1. 歌詞検索UtaTen
  2. 東京エスムジカ
  3. 東京エスムジカの歌詞一覧

東京エスムジカの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

20 曲中 1-20 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

砂漠のカフェで会いましょう

東京エスムジカ

作詞:Daichi Hayakawa

作曲:Daichi Hayakawa

歌詞:砂漠のカフェで会いましょう 奇跡を も一度 素敵な午後になるでしょう さあ

月衣

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:月夜の道 影を並べ はるか恋路 照らす夕べ

Going, on the Wing!!

東京エスムジカ

作詞:Daichi Hayakawa

作曲:Daichi Hayakawa

歌詞:ガラスの中の アゲハは 青空 見上げて 自由を求めて

月だけが照らす町

東京エスムジカ

作詞:Daichi Hayakawa

作曲:Daichi Hayakawa

歌詞:陽も上らぬ夜の続く町 この海の果てにと人の言う 淡い月の下でその町は どんなにかきれいな事でしょう

鼓動

東京エスムジカ

作詞:Daichi Hayakawa

作曲:Daichi Hayakawa

歌詞:リズムを刻む 確かな鼓動 思いを伝う 静かな呼吸 あなたを待ち

Cahaya

東京エスムジカ

作詞:Daichi Hayakawa

作曲:Daichi Hayakawa

歌詞:Cahaya mentari hingga kini kurasakan.

Hello Hello

東京エスムジカ

作詞:Daichi Hayakawa

作曲:Daichi Hayakawa

歌詞:君の笑顔は誰のため きっと誰かのため 同じ夜空 同じ星 同じ願い

Dear Travelers

東京エスムジカ

作詞:Daichi Hayakawa

作曲:Daichi Hayakawa

歌詞:ねえ聞こえる? 声を上げて 手を叩いて 戦うんだ

旅立ちに向けて

東京エスムジカ

作詞:Daichi Hayakawa

作曲:Daichi Hayakawa

歌詞:風に泳いだ 桜の花びら ひらひらと 思えば長い 道を歩いて

風の行方

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:めくるめく巡り合いめぐるこの世界で あなたに出会えたこと忘れないよ Ah 季節が

Shanghai Fakers

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:テーブルに咲く 笑い話 今日もあなたが 運んでくる

One Thousand Words(featuring N.Ashid and J.Uugantuya)

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:私が集めた千の言葉は あなたの心に触れるかしら あなたはきれいで 壊れやすくて 触れることさえも

永遠の草原 (featuring N.Ashid and J.Uugantuya)

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:青空その彼方 風に舞ううたかた 無限に広がった 永遠の草原

希望の帆を掲げ

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:耳をすませれば聞こえる遠い汽笛の音に 胸をはずませた頃から続く長い旅路よ そうだ風はいつだって行き先を告げないままで

氷の刃 (featuring Kuaetnika)

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:鮮やかな月も 花の色も もう二度と見えなくなっても 貴方のくれた笑顔に

Gamelan Gamelan (featuring Kuaetnika)

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:30回目の朝日のせいで 完全に忘れてました 40回目の朝日のせいで 唐突に思い出したよ

艶姿

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:最後の言葉を嘘で着飾るなら 生きてゆくその咎に足かせをはめて 確かに覚えた 私の両ほほに

君と見てた未来 (featuring mahala rai banda)

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:凍えた町の灯を包む夜空 いつもより少しだけ月がきれいです ひらひらと面影が積もる夜に 戻れないあの日々を忘れられなくて

銀の羽 (featuring mahala rai banda)

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:夜空を流れゆくは 銀の糸 集めて編み上げてく 銀の羽

ハッピー・エンド・レターズ

東京エスムジカ

作詞:早川大地

作曲:早川大地

歌詞:パリの花屋でバラを選んで ギリシャ神話の愛の言葉を 綴る手紙は 白夜の町の