岡村孝子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

夢の途中

見つめあうって 幸せなことね あなたの声がききたくなる ふと目ざめたなら 恋をしている

プロローグ

さよなら愛を置いてゆくね はずしたリング テーブルに残して 亜麻色の風 ほほにうけて

あの海へ今帰りたい ~a cote de la mer~

低く流れる雲が雨を連れて来る 淡い風がせつなさをかきたててく 愛を見失ってからずっとはぐれてる 行くあてのない航海を続けている こうしていつかは知らない二人になる

Heartbreak

あふれる陽ざし 緑が燃える 雨上がりの街角 夏を待たずにあなたは行くの もう引きとめられない

空の彼方まで

会いに来たの すべてを飛び越え あふれる想いは 星座のきらめき 短い生命は

ジュ・テーム

白くかすむ海を遠く見ていた 何も言わずに ふれあう指先にこめた想いを どうか気付いて

ゴンドワナの風

あなたは荒野を行く そよ吹く風に乗り かかえきれない夢の 破片抱きしめて

永遠の木もれ陽

あたたかいな あなたの腕のぬくもり 安らぎを 運んでくれるの こわれそうに

夢をあきらめないで

乾いた空に 続く坂道 後姿が 小さくなる 優しい言葉

永遠の夏

遠慮がちに手をつないだ二人の影 まっすぐに伸びていく 夕暮れ迫る海 風にゆれる椰子の木かげ たわむれてる

告白

静かに降りてくる粉雪 風に舞って 街路樹染める黄昏 今二人で見つめる あなたと出会ってから季節を重ねる度

Baby, Baby

女の子の性格って 相手次第で変わる 最後に投げた言葉と ゆがんだ誰かの笑い顔 どしゃぶりなら良かった

looking for dream

One day 誰もが大人になると どんな答えも 導きだせると

クリスマスの夜

手のひらに 舞い降りた 白い雪が 溶けて流れてる 輝きと

ヒロイン ~あの日の涙を忘れない~

新しい力導いてくれた あの日の涙を きっと忘れない 大切にしてた夢いつかは 失してしまうのかな

ミストラル~季節風~

灼けつく太陽が 歩道を焦がしている さまよう二人を さえぎるように 出会いの海が今

ひとりごと

私 そんなあなたが思うほど 強い女なんかじゃありません お酒を飲んだら軽く見せるのも 悲しい時ほど笑うくせも

Hello

Hello Hello 今日の日 まっさらな風と 見上げた空には

フォーエバー・ロマンス

遠い未来へと続く朝 二人輝く汽車に乗る そよぐ風にスカートのすそ 今 なびいている

星空はいつも

遥かな空に 輝くShooting Star 願いをのせて 遠く駆け行く

TODAY

何故 瞳をそらすの? 不意にアクセル踏んだ 流れて消える街の白い灯りを 二人

ソレイユ

今 風にそよぐ星のように いつも絶えまなくゆれていたい ふと見上げた時心照らす そんなささやかな人でいたい

ピエロ

見違えるほど いい女だと言われたくて 今夜は 背中の開いたドレスと紅いルージュで来たわ 思わせぶりな言葉ささやきあなた誘ってみれば

風は海から

海の見える国道沿いの店 壁にかかったメルヘン画 四季を彩る 次の夏もきっと会おうと 言って笑うあなたの眼は壁を見つめる

MARIAGE

今 明けてゆく 空の彼方に たなびく朝もや 金のベールね

はぐれそうな天使

足元くすぐる 波さえ 少し遠慮がち 私は無邪気になれずに 海と話してる

世界中メリークリスマス

メリークリスマス 今年もあなたと迎える メリークリスマス 特別な一日 ひいらぎ飾って

春色のメロディー(雲の学校 ED)

桜の舞い散る道を あなたと踏みしめてた はらはらと落ちていく 夢のかけらを いくつもひろい集めて

天晴な青空

「大好き」をいくつも探して たどり着いたら 今日という奇跡に出逢えた 平坦なだけではなかった 過去だけれど

Reborn

夕立ちのその後で 虹を見つけた低い空 どこまでも追いかけた あの日につながっている