1. 歌詞検索UtaTen
  2. 杉良太郎
  3. 杉良太郎の歌詞一覧

杉良太郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月18日

122 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ぼけたらあかん長生きしなはれ

杉良太郎

作詞:天牛将富

作曲:遠藤実

歌詞:年をとったら出しゃばらず 憎まれ口に泣きごとに 人のかげぐち愚痴いわず 他人のことは誉めなはれ 知ってることでも

すきま風

杉良太郎

作詞:いではく

作曲:遠藤実

歌詞:人を愛して 人は心ひらき 傷ついて すきま風知るだろう いいさそれでも

旅路

杉良太郎

作詞:もず唱平

作曲:彩本雅夫

歌詞:誰が呼ぶのか誘うのか 時雨ふるわせ鳴る汽笛 二度と帰らぬ人を乗せ 夜汽車は走る

霧の波止場

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:杉良太郎

歌詞:霧にけむる 港に立ち 口笛を吹けば はるか沖に むせぶような

ああ人生に涙あり

杉良太郎

作詞:山上路夫

作曲:木下忠司

歌詞:人生 楽ありゃ苦もあるさ 涙のあとには 虹も出る 歩いてゆくんだ

おまえとおれ

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:遠藤実

歌詞:そんなに好きじゃなかったんだよ 初めはさ それほど いい女でもないお前にさ どうかしてたよ

良太郎節

杉良太郎

作詞:いではく

作曲:遠藤実

歌詞:さても満座の皆様へ ようこそおいで下さいました 高い所で 恐縮ですが 杉良節にのせまして

ぼけたらあかん 長生きしなはれ

杉良太郎

作詞:天牛将富

作曲:遠藤実

歌詞:年をとったら出しゃばらず 憎まれ口に泣きごとに 人のかげぐち愚痴いわず 他人のことは誉めなはれ 知ってることでも

明日の詩

杉良太郎

作詞:いではく

作曲:遠藤実

歌詞:たとえひと時の やすらぎでも あれば明日から 生きてゆけると つぶやいた

北からの手紙

杉良太郎

作詞:なかにし礼

作曲:弦哲也

歌詞:愛しながらも 言いだせず 好かれながらも 気がつかず 別れて

三度笠

杉良太郎

作詞:藤田まさと

作曲:遠藤実

歌詞:「泣くのは やめておくんなさいよ 泣くのが嫌さに笑って すごすはぐれの異三郎 他人が泣くのを見るのも

男の人生

杉良太郎

作詞:藤田まさと

作曲:遠藤実

歌詞:泥をつかんで 歩こうと 傷を背負って 歩こうと 歩いた道に

男の花道

杉良太郎

作詞:松井由利夫

作曲:遠藤実

歌詞:紙のこよりじゃ 魚は釣れぬ 口で世間は 動かせぬ 人は真実だ

江戸の黒豹

杉良太郎

作詞:いではく

作曲:遠藤実

歌詞:乾いた街の 片隅で おまえは何を 探すのか 傷つき紅い

旅鴉半次郎 ふりむけば夕陽

杉良太郎

作詞:保富康午

作曲:遠藤実

歌詞:花がやさしい 小さな花が むごい きびしい 浮世の風も

男よ

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:杉良太郎

歌詞:酒粕をなめて 酔ったふりする 寂しい男は 好きな女に好きとも言えぬ 蹴った空き缶

流離

杉良太郎

作詞:もず唱平

作曲:弦哲也

歌詞:俄か雨のようにカラッ風のように 人生は何も語らずに通り過ぎて行くのか 流離うこの身なぜ染める 茜雲

昭和残照

杉良太郎

作詞:坂口照幸

作曲:弦哲也

歌詞:いつか死んでも 名を残す それが男の 夢ではないか 昭和残照

道標

杉良太郎

作詞:結城燎

作曲:猪俣公章

歌詞:何を信じて 生きればいいと 問わず語りの夜もある この裏切りの うずまく中で

おゆき

杉良太郎

作詞:関根浩子

作曲:弦哲也

歌詞:持って生まれた 運命まで 変えることなど 出来ないと 肩に置いた手

くちなしの花

杉良太郎

作詞:水木かおる

作曲:遠藤実

歌詞:いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の

他人船

杉良太郎

作詞:遠藤実

作曲:遠藤実

歌詞:別れてくれと 云う前に 死ねよと云って ほしかった ああ

「さくら吹雪」より 夫婦桜

杉良太郎

作詞:いではく

作曲:遠藤実

歌詞:おまえを支えて おれは生きる おまえの助けで おれが生かされる ふたりの道が

花と龍

杉良太郎

作詞:もず唱平

作曲:船村徹

歌詞:出船 入船 若松の ゴンゾ稼業の 道連れは

瞼の母

杉良太郎

作詞:坂口ふみ緒

作曲:沢しげと

歌詞:軒下三寸 借りうけまして 申し上げます おっ母さん たった一言

業師一代

杉良太郎

作詞:坂口照幸

作曲:弦哲也

歌詞:なまじ半端の 学問など要らぬ 技は見て盗れ 真似て盗れ 起きて三尺

夫婦詩

杉良太郎

作詞:大地良

作曲:大地良

歌詞:今も昔も人はみな 一期一会と言いました 中でも夫婦の契りには 忘れてならない 命を結ぶ

矢立の杉

杉良太郎

作詞:大地良

作曲:大地良

歌詞:絹雨が降り 足が止まる 虹が出て まるで夢の中 目の前に

恋の町札幌

杉良太郎

作詞:浜口庫之助

作曲:浜口庫之助

歌詞:時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに

俺のうた

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:杉良太郎

歌詞:辛い時には 拳をにぎり 天を睨んで 生きてきた 神戸で生まれて

ぬくもり

杉良太郎

作詞:橘由記

作曲:堀内孝雄

歌詞:もう誰も愛さない もう何も信じない 心を固く閉じたまま ひとり闇におびえて おまえはふるえてた

飛翔

杉良太郎

作詞:保富康午

作曲:浜圭介

歌詞:肩にそっと置く手にも おまえは震えてた 傷ついた小鳥は 誰に射たれたのか

おもいでの神戸

杉良太郎

作詞:坂口照幸

作曲:弦哲也

歌詞:この坂下りたら 海から風が吹く 神戸 元町 ここへ俺を呼ぶ

めぐり逢いふたたび

杉良太郎

作詞:なかにし礼

作曲:浜圭介

歌詞:ききわけのない子だね この俺を責めないで 俺だってお前とはなれて 生きるつもりはないんだよ 置き去りにしたくない

雪の宿

杉良太郎

作詞:いではく

作曲:遠藤実

歌詞:軽い寝息の 横顔に 窓から差しこむ 雪あかり うすい氷を

心くばり

杉良太郎

作詞:阿久悠

作曲:彩木雅夫

歌詞:秋には枯葉が舗道に ハラハラこぼれ落ちて 一日黄色く輝き 三日たてば色褪せ 永遠を信じた恋でも

永遠の愛

杉良太郎

作詞:横山聖仁郎

作曲:横山聖仁郎

歌詞:これが 倖せと 気付くまでは 幾度 過ち

異三郎のバラード

杉良太郎

作詞:神坂薫

作曲:今井茉至

歌詞:胸にくいこむ 夜の風 あの娘の涙で ぬれている 見せてやりたい

一心太助

杉良太郎

作詞:吉岡オサム

作曲:市川昭介

歌詞:「やい やい やい やい 無理が通って道理が引っ込むような

さむらい追分

杉良太郎

作詞:遠藤実

作曲:遠藤実

歌詞:渡り鳥どこへ 流れて行った 俺もひとりの 侍やくざ 寄るな

燃えよ剣

杉良太郎

作詞:関沢新一

作曲:市川昭介

歌詞:人は斬れても 空ゆく雲と 時の流れは 斬れはせぬ 万々承知の

angel-天使を見つけた-

杉良太郎

歌詞公開をリクエスト!

愛の一滴

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:弦哲也

歌詞:こんな綺麗な青空の中から 突き刺すような冷たい雨 ずぶ濡れになった身体も 心の中は乾いてて 暗闇の中に君はたたずむ

ひとり旅

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:弦哲也

歌詞:旅に出て良かった 一人旅だから良かった 一人で行って良かった 足のむくまま 気の向くままに

気づいていた二人

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:弦哲也

歌詞:うすうす二人は気づいてた とっくに二人は気づいてた 二人で映画を見た帰り 夕陽に包まれ

俺は問題無ノ介

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:弦哲也

歌詞:人の住むとこ 鬼が住む 何がどうして こうなったのか 悪い奴らが多すぎる

夜霧よ今夜も有難う

杉良太郎

作詞:浜口庫之助

作曲:浜口庫之助

歌詞:しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える

神様への手紙

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:弦哲也

歌詞:私は神様に 手紙を書きました 世界のあちこちで 戦争が続いて 罪のない人々が亡くなり

バラ色のダンス

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:弦哲也

歌詞:この世界で 起きている 悲しい出来事を 知っていますか 耳を傾けたことが

忘れられない日々

杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:弦哲也

歌詞:夕日が沈むころ 海辺にたたずみ 遠くを見るのが 好きだと言ったら 君は優しく

杉 良太郎(すぎ りょうたろう、1944年(昭和19年)8月14日 - )は、日本の俳優、歌手、元財団法人日本・ベトナム文化友好協会理事長。 法務省特別矯正監、外務省日本ベトナム特別大使、ベトナム社会主義共和国ベトナム日本特別大使、厚生労働省肝炎総合対策推進国民運動特別参与、ハワイ州ホノルル市名誉市長、シンガポール日本文化協会名誉会長、麻薬追放協会会長などの肩書を持つ。 本名は、山田 勝啓(やまだ かつひろ)。兵庫県神戸市長田区宮川町出身(父親は兵庫県三原郡三原町(現:南あわじ市)出身。母親は鹿児島県徳之島出身)。神戸市立長田小学校、神戸市立西代中学校出身。高浜海員学校(現在は移転・改組の上、国立清水海上技術短期大学校)中退。 現在の夫人は、演歌歌手の伍代夏子。息子の俳優山田純大は、先妻との間の子。また巣立った子も含め今までに100人以上のベトナムの子の里親となる。 特技は合気道、段位は養神館合気道5段。栄典・表彰歴としては緑綬褒章受章、紫綬褒章受章、平成28年度文化功労者など。 wikipedia