1. 歌詞検索UtaTen
  2. 杉良太郎
  3. 杉良太郎の歌詞一覧

杉良太郎の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

ああ人生に涙あり

人生 楽ありゃ苦もあるさ 涙のあとには 虹も出る 歩いてゆくんだ

北からの手紙

愛しながらも 言いだせず 好かれながらも 気がつかず 別れて

おまえとおれ

そんなに好きじゃなかったんだよ 初めはさ それほど いい女でもないお前にさ どうかしてたよ

男の人生

泥をつかんで 歩こうと 傷を背負って 歩こうと 歩いた道に

まんまる音頭

(ソーレ ソレ ソレ ソレ ソレ)

すきま風

人を愛して 人は心ひらき 傷ついて すきま風知るだろう いいさそれでも

花一輪

苦労をさせたね 泣かせたね 見てはだめよと 荒れた手を 袂でかくし

ぼけたらあかん長生きしなはれ

年をとったら出しゃばらず 憎まれ口に泣きごとに 人のかげぐち愚痴いわず 他人のことは誉めなはれ 知ってることでも

君は人のために死ねるか

昨日ひとりの男が死んだ 戦って戦って ひっそり死んだ あいつは何の取り柄もない 素寒貧な若ものだった

道標

何を信じて 生きればいいと 問わず語りの夜もある この裏切りの うずまく中で

おゆき

持って生まれた 運命まで 変えることなど 出来ないと 肩に置いた手

平手造酒 大利根囃子

人のいく道 数あれど 好きで選んだ 剣の道 夜空に咲いた

恋しぐれ

古い女と 言われても 私はあなたに つくすだけ すみを流した

飛翔

肩にそっと置く手にも おまえは震えてた 傷ついた小鳥は 誰に射たれたのか

おれの道

役者、役者というけれど 我が身を削って 回りを照らす 世話場の話に泣かされて 大向うまでも涙声

雨の物語

泣いてすがるお前を 道端に残して 車のドアをしめる 俺の冷たさよ 雨よ降れ残酷に

きずな

あなたがいのちと 帰る背中に 泣きながら しがみつく いとしいおまえ

飲もうぜ

かなしい男の寂しい歌が 聞こえて来るよな 街灯かり 全てを捨ててこそ 浮かぶ瀬もあると

良太郎節

さても満座の皆様へ ようこそおいで下さいました 高い所で 恐縮ですが 杉良節にのせまして

神様への手紙

私は神様に 手紙を書きました 世界のあちこちで 戦争が続いて 罪のない人々が亡くなり

そして、神戸

神戸 泣いて どうなるのか 捨てられた我身が みじめになるだけ

ついて来るかい

ついて来るかい 何も聞かないで ついて来るかい 過去のある僕に 君を愛していればこそ

明日の詩

たとえひと時の やすらぎでも あれば明日から 生きてゆけると つぶやいた

昭和残照

いつか死んでも 名を残す それが男の 夢ではないか 昭和残照

恋の町札幌

時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに

江戸の黒豹

乾いた街の 片隅で おまえは何を 探すのか 傷つき紅い

愛と泪

運命に負けたわと 泪の置き手紙 おまえは いまごろ どうしてるだろう

江戸の夜明け

明日があるよで ないよな運命 恋も人情も 世間の外で 赤い夕陽を背に浴びながら

くちなしの花

いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の

男の花道

紙のこよりじゃ 魚は釣れぬ 口で世間は 動かせぬ 人は真実だ