1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松たか子
  3. 松たか子の歌詞一覧

松たか子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

Let It Go~ありのままで~

エルサ: 降り始めた雪は 足跡消して 真っ白な世界に ひとりのわたし

おとなの掟(Doughnuts Hole TBS系 火曜ドラマ『カルテット』主題歌)

真っ黒な中に一つ消えては浮かぶ吐息よ 冷たい闇夜は僕の願い飲み込み匿います 真っ白な息がいまもっとも無垢な本音と 悴んだ声でなにを歌う?嘘でも本当でも

明日はどこから(NHKテレビドラマ 「わろてんか」 主題歌)

出かける時の忘れ物 ひょいとつかむ ハンカチのように 心の中に すべり込む

レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌)

降り始めた雪は 足跡消して 真っ白な世界に 一人の私 風が心に

明日、春が来たら

走る君を 見てた 白いボール きらきら 放物線

夢のしずく

愛よりも恋よりもはやく あなたに出逢った いたずらが 私のすべてを変えてゆく 恋におちてゆく…

恋のサークルアラウンド

ささいな仕草さえ 昔と変わらない 出会ったあの日が昨日の事のよう なんでも出来そうで

きっと伝えて(獣の奏者エリン ED)

描いていた夢は 触れてみたくてのばす その指先で淡く消えた どうか

Stay with me

ねぇ 何か答えてよ ねぇ 私の問いかけに WOO…

コイシイヒト

逢いたくて逢えなくて 何度も受話器を置いた 永遠に永遠に この胸の中

つなぐもの(映画『嘘を愛する女』の主題歌)

海岸までとおく バス停でおしゃべり 目をふせる角度 みつけたな それもきみとの記憶

明かりの灯る方へ

バスはゆらり揺れながら夜の街を出る 追われるように飛び乗ったままで 知らない場所へとひた走る 闇の向こうの景色をただ追っていくだけ

花のように

風が運ぶ風鈴の音に 振り返れば夏空 白いシャツの少年がいた ヒマワリの小径 君は何処へ消えたの

ありきたりな女

幼い頃から耳を澄ませば、ほんとうに小さな音も聴こえて来た。遠い雲 が雨を手放す間に、木々の笑う声。時と言う時はそう音楽になり、欲しい ものなどなかった。 どれほど強く望もうとも、どれほど深く祈ろうとも、もう聴こえない。 あなたの命を聴き取るため、代わりに失ったわたしのあの素晴らしき世界。

三時の子守歌

夢を見なさい 僕の膝で 古いレコードを 聞きながら 風も光も

明日、春が来たら 97-07

走る君を見てた 白いボール きらきら 放物線描いて 記憶の奥へ飛んだ

ほんとの気持ち

私きっと あなたを 好きにはならない 返事も短いし 優しくないし

Sha la la

出かけようって君が言うから 少しおしゃれもして まつげもカールして 先週買ったばかりの服 今日がきっといいような

500マイル

次の汽車が 駅に着いたら この街を離れ 遠く 500マイルの

沈丁花

幼いあの頃の 散歩道に そっと 咲いてた 白い沈丁花

君の雨

君の雨に 濡れた瞳を そっと少し 舐めてあげよう

Clover

海の濃紺が しみこんだシャツを着て 日傘くるり 草の波間を歩く 好きになれないと

ごめんね。

このままでいいならね それもシアワセかな あなたの夢に かさなってるだけならね つないだ指の熱さが

野バラ咲く路

野バラ咲いてる 山路を 二人で歩いてた 夏の太陽 輝いて

明日にくちづけを

世界で一番 大事な人の 笑顔眩しくて 微笑むときは この胸の鼓動に気づいて

Hello goodbye

ねぇどんな夢を見てるの ねぇあなたの空は何色? 遠い目が夕暮れに似合う 海の色があの日と違う

I STAND ALONE

あの日流した涙 忘れないまま 今日も素知らぬ 顔して生きてる もう嫌になる事なんて

ずっと…いようよ

あの子元気ないね 電話したら すぐに勝手に決まった ドライブ行こう 嫌がるのに無理に

いのちがつづく

奇跡が繰り返すとき 明日につながるいのち はじめて歩き出した喜び 人は忘れてしまう

黄昏電車

悲しい鳥は泣きながらひらひら 帰りの途中 私は見つめてる いつの間にかに 忘れてたさよなら