1. 歌詞検索UtaTen
  2. 槇原敬之
  3. 槇原敬之の歌詞一覧

槇原敬之の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

303 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

遠く遠く

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように 力いっぱい 輝ける日を この街で迎えたい

もう恋なんてしない

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:君がいないと 何にも できないわけじゃないと ヤカンを火にかけたけど 紅茶のありかがわからない

どんなときも。

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:僕の背中は自分が 思うより正直かい? 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ 旅立つ僕の為に

SECRET HEAVEN

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:Every night at midnight, I'm

記憶(NIVEAブランド2018年CMソング)

槇原敬之

作詞:Noriyuki Makihara

作曲:Noriyuki Makihara

歌詞:光のフレアが眩しくて よく見えない誰かの顔 覚えてるハンドクリームの 柔らかで清潔な香り かさかさのほほで笑った

Hungry Spider

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:今日も腹を減らして一匹の蜘が 八つの青い葉に糸をかける ある朝 露に光る巣を見つけ きれいと笑ったあの子のため

9×Forever('03 llO MIX)

槇原敬之

作詞:NORIYUKI MAKIHARA

作曲:NORIYUKI MAKIHARA

歌詞:There you go flying like

世界に一つだけの花

槇原敬之

作詞:NORIYUKI MAKIHARA

作曲:NORIYUKI MAKIHARA

歌詞:花屋の店先に並んだ いろんな花を見ていた ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんなきれいだね この中で誰が一番だなんて

僕が一番欲しかったもの

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:さっき とても素敵なものを 拾って 僕は喜んでいた ふと気が付いて横に目をやると

北風 君にとどきますように

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:今君がこの雪に気付いてないなら 誰より早く教えたい 心から思った 小さなストーブじゃ窓も

LUNCH TIME WARS

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:組んだその腕の中に 財布を守っているの 急ぎ足なのは狙った 獲物ゲットするため 仕事も恋も妥協を

冬がはじまるよ

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:8月の君の誕生日 半袖と長袖のシャツを プレゼントしたのは 今年の冬も それからもずっと

In The Snowy Site

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:降り始めた雪で街は 右往左往してしまう こんな日がたまにあるほうが いいのかもしれないと思った たったこれだけの雪で

ハトマメ~Say Hello To The World.~

槇原敬之

作詞:NORIYUKI MAKIHARA

作曲:NORIYUKI MAKIHARA

歌詞:いろんな国から来た人で 浅草寺は今日も賑やか 仲見世通り抜ければ 晴れ空と香炉の煙 いつもの様に鳩豆を

君は僕の宝物

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:君が僕を好きだとわかった その日の帰り道の公園で 人に聞こえたってかまわない 気持ちで大笑いしたんだ

北風(ORIGINAL VERSION)

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:小さなストーブじゃ窓も 曇らないような夜 毛布を鼻まであげて君のことを考えるよ だけど知らないことばかりで 思い出せることは

信じようが信じまいが

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:自分が思うより言葉は 誰かを傷付けてしまう 言葉で攻撃する黒い 魅力に取り憑かれる スマホやPCで打てば

BLIND

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:どうしてだろう 言葉が 何も君に届かない 君の言葉も わざと僕を

2つの願い

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:今朝からずっと雨音の すきまに耳をすましてる TVドラマの電話と 間違えないように 内緒で二人

満月の夜

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:順番違いの恋を抱いたのは 君が電話で 僕に 「疲れているの?」と 突然

軒下のモンスター

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:突然田んぼの真ん中に 現れたUFOのように 揺れる稲穂があまりにも 似合わない君が立っていた その時ずっと解けずにいた

もう恋なんてしない'08

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:君がいないと何にも できないわけじゃないと ヤカンを火にかけたけど 紅茶のありかがわからない ほら朝食も作れたもんね

さよなら小さな街

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:おまえはだめだと言われてばかりで 誰にももう会いたくなくて この街の一番高い煙突に 僕は登ってしまったんだ こわごわ下を見下ろしてみたら

SPY

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:おあずけになったデートに がっかりしていたけど 偶然君を見かけた なんて運命的な2人

聞き間違い

槇原敬之

歌詞:今 何か言いかけたの? 風の音でよく聞こえないよ 隣 歩くだけなのに

銀の龍の背に乗って

槇原敬之

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:あの蒼ざめた海の彼方で 今まさに誰かが傷んでいる まだ飛べない雛たちみたいに 僕はこの非力を嘆いている 急げ悲しみ

Taking The Central Course

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:正しいことをしようとしてるか いつも確かめ合っていよう 僕らが信じようと決めたこと 物差し代わりに心に当てながら どこかに味方がいるなんて

GREEN DAYS

槇原敬之

作詞:NORIYUKI MAKIHARA

作曲:NORIYUKI MAKIHARA

歌詞:ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがんだら 目の前に緑色の道が 続いてた それぞれがちゃんと一人で

Your Song

槇原敬之

作詞:Bernie Taupin

作曲:Elton John

歌詞:It's a little bit funny,

Forget-me-not

槇原敬之

作詞:YUTAKA OZAKI

作曲:YUTAKA OZAKI

歌詞:小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人

天国と地獄へのエレベーター

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:どんな理由をつけたとしても どんな事情があるとしても 悪いことは悪い 変わらない 自然の法則は変えられない

青春

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:エアコンの効かない部屋で 君を抱きしめた 背中に伝う汗で 僕は何度もさめた ビューラーをかけてる君を

ズル休み

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:帰り道のコンビニには なんでも そろってるけど 二人をもとに戻す 接着剤はないらしい

ANSWER

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:あの日 地下鉄の改札で 急に咳が出て 涙にじんで 止まらなくなった

Dance with me.

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:こんな曲じゃ 昔は うまく踊れなかったのにね エスカレーターに乗るように 初めの一歩も自然に踏み出せる

素直

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:話を切り出す順番 ゆずってくれたから 僕のことばかり聞いて 結局君は後回し いつも通りに大きく

Necessary

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:早く僕を忘れろと 何故か僕はそう言った 裏腹すぎた言葉が やけに辛く聴こえた 窓にあたる雨音が

EACH OTHER

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:ラッシュアワーの 向こうのホームで 彼女が僕を見つけて 手を振る 僕も

Elderflower Cordial

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:ありがとうという言葉には 本当は不思議な力がある でも言うことを忘れていれば その力も忘れ去られてく

君への愛の唄

槇原敬之

作詞:Noriyuki Makihara

作曲:Noriyuki Makihara

歌詞:誰かのことをこんなにも 思える今の自分を 育ててくれたのが今日までの すべてだと気づいたら あんなに悩んだ日々も

スローバラード

槇原敬之

作詞:忌野清志郎・みかん

作曲:忌野清志郎・みかん

歌詞:昨日はクルマの中で寝た あの娘と手をつないで 市営グラウンドの駐車場 二人で毛布にくるまって

Firefly ~僕は生きていく

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:暗い夜の中に見つけた 小さな蛍の淡い光に 希望を見いだせる気がして 気付けば追いかけていた 生きる意味も見つけられないような

親指を隠さずに

槇原敬之

作詞:Noriyuki Makihara

作曲:Noriyuki Makihara

歌詞:長いクラクションは 世界中に向けた 最後のお別れを言うように街に響く もう二度と一緒には戻れない街の通りを 荼毘所に向かう

君の名前を呼んだ後に

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:寂れた駅の看板は 初めて見る名前が書いてある 紙コップのコーヒーは 全くどこで飲んでもこんなにまずいんだろう 大切なものは遠くにあると

どーもありがとう

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:当たり前に思ってた すべてはそうじゃなかった まるでぱたぱたとオセロが ひっくり返っていくみたいだ 君がしてくれたことや

You are what you eat.

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:好きな事をやっている だからといって 辛い時やしんどい時も 山ほどある 当然!

新しいドア

槇原敬之

作詞:Noriyuki Makihara

作曲:Noriyuki Makihara

歌詞:何かもし見つかったら 怖いからと僕は 健康診断もがん検診も 行こうとしなかった 人生の半分はとっくに

Life Goes On~like nonstop music~

槇原敬之

作詞:Noriyuki Makihara

作曲:Noriyuki Makihara

歌詞:お気に入りだった服が 前のように似合わない 鏡の中見つめながら 君はため息ついてる 思い出と呼べない日々と

ムゲンノカナタヘ ~To infinity and beyond

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:望みが叶うその日が 必ず来るとは限らない そんな思いに足を取られ 動けない君をよそに うちの犬は飽くなき

赤いマフラー

槇原敬之

作詞:槇原敬之

作曲:槇原敬之

歌詞:銀座四丁目交差点に 今年初めての雪が 季節外れの花びらのように 舞い落ちてきた 君は覚えているだろうか

槇原 敬之(まきはら のりゆき、1969年5月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。 現在の所属レコード会社(レコードレーベル)はBuppuレーベル。公式ファンクラブは「Smile Dog」。身長176cm。独身。血液型はO型。 オリジナル曲に関しては、ほぼ全曲の作詞、作曲、編曲を自身がこなす。楽曲制作については、「詞先」と呼ばれる、詞を先に作る方法を多用する。 作詞の題材は、主に日常の生活に起こる出来事や恋愛模様であり、観念的表現が直接的に用いられることは少ない。本人が言うところの「ライフソング」を多く発表している。 wikipedia