川中美幸の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

あなたと生きる

も一度あなたに 逢いたいと つぶやきながら 朝餉の支度 桜がいちりん

小樽まで

二人暮らしたマンションだけど 愛がこわれて寒々と 夢を開いた小さな鍵を わたし どこかへ捨てに行く

君影草 -すずらん-

白い小鈴を ふるように 君影草の 花が咲く どうして人は

ふたり酒

生きてゆくのが つらい日は おまえと酒が あればいい 飲もうよ

人生ごよみ

長い道のり 雨風しのぎ 越えて来ました 七坂峠 貧しさ嘆く

ふたりの春

なにも いらない あなたが欲しい いのち重ねて くださいね

月の砂漠

あなたの瞳は なんの色 月の裏側の 海の色 夜ごとに抱かれて

一路一生

海より深い 母の愛 はげます父の 声がする 今宵も集う

なにわの女

ひょんなことから 小店を持った なにわ女と 流れ板 祭りのあとの

涙の海を、渡るよに

男が船なら 女は港 古い女と 言われても あなたの帰り

神楽坂ごよみ

雪ですべると 聞こえた気がする 放っておいてと 千鳥足 芸者新道

おもろい女

好かれているのは わたしだと 今日の今日まで 信じてた 友達よしみに

おんなの一生~汗の花~

負けちゃ駄目だと 手紙の中に 皺くちゃ お札が 入ってた

北山しぐれ

何もかも 捨ててくれとは 死ぬほど好きでも 云えません くちびる寒い古都の秋

残菊物語

浮かぶも沈むも 二人はひとつ あなたの言葉に 泣けました 家柄あっての

小雨の丘

雨がしずかに降る 日暮れの 街はずれ そぼ降る小雨に 濡れゆくわが胸

歌ひとすじ

冬の寒さを 日照りの夏を 歩きつづけた 歌の道 人の心と

貴船の宿

はじめから 身丈に合わない 恋ですが 結べる縁は ありますか

祝い酒

浮世荒波 ヨイショと越える 今日はおまえの 晴れの門出だよ 親が咲かせた

あなたに惚れました

あなたどんなに 愛しているか 胸を開いて 見せたいぐらい 女ごころの湖に

忍ぶ川

凍えた両手に 息ふきかけて ぬくもり くれる 人がいる

遣らずの雨

元気で暮らせよなんて 優しい言葉 言って欲しくなかったわ あなたへの想いを それじゃ

お吉情話

下田港の 寝姿山は まるで鶴さん 寝ているようね 沖の黒船

長崎の雨

狭霧にかすんだ 外国船の 汽笛が出島の 空に鳴る 坂の長崎

紅の雪

足音を待てば 雪になります あなた 今日で最後と 決めて紅を引く

二輪草

あなたおまえ 呼んで呼ばれて 寄り添って やさしく私を いたわって…

炎情歌

風に抱かれて 雲は揺れ 花に抱かれて 鳥は啼く 愛に抱かれて

雨の街 恋の街

濡れてゆきましょあなた 心はずむ 夜だから 肩をならべてふたり 信じたいの

愛は別離

恋だって命だって 終わる時が来る あなたとの幸せも 終わる時が来る 時間の流れに

ふたりの絆

はなればなれは 淋しいけれど こころひとつで 結びあう それがふたりの