1. 歌詞検索UtaTen
  2. 梅沢富美男
  3. 梅沢富美男の歌詞一覧

梅沢富美男の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月20日

32 曲中 1-32 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

夢芝居

梅沢富美男

作詞:小椋佳

作曲:小椋佳

歌詞:恋のからくり 夢芝居 台詞ひとつ 忘れもしない 誰のすじがき

ココロの唄

梅沢富美男

作詞:藤子不二雄

作曲:伊藤薫

歌詞:人の数ほど心はあるが 心の姿は皆違う 冷たい心に燃えてる心 尖った心に優しい心 寂しい心に楽しい心

惚れちゃった

梅沢富美男

作詞:伊藤薫

作曲:伊藤薫

歌詞:グッと来ましたここに 初めて逢った時 心も躰も震えるほどに 嬉し恥ずかし独り

孤独の唄

梅沢富美男

作詞:藤子不二雄(A)

作曲:伊藤薫

歌詞:広い世界に ただ一人 人生かたる 友はなく 恋におちこむ

キャラバン

梅沢富美男

作詞:小椋佳・南里元子

作曲:喜多郎

歌詞:もしもかなうことなら 世界中で一番 愚か者と いわれよう たった一人だけのために

命散らせて

梅沢富美男

作詞:下地亜記子

作曲:井上現

歌詞:血の色よりも なおまだ紅い 罪の香りの 寒椿 火より激しく

心ゆくまで

梅沢富美男

作詞:小椋佳

作曲:小椋佳

歌詞:風下にいつもいたよ 吹きだまり 袋小路 空の 鳥どもに

夢芝居 ニューバージョン

梅沢富美男

歌詞公開をリクエスト!

白神恋唄

梅沢富美男

作詞:伊藤薫

作曲:弦哲也

歌詞:母の背中で 聞いていた 遠く優しい 子守歌 次の人生

あなた

梅沢富美男

作詞:湯川れい子

作曲:JULY

歌詞:不意に大地が割れて 深い 亀裂の谷間 わたし 独りが今も

あいそづかし

梅沢富美男

作詞:伊藤アキラ

作曲:三木たかし

歌詞:たとえば曽根崎心中の あれは 男がだらしない それでも 女は惚れていた

逢いたいよ

梅沢富美男

作詞:円広志

作曲:円広志

歌詞:悲しいよ 悲しいよ 忘れられない人がいる だから きっと他の男を

愛の夜明け

梅沢富美男

作詞:池田充男

作曲:伊藤雪彦

歌詞:独りが辛い 世の中ならば 二人で生きて ゆこうじゃないか 俺達

色が舞う

梅沢富美男

作詞:茅野遊

作曲:小椋佳

歌詞:色は匂へど 散りぬるを 桜 山吹 花菖蒲

いろはにほへと

梅沢富美男

作詞:大津あきら

作曲:浜圭介

歌詞:陽の当たらぬ道の途中で 涙がこぼれそうな時も この街の人混みの中 知らん顔で 知らん顔で

演歌みたいな別れでも

梅沢富美男

作詞:中山ラビ・補作詞:小椋佳

作曲:小椋佳

歌詞:どうせはかない 夢だったのと 下手なセリフは 云わないでくれ あえば涙が

思い出温めて

梅沢富美男

作詞:大津あきら

作曲:浜圭介

歌詞:事情も聴けない 別れが今夜は 悲しみを又ひとつ 増やすけれど

帰りゃんせ

梅沢富美男

作詞:円広志

作曲:円広志

歌詞:はらりはらりと雪が降る ほろりほろりと胸焦がす おちょこ一つをねだって酔って うたかたの夢せつないね ひらりひらりと春が舞う

恋暦

梅沢富美男

作詞:石原信一

作曲:円広志

歌詞:花びら触れる 愛しさで 恥じらう肩を 抱いた春 ひとすじ蛍

恋曼陀羅

梅沢富美男

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

歌詞:せんじつめれば男と女 月と影との色模様 月が痩せれば影もついでに 人目忍んで細くなる

淋しくてたまらない

梅沢富美男

作詞:麻生麗二

作曲:三木たかし

歌詞:雪の前線が 近づいた街で 懐かしい声に 心まで凍った

たそがれに燃え

梅沢富美男

作詞:石原信一

作曲:円広志

歌詞:たそがれに時に 男の影は ひとり歩きを すると言う 想い出さがし

誰かに抱かれたね

梅沢富美男

作詞:麻生麗二

作曲:三木たかし

歌詞:ヘッドライトが 星とすれ違う 愛が消えてく 前兆れのように

泣いちゃだめ

梅沢富美男

作詞:伊藤アキラ

作曲:平尾昌晃

歌詞:泣いちゃだめ 泣いちゃだめ 泣けば 負ける

昼顔

梅沢富美男

作詞:松井五郎

作曲:金田一郎

歌詞:真昼の陽射しを 遮るカーテン 偽名もいつしか ふたりに馴染む 外した指輪を

瞬間を止めて

梅沢富美男

作詞:荒木とよひさ

作曲:都志見隆

歌詞:いまはあなただけの女と すべて開くその背中 交ね合う過去のすき間 埋めること出来るなら この瞬間を

からだからだから

梅沢富美男

作詞:Bro.TOM

作曲:Silky 藤野

歌詞:ポツン 灰皿に アナタ いつ来るか聞くの

華ざかり

梅沢富美男

作詞:井上香織

作曲:グオフォン

歌詞:出会いの時の高鳴りは 少女の頃と同じもの 夢か現実か覚めやらぬ 恋の吐息のその森で 紅椿心に咲き濡れるよ

花走馬恋燈籠

梅沢富美男

作詞:小椋佳

作曲:小椋佳

歌詞:初恋はさくら草 二度目野菊の隠れ咲き 夢もどき梅もどき 四度目世慣れて鬼あざみ たよりなきもの

花舞

梅沢富美男

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

歌詞:あれは昔というほどの 遠いことでは ないけれど 女ひとりの 生きるみち

こゆき

梅沢富美男

作詞:水木れいじ

作曲:曽根幸明

歌詞:北の空から 舞い散る雪に 今日も港は 暮れてゆく 馬鹿な女と

恋雪崩

梅沢富美男

作詞:小椋佳

作曲:趙容弼

歌詞:心の憂さの耐え難さに 飲んだ深酒 そのにがさに 倒れ込むように 寝る夜更けに

梅沢 富美男(うめざわ とみお、本名:池田 富美男、1950年11月9日 - )は、日本の俳優、歌手、タレント、コメンテーター、司会者。大衆演劇「梅沢劇団」第3代座長、株式会社富美男企画代表取締役。妻の池田明子はフィトセラピスト(植物療法士)として活動中。血液型はB型。従甥(いとこ(梅沢の父の弟の長男)の息子)は2008年北京オリンピック男子バドミントン日本代表選手の池田信太郎。 青森県西津軽郡深浦町「深浦町観光特使」、同県南津軽郡藤崎町「ふじりんご故郷応援大使」、および、福島県「しゃくなげ大使」を委嘱されている。 wikipedia