1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岩崎宏美
  3. 岩崎宏美の歌詞一覧

岩崎宏美の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

シアワセ色

あなたに恋をして すこし照れたりして あなたが眩しくて 追いかけてみたりして

つめたい火傷

ねぇ 今 愛してると 伝えようと 両刃の剣

残したい花について

何を残そうかな 今日生きた記念に 下手だけど精一杯 頑張ったんだから 悔しかったことや

家路(日本テレビ系 火曜サスペンス劇場 主題歌)

ワイン・カラーの たそがれは ひとを子供に変えるわ 星を飾るみたいに ともしましょう

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

赤い糸

もちろん逢った事など 一度もないわ だけど 何だか胸がすこし ときめいて

五線紙の上

産まれたときにもらったこの声は母からの贈り物 夢の扉を開けて初めて人前で唄ったあの日 涙流したあの時がこの人生の始まりで 初めて唄った秋の日はバラードという名の旅立ち

別れの予感

泣き出してしまいそう 痛いほど好きだから どこへも行かないで 息を止めてそばにいて 身体からこの心

夢の線路

悲しみが続くだけの 線路なんてない ひと駅ずつひと駅ずつ 出逢えた笑顔たち この道をたどれば

ぼくのベストフレンドへ(週刊ポケモン放送局 ED)

赤いほっぺ 黄色のシャツ ギザギザ模様の ぼくのベストフレンド 白いページ

恋しくて

恋しくて 泣き出した 日々などもう 忘れたの 今更は

ロマンス

あなたお願いよ 席を立たないで 息がかかるほど そばに いてほしい

聖母たちのララバイ

さあ 眠りなさい 疲れきった 体を投げだして 青いそのまぶたを

ラスト・シーン

何年でも待つよといったら あなたは さびしく微笑みながら そんなことをしたら不幸になるわ 忘れた方がいいという

すみれ色の涙

すみれって すみれって ブルーな恋人どうしが キスして キスして

決心

パーティーを逃げ出して 渚へ走るセダン 片手でタイをむしり取る むこう見ずな貴族 あなたの中の少年を

あなたへ ~いつまでも いつでも~

愛しいあなたが今まで どんな風に傷ついて生きたか それでも自分を捨てないで 心を護って生きてきたか あの時にも

さよならの挽歌

Kill me love me いっそひとおもいに

絆(揖保乃糸CMソング)

親戚や他人の家を転々と 暮らす事を余儀なくされたあなたは 学校へも行けず食べたいものも 食べられず涙こらえて生きてきた

ファンタジー

ギターの弦 人さし指はじいてひいて あなたのこと考えてる 私はひとり あれは二月前の日ぐれ時だった

あなたの心に

あなたの心に 風があるなら そしてそれが 春の風なら 私ひとりで吹かれてみたいな

悲恋白書

昨日が消えて 明日が消えて 今日につめたく されているのです

銀河伝説(宇宙戦艦ヤマトIII ED)

結ばれた心の糸は見えない この目で結び目を確めたい はなればなれであれば 尚のこと ひとりひとりであれば

パピヨン

Love you Love you あなたを

美しいあなた

私に出来ることは いつでもひとつだけよ 愛を 守ること

この道

木漏れ日が 柔らかく まなざしに ふれる日は 落ちたばかりの木の葉も

真夜中のギター

街のどこかに、淋しがり屋がひとり いまにも泣きそうに、ギターを奏いている 愛を失くして、なにかを求めて さまよう、似たもの同士なのね 此処へおいでよ、夜はつめたく永い

恋におちて

もしも願いが叶うなら 吐息を白いバラに変えて 逢えない日には 部屋じゅうに 飾りましょう

センチメンタル

夢のようね今の私 しあわせ あの日 めぐり逢えたあなた 恋のめばえ

ぼくのプルー(NHKみんなのうた)

プルー あれからぼくは いろんな街で小鳥のように 優しい指をさがしていた おまえになら哀しみさえも