1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松島詩子
  3. 松島詩子の歌詞一覧

松島詩子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

夕月の丘

月は上りぬ かの空 君 帰り来ぬ この胸

マロニエの木蔭

空はくれて 丘の涯に 輝くは 星の瞳よ なつかしの

私のアルベール

夜霧深い 街のペーブ くずれ落ちた ミモザ一つ いつもあなたの

喫茶店の片隅で

アカシア並木の 黄昏は 淡い灯がつく 喫茶店 いつも貴方と

さよならも言わないで

さよならも言わないで 笑顔を見せて 思いきらせた あなたはさすが いきな男

夜のバイオリン

夜のひととき ひき鳴らす 恋はかなしい トレモロか あなたは

枯葉よ語ろう

木枯しの笛の音に 誘われて ペーブを踊って行く 枯葉よ 枯葉

恋のボンゴ

赤い 赤い夕陽の あちらから 夜は 夜は南の

スペインの恋唄

燃えて開いた 紅の バラの花よ ああ カルメン

星座仰いで

夜空を仰げば きらめく星座 聞かせておくれ 過ぎし日の 想い出を

マロニエの並木路

黄昏の 鐘の音が 流れてゆく銀座裏 逢いましょう 逢いましょう

雨の郷愁

雨が静かに 降る宵は 青いオームも 赤い灯も なぜかさみしい

潮来の雨

潮来出島の 真菰の花に 降るは情のサア 降るは情の 雨かしら

かすみ草

この花が好きなのは 日差しの中で 往く春を惜しむよに 咲く花だから 光るなみだ

黒きバラ

黒きバラに そそぐ雨は さみしき 想い出の糸か 胸に残るは

上海の踊り子

霧の夜を 月の夜を 踊るランタン 踊る上海 夢を見るよな

花の溜息

月のほほえみか 星の吐息か そよ風に やさしく匂う 白いくちなしの花よ

緑の風に誘われて

緑の風に 誘われて 一人で旅に出たのです こうして瞼 閉じてると

夜のささやき

夜のひくい足音 それはつぶやき うるむ赤い灯 それはなみだ むせび泣いている