1. 歌詞検索UtaTen
  2. 川中美幸
  3. 川中美幸の歌詞一覧

川中美幸の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

ふたり酒

生きてゆくのが つらい日は おまえと酒が あればいい 飲もうよ

二輪草

あなたおまえ 呼んで呼ばれて 寄り添って やさしく私を いたわって…

遣らずの雨

元気で暮らせよなんて 優しい言葉 言って欲しくなかったわ あなたへの想いを それじゃ

能登はやさしや

神のみやしろ タブの杜 千年の風 吹いている

あなたと生きる

も一度あなたに 逢いたいと つぶやきながら 朝餉の支度 桜がいちりん

月の砂漠

あなたの瞳は なんの色 月の裏側の 海の色 夜ごとに抱かれて

酔わせて

あなたの そばに いるだけで 浮世のつらさを わすれます

大河の流れ

大河の流れも 水源たどりゃ 天からしたたる ひと滴 立つ瀬

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと 泣いてすがればネオンが ネオンがしみる

忍ぶ川

凍えた両手に 息ふきかけて ぬくもり くれる 人がいる

深川浪花物語

浪花の生まれ お転婆が もう駄目なんていうんじゃないよ 深川不動 ご利益通り

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

高千穂旅情

国見ヶ丘に ひとり来て 望めば遥かな 山脈よ あなたのおもかげ

想いで迷子

愛に溺れて あなたに疲れ 生きることにも ため息ついて ひとり口紅

人生ごよみ

長い道のり 雨風しのぎ 越えて来ました 七坂峠 貧しさ嘆く

花ぼうろ~霧氷の宿~

深山の霧の 冬化粧 誰が名付けた 花ぼうろ あなたを愛した

おけい

いくさに傷つき 敗れても 魂までは 穢さない 海峡こえて

貴船の宿

はじめから 身丈に合わない 恋ですが 結べる縁は ありますか

ちょうちんの花

ちょうちん一つ 椅子五つ 他人の肩も気にならぬ どちらの誰と知らぬのに 人生ばなしして帰る

雨の街 恋の街

濡れてゆきましょあなた 心はずむ 夜だから 肩をならべてふたり 信じたいの

祇園のおんな

柳芽をふく 石畳 花見小路に 灯がともる 髪をおふくに

おんな花

雨に泣いて風に泣いて 咲いて哀しいおんな花 人の世はいつの日も 涙がつきまとう

歌ひとすじ

冬の寒さを 日照りの夏を 歩きつづけた 歌の道 人の心と

らんぷの宿で

らんぷの宿は 海のそば 波を枕に 眠ります 心きずつけ

豊後水道

背のびした 恋破れ なぐさめる人もなく 信じていたのに あなたはもう来ない

めおと桜

一と一とが 寄り添いあえば 合縁奇縁の めおと花 嵐の中でも

折鶴

誰が教えて くれたのか 忘れたけれど 折鶴を 無邪気だったあの頃

春よ 花よ ひばりよ かすみが晴れて来たならば 人の胸の憂いを

思い櫻

涙の道をたどったら 帰らぬ過去に巡り会う こころ変わりを責めるより 添うて嬉しい花明り 比翼連理の春があり

宵待しぐれ

何ひとつ 欲しくはないと 云いながら 背中にそっと 指で書く