1. 歌詞検索UtaTen
  2. 川中美幸
  3. 川中美幸の歌詞一覧

川中美幸の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

176 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

海峡雪しぐれ

川中美幸

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:外は吹雪か 窓打つ音が わたしの心の しんまで響く あなたがくれた命

お吉情話

川中美幸

作詞:高田ひろお

作曲:弦哲也

歌詞:下田港の 寝姿山は まるで鶴さん 寝ているようね 沖の黒船

夢前川

川中美幸

作詞:もず唱平

作曲:浜圭介

歌詞:湯の香が誘う夢灯り なんで私を泣かすのか 教えて欲しい 夢前川よ 少こし倖せ

ふたり酒

川中美幸

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:生きてゆくのが つらい日は おまえと酒が あればいい 飲もうよ

二輪草

川中美幸

作詞:水木かおる

作曲:弦哲也

歌詞:あなたおまえ 呼んで呼ばれて 寄り添って やさしく私を いたわって…

祇園のおんな

川中美幸

作詞:高田ひろお

作曲:弦哲也

歌詞:柳芽をふく 石畳 花見小路に 灯がともる 髪をおふくに

女 泣き砂 日本海

川中美幸

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:宿の枕が固過ぎて 眠りも浅く 夢を見ず 遠いあなたを 恋しがるだけ

千の風になって

川中美幸

作詞:不詳

作曲:新井満

歌詞:私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません 千の風に

大河の流れ

川中美幸

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

歌詞:大河の流れも 水源たどりゃ 天からしたたる ひと滴 立つ瀬

笑売繁昌

川中美幸

作詞:もず唱平

作曲:弦哲也

歌詞:人間には悲しいことが多いさかい神様が笑うことを教えてくれはったんや 泣いたあとは笑うて帳消しにせなあかん ひとりぼっちになった時 笑わなあかんと

君影草 ~すずらん~

川中美幸

作詞:水木かおる

作曲:弦哲也

歌詞:白い小鈴を ふるように 君影草の 花が咲く どうして人は

一路一生

川中美幸

作詞:池田充男

作曲:弦哲也

歌詞:海より深い 母の愛 はげます父の 声がする 今宵も集う

越前岬

川中美幸

作詞:吉岡治

作曲:岸本健介

歌詞:きこえるはずない 汽笛を聴いて 飲めば泣きそな ひとり酒 ついてゆきたい

ふたりぐらし

川中美幸

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:やっとみつけた しあわせと おまえは涙で この胸ぬらす あまえておくれ

残菊物語

川中美幸

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

歌詞:浮かぶも沈むも 二人はひとつ あなたの言葉に 泣けました 家柄あっての

吾亦紅~移りゆく日々~

川中美幸

作詞:水木かおる

作曲:弦哲也

歌詞:秋草の 淋しい花です 人の目を ひくような 派手さは何も

小雨の丘

川中美幸

作詞:サトウハチロー

作曲:服部良一

歌詞:雨がしずかに降る 日暮れの 街はずれ そぼ降る小雨に 濡れゆくわが胸

花のあとさき

川中美幸

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

歌詞:明日の見えない 憂き世でも 恋は命を はこんでる 花でいうなら

おんな花

川中美幸

作詞:松本礼児

作曲:平尾昌晃

歌詞:雨に泣いて風に泣いて 咲いて哀しいおんな花 人の世はいつの日も 涙がつきまとう

涙の海を、渡るよに

川中美幸

作詞:田久保真見

作曲:弦哲也

歌詞:男が船なら 女は港 古い女と 言われても あなたの帰り

大利根月夜

川中美幸

作詞:藤田まさと

作曲:長津義司

歌詞:あれを御覧と 指差すかたに 利根の流れを ながれ月 昔笑うて

北の旅人(ギターMIXバージョン)

川中美幸

作詞:山口洋子

作曲:弦哲也

歌詞:たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

北の旅人

川中美幸

作詞:山口洋子

作曲:弦哲也

歌詞:たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

愛人

川中美幸

作詞:荒木とよひさ

作曲:三木たかし

歌詞:あなたが好きだから それでいいのよ たとえ一緒に街を 歩けなくても この部屋にいつも

長崎の雨

川中美幸

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:狭霧にかすんだ 外国船の 汽笛が出島の 空に鳴る 坂の長崎

おけい

川中美幸

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

歌詞:いくさに傷つき 敗れても 魂までは 穢さない 海峡こえて

木曽川しぐれ

川中美幸

作詞:水木れいじ

作曲:弦哲也

歌詞:旅に身をひく 女の肩に 俄か雨ふる 馬籠の峠 さだめという名の

高千穂旅情

川中美幸

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:国見ヶ丘に ひとり来て 望めば遥かな 山脈よ あなたのおもかげ

母日和

川中美幸

作詞:阿久悠

作曲:弦哲也

歌詞:むかし… 母は… 遠い故郷の 話をしてた この胸に

おもろい女

川中美幸

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

歌詞:好かれているのは わたしだと 今日の今日まで 信じてた 友達よしみに

なにわの女

川中美幸

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

歌詞:ひょんなことから 小店を持った なにわ女と 流れ板 祭りのあとの

音頭 とうふ天国

川中美幸

作詞:星野哲郎

作曲:弦哲也

歌詞:折り目正しい 季節がめぐる 日本よいとこ 味な国 冬は寄せ鍋

夢追い女

川中美幸

作詞:石本美由起

作曲:聖川湧

歌詞:明日が見えない この世でも 夢があるから 生きられる 寄り添いながら飲む酒は

夢追い酒

川中美幸

作詞:星野栄一

作曲:遠藤実

歌詞:悲しさまぎらす この酒を 誰が名付けた 夢追い酒と あなたなぜなぜ

北の宿から

川中美幸

作詞:阿久悠

作曲:小林亜星

歌詞:あなた変わりはないですか 日毎寒さがつのります 着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて編んでます 女心の未練でしょう

寝台特急北斗星

川中美幸

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:お休みをいただきました 五泊六日の旅に出ます 夜が明けたら 北国の 雪の景色がのぞみです

無錫旅情

川中美幸

作詞:中山大三郎

作曲:中山大三郎

歌詞:君の知らない 異国の街で 君を想えば 泣けてくる おれなど忘れて

男じゃないか

川中美幸

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:俺もおまえも 灯がともりゃ 飲まずに いられぬ 浮世のつらさ

忍ぶ川

川中美幸

作詞:吉岡治

作曲:市川昭介

歌詞:凍えた両手に 息ふきかけて ぬくもり くれる 人がいる

ふたりの春

川中美幸

作詞:いではく

作曲:遠藤実

歌詞:なにも いらない あなたが欲しい いのち重ねて くださいね

雨の止まり木

川中美幸

作詞:麻こよみ

作曲:弦哲也

歌詞:人の心の 裏側を なぜに映さぬ 露地灯り 生きるつらさに

海峡雪しぐれ(DVD付)

川中美幸

歌詞公開をリクエスト!

おんな橋

川中美幸

作詞:ゆうじ誠

作曲:石田光輝

歌詞:これっきり 逢えないなんて 馬鹿な二人と 氷雨が嗤う もう少し

半分のれん

川中美幸

作詞:岸かいせい

作曲:左峰捨比古

歌詞:お客はあなた ひとりだけ お銚子はさんでさし向かい 残り物だと 言いながら

ちゃんちき小町

川中美幸

作詞:ゆうじ誠

作曲:石田光輝

歌詞:きりり 美形な 兄貴さんに あたしちょっぴり はひふへほの字

能登はやさしや

川中美幸

作詞:椿れい

作曲:梶原茂人

歌詞:神のみやしろ タブの杜 千年の風 吹いている

二輪草(デュエット版)

川中美幸

歌詞公開をリクエスト!

今夜は乾杯

川中美幸

歌詞公開をリクエスト!

名場面

川中美幸

歌詞公開をリクエスト!

深川浪花物語

川中美幸

作詞:もず唱平

作曲:聖川 湧

歌詞:浪花の生まれ お転婆が もう駄目なんていうんじゃないよ 深川不動 ご利益通り

川中 美幸(かわなか みゆき、1955年12月5日 - )は日本の演歌歌手。本名:山田 岐味子、旧姓:川中。 wikipedia