1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松本伊代
  3. 松本伊代の歌詞一覧

松本伊代の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

時に愛は

肩に触れた あなたの指が 寒い心とかす 魔法のように ごめんなさい強がりばかり

オトナじゃないの

約束してください 誰にも秘密にして 好きなことはなんでも あなたにさせてあげる 三日月でブランコ

センチメンタル・ジャーニー

読み捨てられる 雑誌のように 私のページが めくれるたびに 放り出されて

きっと忘れるから

そばにいたいと 素直に言えなかった私に もう終わりだと 溜め息ついたね

抱きしめたい

会うたび うれしいけれど 別れる時は 二倍さみしい 夕暮れ

ソレイユ

エニシダの陰で食べよう スカートの裾に集めた野いちご 指先が 赤く染まるまで

恋のKNOW-HOW

ルパンならば 足音立てずに近づく 涙さえも ポケット投げ込めるでしょう Motion

月下美人

星の小舟だけ空を漕いでゆく 人気ない島の海は黒水晶 少しずつ肩が距離を縮めるの 心が1mm

思い出をきれいにしないで

いつか わがままで泣いて 困らせたことも 憶えていて 声も印象も

ビリーヴ

見えない絆を 確かめたいから 誰も多分 傷つけ合うの

太陽がいっぱい

シャツのそで 折りまげた腕から ふと真昼の 強い日ざしがはねる 眩しいわ

ネバーランド発 7:00 P.M.

パジャマを脱いだ肌に 風のドレスをまとえば 見なれたはずの街が ちいさく見えてしまうわ 少女のままじゃイヤ

悲しくてやりきれない

胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙を流す 悲しくて

魔女っ子セブンティーン

地下鉄の窓に カリブの海見せてあげる 悲しい涙は パールにして指輪つくる まだヘタな魔法かけたくて

TVの国からキラキラ

ねえ こんなの信じていいの ああ わたしは嘘だと思う 古い少女マンガの

ラブ・LOVE・ラブ

暗い夜空に 星は見えなくても 雲の向こうに 輝いてるわ なぜ

ラブ・ミー・テンダー

(ラブ・ミー・テンダー ラブ・ミー・テンダー) 鏡の向こうはいつも 不思議な世界ね

オールウェイズ・ラヴ・ユー

もう一度 言わせて 心から ありがとう…と もう一度

Sonatine(ソナチネ)

こんな雑踏で 偶然逢ったのに 素直に言葉がでない 友達が待ってると 仕事ならうまくいってるとつぶやいた

淋しさならひとつ

打ち明けてくれる日を 少し恐れながら でもずっとまっていた 彼に恋をしてたのね

サヨナラは私のために

人混み 見降すバスのシートで 涙が流れて来たら どうしよう

ワンダフル・ハート

Sunshine あなたが今日帰るの リムジンで迎えにゆくのよ Beautiful day

私の声を聞いて

「退屈」が「幸せの証」なら なんて淋しいことだろう 溜め息で曇る夕暮れの空 ためらいながら流れてく

If You Are By My Side(あなたがそばにいてくれたら)

If you are by my

ONLY LONELY SEVENTEEN

かるくじらした後で そっと瞳閉じるの 昨日鏡相手に 何度もKiss Lessonしたのよ

交通渋滞

交通渋滞で デートの約束 間に合わない もうどうにかならないかな

不思議なのはサヨナラの方法

上手に リンゴの皮をむいて かわいいお皿に 乗せてみるけど あなたは

硝子のカラス

大事にしてるレコードを たやすく譲れないように 自分さえも 差し出すには こんなにも迷うものかしら

すてきなジェラシー

も一度 すてきなジェラシー ときめきより強く もっと もっと

シャイネス ボーイ

取り上げるわ いけない腕時計を ほらまたドギマギして くわえ煙草ね あなたはノックダウン