鮮やかな 華やぐ木々とは裏腹に

我が娘へ

山川豊

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:叱った分だけ 愛してる 親なら誰でも そうなのさ 叱った分だけ

おふくろよ

山川豊

作詞:たきのえいじ

作曲:弦哲也

歌詞:愚痴も弱音も 吐かないで 骨身削って 生きてきた おふくろよ

霧雨のシアトル

山川豊

作詞:阿木燿子

作曲:平尾昌晃

歌詞:雨は旅人の心変えるから 最終フェリー 乗るのを止めて さざ波を見つめていた

しぐれ川

山川豊

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

歌詞:春にそむいて しぐれ川 ふたりこぎ出す 情け舟 抜いた指輪を

ときめきワルツ

山川豊

作詞:川内康範

作曲:遠藤実

歌詞:風がどこかで 寂しく歌う なんであんなに 寂しいのかと 問わず語りに

友情

山川豊

作詞:たかたかし

作曲:西つよし

歌詞:志の半ばで 倒れたときは お前が拾え 俺の骨 男同志が

泣かないで

山川豊

作詞:たきのえいじ

作曲:浜圭介

歌詞:恋する度に 化粧を変えて 生きてきたと 云うけど 黙っていても

ニューヨーク物語り

山川豊

作詞:つんく

作曲:つんく

歌詞:憧れの人 あなたと恋に落ちた 忘れることの出来ぬ 若き日の未練

函館本線

山川豊

作詞:たきのえいじ

作曲:駒田良昭

歌詞:凍りついた線路は今日も 北に向って 伸びてゆく 窓のむこうは 石狩平野

北陸本線

山川豊

作詞:下地亜記子

作曲:乙田修三

歌詞:粉雪肩に 舞い散る駅を 人目忍んで 乗る列車 おまえを泣かせた

雪舞橋

山川豊

作詞:山口洋子

作曲:平尾昌晃

歌詞:会いたくなったなら この橋へおいでと 片方だけの手袋を そっと差し出した ちらちらちらと

夜桜

山川豊

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

歌詞:夜桜舞い散る 春なのに ふたりの夢よ いつまで かくれんぼ

わかれ雪

山川豊

作詞:高橋直人

作曲:あらい玉英

歌詞:化粧が落ちるよ そんなに泣いちゃ このまま逢えない ふたりじゃないさ 別れのホームに

虹色の心

山川豊

作詞:阿木燿子

作曲:杜奏太朗

歌詞:取り乱して ごめんなさい 人の流れをせき止めて 叫ぶように名前呼んで

ふるさと花火

山川豊

作詞:つんく

作曲:つんく

歌詞:懐かしい顔 見かけた 生まれて育った 町 息子ももう

柳川慕情

山川豊

作詞:たかたかし

作曲:西つよし

歌詞:水の都に 降る雨は 音もたてずに 想い出ぬらす 人の許さぬ

夜空の子守歌

山川豊

作詞:菅麻貴子

作曲:杜奏太朗

歌詞:夢だ恋だと 朝まで飲んで ふらりよろけた 人生小路 明日にはぐれて

港のブルース

山川豊

作詞:たきのえいじ

作曲:弦哲也

歌詞:船の汽笛に ゆれる面影 過ぎ去りしあの日が ほろ苦く沁みるよ 君ゆえに麗しき

酒場しぐれ

山川豊

作詞:秋浩二

作曲:伊藤雪彦

歌詞:肩をすぼめた 酒場の隅で 独りしょんぼり 酒を飲む 酔って

逢えてよかった

山川豊

作詞:山口洋子

作曲:平尾昌晃

歌詞:窓を開けてくれ 指の巾くらい そこから聞こえる波音が 過ぎたいい刻 運んでくるよ―

鈴蘭の雨

山川豊

作詞:佐々木いさお

作曲:七戸賢一

歌詞:細い肩を濡らす 絹の雨 時計台の

こころ花

山川豊

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:花の咲かない この俺に 命かさねて ついて来る そんなお前の

死なず花

山川豊

作詞:川内康範

作曲:五木ひろし

歌詞:ごらんよ夜空の星でさえ あんなにたがいを呼んでいる もっとおよりよ世間は見るな おれとお前の あ…死なず花

はぐれ雲

山川豊

作詞:やしろよう

作曲:伊藤雪彦

歌詞:ひいふうみいよう いついついつ 逢える おまえに いつ逢える

きずな

山川豊

作詞:里村龍一

作曲:弦哲也

歌詞:夢もやれない 男のために 尽くす真心 酒より沁みる 情け忘れた

男のららばい

山川豊

作詞:たきのえいじ

作曲:鈴木淳

歌詞:おもいで肴に くみ交わす 男の背中に 顔がある 十人十色の

北国

山川豊

作詞:山口洋子

作曲:平尾昌晃

歌詞:愛しているといえないで 別れてきたが 北へ行くほど 面影が近い 青くかすむオホーツク

酒ごころ

山川豊

作詞:水木れいじ

作曲:浜圭介

歌詞:表紙のちぎれた 歌本ひらき しんみり演歌 うたう奴 小窓にそぼ降る

山川 豊(やまかわ ゆたか、本名:木村 春次(きむら はるじ)、1958年10月15日 - )は、日本の演歌歌手。血液型B型。1981年「函館本線」にて歌手デビュー。 同じく演歌歌手の、鳥羽一郎の実弟である(鳥羽は山川より1年半後の、翌1982年8月に「兄弟船」でデビュー)。 wikipedia