1. 歌詞検索UtaTen
  2. 川中美幸
  3. 川中美幸の歌詞一覧

川中美幸の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

深川浪花物語

浪花の生まれ お転婆が もう駄目なんていうんじゃないよ 深川不動 ご利益通り

二輪草

あなたおまえ 呼んで呼ばれて 寄り添って やさしく私を いたわって…

忍ぶ川

凍えた両手に 息ふきかけて ぬくもり くれる 人がいる

あなたひとすじ

あなたのそばで 暮らせるならば なにもいらない 欲しくない 抱いてください

ふたり酒

生きてゆくのが つらい日は おまえと酒が あればいい 飲もうよ

なんでこんなに 可愛いのかよ 孫という名の 宝もの じいちゃんあんたに

ふたりの春

なにも いらない あなたが欲しい いのち重ねて くださいね

あなたと生きる

も一度あなたに 逢いたいと つぶやきながら 朝餉の支度 桜がいちりん

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

人生ごよみ

長い道のり 雨風しのぎ 越えて来ました 七坂峠 貧しさ嘆く

ふたりの絆

はなればなれは 淋しいけれど こころひとつで 結びあう それがふたりの

夢前川

湯の香が誘う夢灯り なんで私を泣かすのか 教えて欲しい 夢前川よ 少こし倖せ

千の風になって

私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません 千の風に

大河の流れ

大河の流れも 水源たどりゃ 天からしたたる ひと滴 立つ瀬

ちょうちんの花

ちょうちん一つ 椅子五つ 他人の肩も気にならぬ どちらの誰と知らぬのに 人生ばなしして帰る

いなか侍

ふるさと捨てゝ 悔いてると 悲しい便りをくれたひと 馬鹿ね 帰っておいでよ

一路一生

海より深い 母の愛 はげます父の 声がする 今宵も集う

月の砂漠

あなたの瞳は なんの色 月の裏側の 海の色 夜ごとに抱かれて

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと 泣いてすがればネオンが ネオンがしみる

津軽海峡冬景色

上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で

花咲港

ふたりで灯した 心のあかり 消しはしません 別れたあとも あなたの重荷に

祇園のおんな

柳芽をふく 石畳 花見小路に 灯がともる 髪をおふくに

男じゃないか

俺もおまえも 灯がともりゃ 飲まずに いられぬ 浮世のつらさ

長崎の雨

狭霧にかすんだ 外国船の 汽笛が出島の 空に鳴る 坂の長崎

街の灯

心の闇に明りが 明りがともる 寄り添うだけで 素直になれる あなたの灯…

あんたの春

あんたの春は 嘘ばっかりや 春には帰るといいながら 帰って来た試が あるかいな

豊後水道

背のびした 恋破れ なぐさめる人もなく 信じていたのに あなたはもう来ない

男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 恋も

吾亦紅~移りゆく日々~

秋草の 淋しい花です 人の目を ひくような 派手さは何も

能登半島

夜明け間近か北の海は波も荒く 心細い旅の女泣かせるよう ほつれ髪を指に巻いてためいきつき 通り過ぎる景色ばかり見つめていた 十九なかばの恋知らず