1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松たか子
  3. 松たか子の歌詞一覧

松たか子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

明日はどこから(NHKテレビドラマ 「わろてんか」 主題歌)

出かける時の忘れ物 ひょいとつかむ ハンカチのように 心の中に すべり込む

Let It Go~ありのままで~

エルサ: 降り始めた雪は 足跡消して 真っ白な世界に ひとりのわたし

おとなの掟(Doughnuts Hole TBS系 火曜ドラマ『カルテット』主題歌)

真っ黒な中に一つ消えては浮かぶ吐息よ 冷たい闇夜は僕の願い飲み込み匿います 真っ白な息がいまもっとも無垢な本音と 悴んだ声でなにを歌う?嘘でも本当でも

明日、春が来たら

走る君を 見てた 白いボール きらきら 放物線

レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌)

降り始めた雪は 足跡消して 真っ白な世界に 一人の私 風が心に

I STAND ALONE

あの日流した涙 忘れないまま 今日も素知らぬ 顔して生きてる もう嫌になる事なんて

夢のしずく

愛よりも恋よりもはやく あなたに出逢った いたずらが 私のすべてを変えてゆく 恋におちてゆく…

つなぐもの(映画『嘘を愛する女』の主題歌)

海岸までとおく バス停でおしゃべり 目をふせる角度 みつけたな それもきみとの記憶

桜の雨、いつか

春の光に 包まれたままで 一人 息をひそめ 泣いていた

三時の子守歌

夢を見なさい 僕の膝で 古いレコードを 聞きながら 風も光も

きっと伝えて(獣の奏者エリン ED)

描いていた夢は 触れてみたくてのばす その指先で淡く消えた どうか

コイシイヒト

逢いたくて逢えなくて 何度も受話器を置いた 永遠に永遠に この胸の中

500マイル

次の汽車が 駅に着いたら この街を離れ 遠く 500マイルの

奇跡のオト

僕らはまだ旅の途中 行く先は知らない 何も急ぐことはない あなたがいる限り

君の雨

君の雨に 濡れた瞳を そっと少し 舐めてあげよう

沈丁花

幼いあの頃の 散歩道に そっと 咲いてた 白い沈丁花

雨の色

夢の終わりにかわした くちづけは今も 優しさと痛みを 雨音のように

夢のままで

ひとつ、ふたつ 数え 魔法をかけて まるで手品のように あなたは消えた

愛が私に教えてくれたこと

低気圧 眉かげらせる 雲の客船 ハンドルに顔を伏せたら 泣きじゃくる夏

白い坂道

指切りをした 冬の坂道 あの時の時計は 止まったままで

あくび

おととい けんかをした訳など 忘れてる 青空の 雲の流れ見つめて

サクラ・フワリ

どこかどこか もっと遠くへ 行きたいそんな気がして 君に触れた指先ふわり 春は舞い降りてくる

惑星

いつの間に溶けていたんだろう 口を付けなかったグラス 氷はすでに水に変わっていたよ 随分話し込んだんだね 新たな道を決めたのに

WIND SONG(ジャングル大帝(新) ED)

いつかきっと東の空に 青い星ふたつ流れて 遥か遠い記憶の中の あなたに会える close

笑顔をみせて(SEIKO LUKIA 2015テーマソング)

物憂げな季節に ふと立ち止まって 誰かの言葉さえ 届かなくなっても

花のように

風が運ぶ風鈴の音に 振り返れば夏空 白いシャツの少年がいた ヒマワリの小径 君は何処へ消えたの

So Long

ぽっかり浮かんだ 雲にのれたなら あの人に 会いにいけるかな? 偶然のふりして

時の舟

あなたが戻る その日まで あなたに届くまで伝える 廻る廻る 時を超えて

500Miles

If you miss the train

みんなひとり

荒んだ世界に あなたのような人が いることに感謝 夢が遠く見えて 肩落とす夜は