1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森進一
  3. 森進一の歌詞一覧

森進一の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月24日

197 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

それは恋

森進一

作詞:秋元松代

作曲:猪又公章

歌詞:朝霧の 深い道から 訪れて 私をとらえ 夕もやの

港町ブルース

森進一

作詞:深津武志..

作曲:猪俣公章

歌詞:背のびしてみる海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたに あげた 夜をかえして

ひとり酒場で

森進一

作詞:吉川静夫

作曲:猪俣公章

歌詞:ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ

襟裳岬

森進一

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうち

女がひとり

森進一

作詞:阿久悠

作曲:彩木雅夫

歌詞:旅人に似合いの 終着の駅からは 一人ずつ悲しい さだめ背負った ひとが降りる

昭和流れうた

森進一

作詞:いではく

作曲:遠藤実

歌詞:昭和流れうた 心にしみる 酒に酔う時 あなたがうかぶ どうして

慕情~天草の女~

森進一

作詞:山口あかり

作曲:平尾昌晃

歌詞:送っちゃいやよと 強がって あなたと別れる 連絡船 この身が二つに

さらば友よ

森進一

作詞:阿久悠

作曲:猪俣公章

歌詞:この次の汽車に 乗り遠くへ行くと あのひとの肩を抱き あいつはいった お前にはこの恋を

おふくろさん

森進一

作詞:川内康範

作曲:猪俣公章

歌詞:おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨が降る日は

紐育物語

森進一

作詞:松本隆

作曲:細野晴臣

歌詞:スーツ・ケースに腰をおろして マイアミゆきのバスを待つのさ 小雨色した バスターミナル 自分の影を話相手に

波止場

森進一

作詞:梁田美和・麻こよみ

作曲:森進一

歌詞:女心を 引き裂いて 汽笛ひと声 泣く波止場 死ぬより哀しい

この世に人と生まれたからは

森進一

作詞:五木寛之

作曲:佐原一哉

歌詞:海のいろ 青く こころを染める 赤いデイゴの 花影ゆけば

人を恋うる唄

森進一

作詞:たかたかし

作曲:岡千秋

歌詞:露地にこぼれた 酒場の灯り しみて せつない 放浪れ唄

新地のおんな

森進一

作詞:のまたくま..

作曲:森進一

歌詞:あなたおとこで わたしはおんな 理屈なんかは いらないわ 獣みたいな

京都去りがたし

森進一

作詞:売野雅勇

作曲:森進一

歌詞:比叡おろしの 吹く夕暮れは 仕方ないほど あゝ淋しくて ヒュルル

恋せよ乙女

森進一

作詞:森進一

作曲:森進一

歌詞:何にもいらないの 幸せよ あなたを想うとき 夢の中 トキメク私の春

女のためいき

森進一

作詞:吉川静夫

作曲:猪俣公章

歌詞:死んでもお前を 離しはしない そんな男の 約束を 嘘と知らずに

冬のリヴィエラ

森進一

作詞:松本隆

作曲:大瀧詠一

歌詞:彼女によろしく 伝えてくれよ 今ならホテルで 寝ているはずさ 泣いたら窓辺の

年上の女

森進一

作詞:中山貴美

作曲:彩木雅夫

歌詞:だから分って ほしいのと そっと からんだ 白い指

あるがままに生きる

森進一

作詞:森進一..

作曲:森進一

歌詞:理不尽なことも呑み込み 曲がった嘘も許した 噂も誤解も偽りも 心にあとを止めず… 言い訳をする気はない

八甲田

森進一

作詞:坂口照幸

作曲:大谷明裕

歌詞:恥じないだけの 生き方したつもり 黙して語らぬ この旅を 吹雪く火の雪

波止場町

森進一

作詞:阿久悠

作曲:猪俣公章

歌詞:肩で泣くような 別れなど したくないわと 言ったのに 海峡一つに

時代の河よ

森進一

作詞:田久保真見

作曲:弦哲也

歌詞:人の涙の ひとつぶが やがて集まり 河となる 過去の痛みは

哀の河

森進一

作詞:かず翼

作曲:四方章人

歌詞:女が死ぬほど つらいのは 愛しながらも 別れる恋よ 一緒に居たい

セピアの雨

森進一

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:セピア色にそまりゆく 二人が笑う 愛した分だけ 思い出くれたね おまえの居ないこの部屋

恋ひとすじ

森進一

作詞:藤田まさと

作曲:猪俣公章

歌詞:一度こうだと 決めたなら 決めたとうりで どこまでも 恋に命を

裏切り

森進一

作詞:織田愛

作曲:弦哲也

歌詞:強く強く抱いて その気にさせてくやしい 誰が あなたさがす こんな真夜中

語りかけ

森進一

作詞:川内康範

作曲:川内康範

歌詞:そこに いる人 どうしたの 今にも涙が こぼれそうだよ

昭和最後の秋のこと

森進一

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:貧しさも つらくない 四畳半にも夢がある 嘘をつかない約束で 肌を寄せあう

しのび宿

森進一

作詞:北川文化

作曲:森進一

歌詞:一緒になれない ひとだけど ほれてしまった せつなさよ 浮雲みたいな

指輪

森進一

作詞:麻生香太郎

作曲:森進一

歌詞:指にくいこむ 想い出よりも 今夜はやさしい あなたが欲しい 指輪

悲しいけれど

森進一

作詞:荒木とよひさ

作曲:三木たかし

歌詞:悲しいけれど ふたりの暮らし 終わりのみえた シネマのようね 出きない約束

湯けむりの町

森進一

作詞:山上路夫

作曲:小室等

歌詞:若いくせして 山のふもとの 湯の町にひとりで たずねて来た 君と別れた

望郷

森進一

作詞:橋本淳

作曲:猪俣公章

歌詞:女心の 故郷は 忘れたはずの 男の胸よ 爪をかむのは

北港

森進一

作詞:森進一

作曲:森進一

歌詞:北の港に 汽笛がひびく 出船未練の 別れ唄 あの娘はどうして

恋はぐれ

森進一

作詞:鈴木紀代

作曲:森進一

歌詞:身もだえするほど 好きだった 男の背中の そっけなさ 倖せ束の間

伊豆の女

森進一

作詞:佐々木ひろと..

作曲:城美好

歌詞:別れを承知で 始めから 恋をしたのが 悲しくて ひとり来ました

吾亦紅

森進一

作詞:ちあき哲也

作曲:杉本眞人

歌詞:マッチを擦れば おろしが吹いて 線香がやけに つき難い さらさら揺れる

命あたえて

森進一

作詞:川内康範

作曲:猪俣公章

歌詞:はなれていました 長いこと おんなひとり寝 眠られず 息ずく

おんな

森進一

作詞:山口あかり

作曲:城美好

歌詞:男のこわさと やさしさを 教えたあなたが悪いのよ もっと もっとよ

土俵の鬼(土俵の鬼たち OP)

森進一

作詞:秋元康

作曲:後藤次利

歌詞:男の器 は 背中の広さ もう後には引けない 意地の湯気が昇る

火の女

森進一

作詞:川内康範

作曲:彩木雅夫

歌詞:あなたの涙は 作った涙 ゆるしてくれよと 口先ばかり それであなたは

秋のホテル

森進一

作詞:阿久悠

作曲:森進一

歌詞:夏過ぎたホテルには ピアノがよく似合う 水割りを横に置き 女が弾いている ボロボロの心で

はな

森進一

作詞:阿久悠

作曲:宮川彬良

歌詞:名も無い花に生まれ ひそかに生きている 大きなリボンで 飾られなくて 誰かの胸にも

さらば青春の影よ

森進一

作詞:坂井泉水

作曲:大野愛果

歌詞:こらえきれない空よ 降り出す雪に 過去を 抱いていたい 遠い春に二人の

狼たちの遠吠え

森進一

作詞:長渕剛

作曲:長渕剛

歌詞:ささやかな うぬぼれに酔いしれ しあわせの群れから はぐれても 俺は過去を

帰ってきて

森進一

作詞:山本総一郎

作曲:蘭世

歌詞:浮かれて騒いだ そのあとで はしゃぎ町から ベルが鳴る 声だけなんて

女のワルツ

森進一

作詞:山口洋子

作曲:猪俣公章

歌詞:胸にきざんだ まことの愛を さがしつづけて 私は生きる 好きと云われりゃ

女の愛

森進一

作詞:土田有紀

作曲:弦哲也

歌詞:男は夢を追う 女はあなたが 夢なのよ つらい時こそ 私の出番

ライラ ライ

森進一

作詞:須藤晃

作曲:橘いずみ

歌詞:高速の駐車帯に 車をとめて ハンドルにしがみついて 泣いてる男を見た 街の明かりは

森 進一(もり しんいち、1947年11月18日 - )は、日本の歌手、作曲家、社会福祉活動家。本名・森内 一寛(もりうち かずひろ)。 山梨県甲府市生まれ鹿児島県育ち。身長167cm、体重49kg、血液型はO型。 息子は、ONE OK ROCKのTakaとMY FIRST STORYのHiroである。 wikipedia