1. 歌詞検索UtaTen
  2. 徳永英明
  3. 徳永英明の歌詞一覧

徳永英明の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

恋におちて-Fall in Love-

もしも願いが 叶うなら 吐息を白い バラに変えて 逢えない日には

レイニーブルー

人影も見えない 午前0時 電話 BOX の外は雨

壊れかけのRadio

何も聞こえない 何も聞かせてくれない 僕の身体が昔より 大人になったからなのか ベッドに置いていた

やさしいキスをして

あなたの一日が終わる時に そばにいるね 何も言わないで やさしいキスをして

雪の華

のびた人陰を 舗道に並べ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい

愛をください

この胸に僕は僕の 生き方をいま決めたよ もうどんな時も負けないような 愛をください

最後の言い訳

寝たふりが こんなに つらいことだとは 今落ちた 滴は涙だね

月のしずく

言ノ葉は 月のしずくの恋文 哀しみは泡沫の夢幻 匂艶は

シングル・アゲイン

あなたを連れ去る あの女性の影に 怯えて暮らした 日々はもう遠い 離れてしまえば

見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた はやい足どり

月光

I am GOD'S CHILD この腐敗した世界に堕とされた

会いたい

ビルが見える教室で ふたりは机並べて 同じ月日を過ごした すこしの英語と、バスケット、そして 私はあなたと恋を覚えた

オリビアを聴きながら

お気に入りの唄 一人聴いてみるの オリビアは淋しい心 なぐさめてくれるから ジャスミン茶は

異邦人

子供たちが空に向かい 両手をひろげ 鳥や雲や夢までも つかもうとしている その姿は

シルエット・ロマンス

恋する女は 夢見たがりの いつもヒロイン つかの間の 鏡に向かって

Let It Go ~ありのままで~

降り始めた雪は 足跡消して 真っ白な世界に ひとりのわたし 風が心にささやくの

まちぶせ

夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見つめあう 見覚えある二人 あのこが急になぜか

ずっと変わらないもの

風が吹くよ 閉じかけた空に 明日への星が光るよ 棄てきれない拘り

春の雪(東海テレビ・フジテレビ系 全国ネット連続ドラマ 「さくら心中」主題歌)

もし今夜この街に 不似合いな雪がつもったなら 足跡のない公園を 僕と歩いてみないかい

オリオンの炎

Ah- 誰もが皆 この地球に生まれて来て 同じ道を歩むことが 運命ならば

秋桜

淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜りに揺れている 此頃 涙脆くなった母が 庭先でひとつ咳をする

永遠の果てに

答を聞かせて 僕等は 何処へゆくのか 小さな流れが 海へ着く様に

僕のそばに

今慰める言葉より 君の寂しげな顔が… 遠くに映る夕日の中で この胸を閉ざしてしまう 今ごろ他の男ならば

夕月

おしえてほしいの 涙のわけを 見るもののすべてが 悲しく見えるの 夕月うたう

誰より好きなのに

「君には何でも話せるよ」と笑う顔が淋しかった あの夜 重ねたくちびるさえ忘れようとしてるみたい もう一度であった頃に戻れたなら もっと上手に伝えられるのに

ラヴ・イズ・オーヴァー

Love is over 悲しいけれど 終わりにしよう

ハナミズキ

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと どうか来てほしい 水際まで来てほしい

ダンスはうまく踊れない

ダンスは うまく 踊れない あまり 夢中に

君と僕の声で

生まれたばかりの歌が 心をなだめてくれる 遥かな空の向こうまでも 想いは届くだろうか

Time goes by

Wow wow wow… きっときっと誰もが 何か足りないものを