1. 歌詞検索UtaTen
  2. 殿さまキングス
  3. 殿さまキングスの歌詞一覧

殿さまキングスの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

18 曲中 1-18 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

北の恋唄

殿さまキングス

作詞:千家和也

作曲:彩木雅夫

歌詞:北に咲く花 吹く風の 春は名ばかり まだ寒い 惚れた私の

女のいきがい

殿さまキングス

作詞:宇山清太郎

作曲:四方章人

歌詞:飲まなきゃ苦しみ 消せないあなた 飲んだら私を 泣かせるあなた 肩をささえて

なみだの操

殿さまキングス

作詞:千家和也

作曲:彩木雅夫

歌詞:あなたのために 守り通した女の操 今さら他人に 捧げられないわ あなたの決して

泪の波止場(釜山港へ帰れ)

殿さまキングス

作詞:黄善友..

作曲:黄善友

歌詞:椿咲く春なのに あなたは帰らない たたずむ波止場に 泪の雨が降る 熱いその胸に

浮草の宿

殿さまキングス

作詞:千家和也

作曲:彩木雅夫

歌詞:逢いたさに狂うほど 痩せました私 走り書きをひとつ残し あなたが消えてから 惚れて

北の酒場にいた女

殿さまキングス

作詞:坂口照幸

作曲:大谷明裕

歌詞:女の寝床は 色がある いい夢見れそな 気にさせる 旅路の行きずり

けい子のマンボ

殿さまキングス

作詞:たかたかし

作曲:吉田正

歌詞:久しぶりだね けいこ きれいになったね けいこ 恋の数だけ美しく

愛のともしび

殿さまキングス

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

歌詞:痩せたこの手に 掌をかさね 苦労したねと 瞳でつつむ 泣けてくる

あまのじゃく

殿さまキングス

作詞:秋元康

作曲:彩木雅夫

歌詞:馬鹿ね ずっと黙って 馬鹿ね 何をそんな 馬鹿ね

おんなの運命

殿さまキングス

作詞:千家和也

作曲:彩木雅夫

歌詞:別れるよりこの場で死ねと 言われる方がいい 尽すだけ尽して捨てられる おんなの運命 ああ

女の純情

殿さまキングス

作詞:千家和也

作曲:彩木雅夫

歌詞:好きなあなたの 言いつけならば 他の人に嘘さえ 私はつくでしょう 可愛い可愛いやつと

恋は紅いバラ

殿さまキングス

作詞:千家和也

作曲:佐渡寿一

歌詞:銀の首飾り むせび泣くテナー ゆれてとける髪 恋は紅いバラ 飲みかけのグラス

情熱のルンバ

殿さまキングス

作詞:千家和也

作曲:たきのえいじ

歌詞:水割りなら 二杯までよ 眠くなるの 酔っちゃうと あなたつみね

東京無情

殿さまキングス

作詞:吉岡治

作曲:岸本健介

歌詞:可愛い女と あなたにいわれ 女房きどりで ついてきた ネオンまたたく

火遊び蝶々

殿さまキングス

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

歌詞:たとえあなたに イイヒトいても どうぞ私に 言わないで 躯の浮気は

道行き

殿さまキングス

作詞:鳥井実

作曲:浜圭介

歌詞:あんな男と 駆け落ちしたと 指をさされて つらいだろ 少しやつれた

夫婦鏡

殿さまキングス

作詞:千家和也

作曲:彩木雅夫

歌詞:たとえ死んでもいいわ あなたのためなら しあわせな女だと 世間は言うでしょう あなたの重荷に

雪国

殿さまキングス

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

歌詞:倖せをあきらめた 恋ゆえに 旅する仕度の あなたに泣ける 女のみれんが

殿さまキングス(との -、1967年 - 1990年 )は、歌謡曲・コミックソングなどを手がけたバンド。“殿様…“という表記も見られるが、正しくは殿さまキングスである。愛称は、「殿キン」(とのきん)。 wikipedia